FC2ブログ

習作:網目

Bind(1)

<前回までのあらすじ>
 突如街の中に出現した植物怪獣に戦いを挑むウルトラレディ・ソフィアであったが、アスファルトを突き破り次々と出現する触手のような蔦に捕らわれてしまう。両手足を捕らわれ、磔の様に怪獣の「幹」に巨体を固定されてしまった彼女に、うねる触手が迫る……

Bind(2)

「くっ! しまった……油断したか……」
 ソフィアは周囲で絶え間なくうねり続ける触手を見渡し、顔をしかめた。両腕と両脚に太い触手が巻きつき、彼女の身体を空中で大の字に固定している。触手の先端が、身体のあちこちで皮膚を突き破っているが大したダメージではない。彼女は顔をしかめたたま、脱出の手段を練り始めた。

Bind(3)

 アスファルトを突き破り、更に一本の触手がソフィアの足元から勢い良く飛び出した。触手の鋭い先端が、ぷつっと音を立ててウルトラレディの太腿に突き刺さる。
「つっ! ……な、なに!?」
 鋭い痛みに表情を歪めたソフィアは、次の瞬間、両脚に走る異様な感覚に体を強ばらせた。皮膚を突き破った触手の先端が、更に彼女の体内にもぐりこんでゆくのだ。先端が突き刺さった傷口を中心に、細い「根」が蜘蛛の巣の様に銀色の皮膚を押し上げてウルトラレディの体内に伸び広がってゆく。

Bind(4)

 パキパキパキ、メキメキメキ……
「ぐああああああっ!」
 軋むような音を立てながら、怪獣の「根」が銀の皮膚に白い網目を為してソフィアの体内に広がってゆく。全身を鋼のような強靭な皮膚に守られているウルトラレディも、体内はそうではない。皮膚の下に潜り込んだ「根」は、ソフィアの強靭な筋肉組織を引き裂きながら深く広く体内に食い込んでゆく。数十秒のうちに、銀色の身体のほとんどが白い網目に覆われてしまった。


タイトルが変ですね。申し訳ありません。

この画を見ても絶対に分からないと思うのですが、今回は山本貴嗣先生の漫画「戦闘女神アヌンガ」第3巻にあるシーンを再現してみようと思ったのです。再現できてませんけど。

問題のシーンは「磔シチュ」の一種(たぶん)なのですが、主人公の巨大ヒロイン「アヌンガ」を捕らえた「角手の塔の樹」の蔦や根が彼女の身体に食い込んでゆくシーンがとてもエロい印象的だったので、再現方法を研究してみました。

「食い込み」の表現は、思ったよりも良く出来たと思います。もう少し身体と「馴染ませる」方法を工夫する必要がありますし、「食い込み」の形を自由に制御する方法も必要ですが、どこか別の所でも使えるかもしれません。やったね。

むしろ問題は、相変わらず触手の使い方が分からないということです。先生…触手が使いたいです…
今回使った触手は、ポーズを変更させることが出来ない「小道具」なのです。これはこれで素晴らしいクォリティだと思うのですが、なにぶん調整がきかないので、思ったとおりのシーンを作るのは困難です。どう見ても両手足が拘束されているように見えませんが、どうかご容赦下さい。

しかし、この「触手」は思ったよりも便利です。「触手怪獣」みたいなものを作る時に役立ちそうです。ムフ。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おおっソフィアの新作ですね。
リョナのナだと痛覚神経が剥き出しになっていて指で突付かれただけで激痛が走るとか?
リョだと侵食されたところがクリトリス並みに敏感になるとかww

できれば触手に突き刺されるところは股間で前と後ろを同時が良かったですね」www
体内の粘膜から内臓を食い破られて侵食され、やがてはソフィアの身を犯す根が皮膚表面からすら見て取れるくらいに蹂躙されてしまったという設定で。
ソフィアの言葉が「やめろ!」とかの強気なものから「やめて……」とかの懇願するような弱弱しいものに変わっていったりしたらもっといいかもv-345

No title

このトゲつき触手いいですね。
Renderosity の FreeStuff かな? 
ウチにあったかなあ? 探してみないと・・・

植物怪獣はやりたかったんですよねえ。
DAZで買ったけどまだ活用できていません

ソフィアはどうなっちゃんうだろう?

コメント有難うございます

>法皇の緑 様

ご感想ありがとうございます。

触手が突き刺さる所…… (*´Д`) 説明文にも書いたのですが、この触手はポーズを変更することが出来ない「小道具」なので狙い(笑)を定めるのが難しいのです。でも工夫すれば、狙った、そのー、場所に、ですね、突き刺すことができるかも。次に「触手怪獣」をやるときは、挑戦してみようと思います。

>CANDY 様

コメント有難うございます。

このトゲつきの職種はRenderosityで販売されている有料データ「Tentacle-Z」です。ちなみに同じベンダーの方が販売されておられるポーズ可変型の触手フィギュアもあります。実はそっちと間違えて、Propのこちらを買ってしまったという事実は秘密にしなければ……。

この植物怪獣はCANDY様のブログで紹介されているのを拝見して、購入しました。使い方が意外に難しく今まで放置していたのですが、他のフィギュアと組み合わせるとなかなか良い感じのようです。もっとも今回は磔の台の役しかしていないので、別に植物怪獣を使う必要もなかったような気も……

感想です

ソフィアの苦悶に満ちた絶叫が素敵です。e-349
触手怪獣は固定ポーズですか。惜しいですねー。
でもうまく活用できてるから結果オーライじゃないですか。
食い込み(浸食?)表現はいろいろと使えそうですよね。
毒などの注入や寄生虫の表現にも使えそうだし、
視覚的に肉体改造されてる感じにも見えます。
こういうアイデアを考えるのって楽しいですよね。

>マキシモ様

ご感想ありがとうございます。

ポストワークのエフェクトを考えるのは、楽しいですね。
エフェクトを色々試している内に、それで実現できる新しいシチュを思いついたりもします。なんとなく物事の順序が逆になっているような気もしますが (^_^;)

触手の方も、なんとか応用の方法を見つけたいですね。でなければ、ポーズ変更可能な触手を扱う方法を身につけるか……うう、そっちの方は望み薄ですが……。

No title

山本貴詞先生はヒロインリョナの神様ですw

素晴らしいイメージソースですよね。

ソフィアの鋼の肉体に食い込む触手、傷口から全身に広がる苦痛・・・

苦悶の表情も凄く色っぽく、アップで堪能いたしました。

強靭な筋肉組織を引き裂きながら・・・の下りが最高です!

敗北後が楽しみですが、この話は終わりですか?w

ソフィアさんの次回登場が楽しみです。

>アルベリッヒ 様

コメント有難うございます。

山本貴嗣先生は、ヒロピンというよりもリョナ系の御作品が多いようですね。私はリョナ系よりもヒロピン系が好きなのですが、「戦闘女神アヌンガ」は、テーマといいシチュといい……ああ、何もかもが素晴らしい。

今回の再現は全くうまくいっておりませんが、今後もあの作品は参考にさせていただこうと思います。
検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

NANASI

Author:NANASI
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR