FC2ブログ

誘拐(3)

kidnapping(6)

「ところでウルトラレディよ、我々が採取した最新の”サンプル”に興味はないかね」
「そ、それは!」
ダダの掌に載せられたカプセルを目にした途端、エリアスの目が驚愕に見開かれた。

kidnapping(7)

「そう、これは君の地球の友人だったな。君のことは何もかも調べつくしているのだよ……心配は要らない。彼女は生きているよ、今のところはね」

kidnapping(8)

「君の言うとおりだ、ウルトラレディよ。我々では到底、君にかなうまい。さあ、戦うがいい! ウルトラレディよ」
「くっ!」
蹴り倒された怪獣がむっくりと起き上がると、ゆっくりとウルトラレディの背後に迫る。
という訳で、お分かりのとおり今回は「人質シチュ」に挑戦してみたいと思います。

普通に戦えば勝てるのだけど、人質を見捨てるわけにはいかない……という一種のハンディキャップマッチですね。この種のシチュエーションには複数のヴァリエーションがありますが、今回は直球ストレートタイプです。

本来はこのシリーズのタイトルも、「人質」とするべきだったのでしょうが、肝心の人質が登場するのが三回目になってから……。タイトルを『人質』にしてしまうと、1回目の段階で先の展開が分かりすぎてしまってつまらないかなぁ~と思ったのですが、考えてみると今回の「第3回」を「第1回」にすればよかったのでは?(=第1回と第2回は不要……)という気もします。むう。

更に今回は人間を登場させることで、「巨大感」を表現できるのではないかというテストも兼ねています。

で、計算をしてみたのですが、ウルトラマンの身長を40mとすると、これはおよそ人間の24~25倍。
分かりやすくウルトラマンが170cm程度の身長に縮んだとすると、同じ比率で縮んだ人間の身長は6~7cm。なんと手のひらにすっぽり入ってしまう程度しかありません!

この計算結果に基づいて人質さんのサイズを設定したのですが……思いの外に小さい。1枚目の画では、ほとんど心霊写真並みに曖昧な感じになっています。ここに人間が写っているのですが、分かりますでしょうか?

kidnapping(7)2

……正直に告白しますと、人質さんは実際よりも少々大きめに設定されています。手足を伸ばして立ち上がれば、多分身長2メートルを越えるんじゃないでしょうか……。リアルに設定してしまうと、本当に画面では見えなくなってしまうのでちょっとごまかしております。

うーん。人間の視点から描けば巨大感が簡単に出せるのではないかと思ったのですが、難しいかもしれません。
ウルトラマンが巨大すぎるので、もし本当に人間がウルトラマンの間近に居たとしたら、ウルトラマンの一部しか視界に収められないのかもしれません……。むむむ。道は遠いですね。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメントの投稿

非公開コメント

感想です

人質シチュキター!これもヒロピンには欠かせないシチュですよねー。攻撃することはもちろん、逃げ出すことも許されないエリアスは無力化されたも同然・・・グフフ。e-446 ていうか、最初のダダは完全に蹴られ損では・・・。でも、蹴られたダダはボルテージが上がってそう。彼のリベンジはあるのだろうか?

人間の大きさですか。3DCG制作者としては、こういうスケールの整合性が気になってしまうものなんでしょうね。周囲のビルの窓サイズを見ると、大体の人間の大きさが想像つきますが、細かいことはあまり気にしなくてもいいのではないしょうか。いや、細かいことに拘るからこそ楽しいのかもしれないなぁ。もしかしたらダダが持っているのはホログラム投影機なのかもしれませんね。e-454

しかし、2・3枚目のエリアスのオッパイアングルは・・・実にけしからん。(笑)

No title

スケールの対比は悩ましいですね
リアルなサイズ比で描けばなにやら判らない点にしか見えないし。

動画だとズーム送りとかフォーカス送りで、見せられるのですが、静止画では難しい

コメント有難うございます

>マキシモ様

ご感想ありがとうございます。

私、人質シチュ好きなんですよ~(*^_^*) 人質というか、ハンディキャップマッチのたぐいですね。本家ウルトラシリーズでは、よく怪獣の周りをウロチョロしているガキンチョが居ました(笑)。子供の頃は「こいつら阿呆だなぁ」と思って見ていたのですが、冷静に考えてみると、実は凄く勇敢な奴だったのではなかろうかという気もしてきます……。

>CANDY様

全くおっしゃるとおりです。

リアルに設定をすると、却ってリアルに見えないという不思議な傾向があるような気もします。「リアルに描く」ことよりも「リアルに感じられるよう描く」ことが重要なのではないか!……と、予防線を張っておこうと思います(汗)。

No title

胸が張ってていいですねー
カラータイマーも主張するようにポコンと出てていい感じです♪

>xm8様

ご感想ありがとうございます。

改めて3枚目の画を見ると、ちょっとカラータイマーがポコンとしすぎているようにも見えますね。ちょっと設定を見なおしたほうがいいかもしれません(汗)。

人質作戦!!

人質作戦というのは、確かに正義の味方に対しては、王道モノの効果的パターンですよね!
誘拐というタイトルは、こういう意味だったのかな?!
ただ、以前に読んだ推理小説では、『誘拐』とは、甘言等で相手を騙して連れ去る事で(催眠も含まれるのかな??)、力尽くで相手を捕まえて連れ去る事は『略奪』又は『略取』と呼ぶのが、正式な犯罪用語らしいのですが、今回はどちらなのかな?!

しかし、地球人の友人という事は、エリアスもやはり普段は地球人の姿で暮らしているという事ですよね。
ぜひその姿と変身シーンを拝見して見たいです!!

果たしてこのピンチをどう切り抜けるのか?
ドキドキワクワク続きを楽しみにしております。

>wineglass様

コメント有難うございます。

ご教授ありがとうございました。「悪い宇宙人に誘拐されました」ではなく、「悪い宇宙人に略取されました」が正しい表現になるのでしょうか?(「誘拐」するタイプの宇宙人もいましたが)。なんにしても、タイトルのつけ方が不適切でした……。

例によって細かい設定は全く考えておりませんので、未だエリアス人間体の設定ができておりません。申し訳ありません。でも、多分「融合型」ではなく「変身型」かなぁという気がしてきました。一歩前進(?)です。
検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

NANASI

Author:NANASI
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR