FC2ブログ

寄生(2)

Parasite(5)

 無表情のまま繰り出される一撃を、ソフィアはとっさに眼前で構えた両腕でブロックした。彼女の知っていたエメリアよりも遥かに強力なパワーが、ソフィアの両腕を衝撃と共に痺れさせる。
「くっ! どうしたのだ、エメリア! 正気に戻れっ!」
 不意をついた一撃と予想外のパワーにたたらを踏みながら、ソフィアは叫ぶ。しかし、エメリアは尚も無表情のままの、姿勢を崩したソフィアに襲いかかった。

Parasite(6)

 エメリアは両手足をソフィアの身体に蜘蛛のように巻きつけると、仰向けにその体を引き倒した。両脚で巧みに下半身の動きを封じ込めると、素早く回した右腕でソフィアの喉を締め上げる。ソフィアの全身が弓なりに引き伸ばされ、ギシギシと音を立ててきしんだ。
「エ、エメリアっ! 私が分からないのか!」
 ソフィアは拘束から逃れようと、全身をくねらせる。エメリアは無言のまま、ソフィアの全身を拘束した両手足に力を込め、抵抗を封じ込めた。

Parasite(7)

(し、しまった……か、身体が痺れる……さっきの傷か!)
 首を締め上げるエメリアの腕に掛けた指先から力が抜けてゆくのを感じながら、ソフィアは自分が致命的な過ちを犯したことに気がついた。背中に感じた刺されるような痛みは、今や感覚のない痺れに変わっていた。エメリアの手足の中でもがく内にも、麻痺が四肢の末端にまで広がってゆくのを感じる。エメリアはこれを待っていたのだ。
(最初から全力を出しておくべきだったか……だが、エメリアを倒すわけには……)
 ソフィアのもがく動きが、次第に次第に遅く、弱々しくなってゆく。エメリアは無表情のまま、静かにソフィアの動きが止まるのを待っていた……
今回はウルトラレディVSウルトラレディという構図に挑戦してみました。
今まではVS怪獣という構図ばかりでしたので新鮮な感じがしますし、人間用のポーズデータなら色々もっているので作るのも簡単だろう……と、思ったのですが、思いの外に迫力が出ませんね。

フィギュアの巨大感を表現できる背景なんかがあったら、良かったかも。そうすれば、巨大な人間(?)同士のぶつかり合いという迫力を出せたのかもしれません。むむぅ。

あと、どうも一枚目の画のエメリアの髪の色がなんだか黒っぽいような……。
実はソフィアとエメリアの髪は同じものを使用しているのですが、同一のシーンで同じデータを使っているのが悪いのか、勝手にPoser上の設定が変わってしまうことがあるようなのです……

などと思って画の細部を確認していたら……と、とんでもない失敗を発見してしまいました!
前回の画4枚は、たまたま角度の関係で問題に気がつかなかったのですが、なんともとんでもないことに……。
という訳で大急ぎで問題を修正し、レンダリングをし直すことに。ところが、2枚目と3枚目の画は、またしてもファイル保存の手違いで修正が出来ませんでした。

とほほ。と、いうわけで1枚目と2,3枚目の画には1点、ズレが生じてしまいました。
ですので、今回の画は間違い探しクイズみたいな感じでお楽しみ下さい。
え? それはヒロピンの楽しみ方ではない……申し訳ありません (T_T)
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメントの投稿

非公開コメント

寄生≠悪堕ちとは知りつつも

絡み付く白い脚!良いですね。
意図したものかは判断しかねますが、元のUG08やUG05と比べると白寄りの肌色なのが個人的な嗜好にばっちり嵌っているようです。
今回は銀色肌のエメリアですが、もし悪堕ちしつつ再登場する機会があるならば是非ベリアルのような黒肌+赤模様で見てみたいですね。
他の悪のウルトラマンだとテスクチャを大幅に弄る必要性があるのd(ry
もとい!エメリアの模様は黒肌との相性が良さそうだなと感じます。
銀(白)と黒の組み合わせだとよりやられ役が際立つので、迫力も増すのではないでしょうか。

間違い探し・・・見ぃっけ!

連作で作ると、そういうこともたまにはありますよ。 ドンマイっ!

No title

洗脳(?)されたエメリアにおそわれ十分な力も発揮できず苦戦するソフィア。凄く良いですね!
「だが、エメリアを倒すわけには・・・」
この台詞が萌えましたw本来ならば勝てるにもかかわらず、エメリアへの愛情、そして背中の傷から受けた麻痺毒のために絶体絶命!
首をギリギリと締め上げられ苦しみながら次第に力尽きていくソフィア
・・・最高!!!
3枚目のドアップ、ソフィアの苦悶の表情がゾクゾクきます!
個人的には首筋や肩にも触手で噛み付いて欲しいw
一番噛み付いて欲しいのは胸ですが・・・w
ソフィアの呻き声が段々小さくなり、遂に両目が閉じられて・・・
どうなるのでしょう?次回が楽しみです!!

コメント有難うございます

御返事が遅れてしまい、申し訳ございませんでした。
仕事の関係で休日が不定期だったり、Qの劇場公開が1年後で凹んだりと色々ございまして、ブログにアクセスが出来ませんでした m(_ _)m

>高虎様

ご感想ありがとうございます。

ウルトラレディの肌の色はなんとか銀色にしようと思っているのですが、どうしても白っぽくなってしまいます。たぶん色をもっと灰色っぽくして、フィギュア表面の反射率を変更すればよいのでしょうが、いじっているうちにいつも不自然な感じになってしまい、今の状態に落ち着いてしまっています。

悪堕ちキャラは、やっぱり黒が基本ですね! 少なくとも私が子供の頃の漫画なんかでは必ずそうでしたよ、名前は「ブラック・某」で(笑)。悪堕ちキャラは一度挑戦してみたいシチュなので、ご提案を参考にさせていただき、挑戦してみたいと思います。

>にゃん様

あううう……お恥ずかしいです。

テクスチャ・ファイルの保存方法があまりにも乱雑すぎて、設定の際に間違えてしまいました。ちゃんと整理するべきなのでしょうが、保存場所(パス)を変えてしまうとPoserの設定を全部やり直すハメに……。何事も、最初からきちんとやるのが大事ですね。とほほ。

>アルベリッヒ様

ご感想ありがとうございます。

味方とは戦おうにも戦えないというシチュは、私も大好きだったりします。一種のハンディキャップ・マッチですね。萌えます (*´Д`)

ただ、ヒューマノイドVSヒューマノイドという構図は迫力を出すのに一工夫が必要なようです。相手が凶悪なクリーチャーなら比較的簡単に構図に迫力が出るのですが……また、新しい研究項目が出来てしまいました……。

閣下は別格

悪堕ち挑戦されるんですか!やったー!

悪いウルトラマンというと、メカやら擬態やらを除くとカオスロイドやネクサスの敵役ウルトラマンが印象深いですね。
後はティガ劇場版のカミーラも愛すべき悪役でした。
デザイン的に気に入っているのはネクサスのダークメフィストですね。
人骨の意匠を取り入れた後ろ姿は特徴的です。
映像作品の場合、取っ組み合いや正対する場面で良く背中が映るため、半端なデザインだと迫力が薄れてしまうんですよね。
その点、メフィストやベリアルは後ろ姿が格好良くて好印象を持っています。
是非そちらも参考になさってください。

余談:
なにか忘れている人が居ないかウィキペディアで確認したところ、
「ウルトラキラー」「暴走ゾフィー」の文字が……
ウルトラ兄弟で本人が悪のウルトラマン扱いされているなんて、
流石我らのゾh(この文章は削除されました)

>高虎様

ベリアルを始め悪系のウルトラマンは、体型も普通のウルトラマンと差別化されていて格好良かったですね。ただ、テクスチャに関しては未だに自作する技術が身に付いていませんです。現在の課題は「PhotoshopElemtnsでどうやったら直線が引けるか」だったりします……先は長いですなぁ。

暴走ゾフィーはゲームに登場するオリジナルキャラみたいですね。ゲームに登場とは言え、仮にもウルトラ兄弟の長兄が何たる扱い。暴走て。まぁ、本編でもゾフィーって戦闘シーンではいつも……おや、誰か来たようだ。
検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

NANASI

Author:NANASI
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR