FC2ブログ

毒ガス8

VsBugZ(Gas)20

 ふくらはぎに走る鋭い痛みが、朦朧とするエリアスの意識を現実に引き戻した。靄の晴れた視界に、左足のふくらはぎをがっちりと挟み込む怪獣の爪が映る。
「くっ! は、はなして……」
 必死に振り払おうと脚をひっぱるが、力を失った体が揺れるばかりだった。怪獣はエリアスの足を挟んだまま、銀色の巨体をずるずると引きずり上げてゆく。引き摺られるままに、尻がずるずると地面を滑ってゆく。エリアスは片脚を空中に吊り上げられ、半ば逆立ちした格好になった。
 怪獣は力なく空中を蹴る右脚を難なく捕えると、ウルトラレディの両脚を左右に押し開いた。露になった両脚の付け根に頭を近づけてゆく。

VsBugZ(Gas)21

 股間を見下ろす怪獣の口から、管状の舌が伸びだした。先端の穴からは黄色い液体が滴り落ちている。
 毒液に濡れた舌の先端が、エリアスの皮膚に押しつけられる。じゅうっと金属の焼ける様な音と共に、黄色く濁った煙が立ち上った。エリアスは激痛に悲鳴を上げた。毒液の強烈な毒素がウルトラレディの銀色の皮膚を分解し始めたのだ。
 脆くなった皮膚に、怪獣は更に勢いよく舌を押しつける。エリアスの体内に押し入ろうと、長い舌が蛇のように空中でくねった。毒液が流れ落ちた腹部からも、白い煙が立ちの上る。
(こ、こいつ、私の体の中に直接……)
 苦痛に歯を食い縛り、怪獣を跳ね返そうと両脚をばたつかせる。だが、怪獣は更に力を込めて脚を押さえつけると、再び両脚を開かせて毒液の分泌を再開した。
 エリアスの両脚の間から、有毒な煙が勢いよく立ち上る。舌の先端が、少しずつエリアスの体にめり込んでゆく。
「さっそく汚れの表現がうまくいかなくなったでござるの巻」

一枚目の画はともかく、二枚目の画のエリアスは汚れていると言うよりも、なんかの病気にかかったみたいに見えます。レイヤーの輝度に問題がありそうなのですが、解決方法が今ひとつ分かりません。ううーん。難しい。

どうやらレイヤーの明るさが問題らしいのですが、それをどう解決したらよいかさっぱり分かりません。
リアルさ追求が可能になったと思った途端のこの体たらく。やはりCGは難しいです。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

感想です。

とうとう下半身への攻撃が始まりましたね!皮膚を分解するほどの毒液が、このまま体内に注入されてしまうのだろうか・・・。エリアス大ピンチ!

フォトショでの汚れ表現に苦労されているようですね。フォトショは持っていないのでよくわかりませんが、「フォトショ 汚れ」で検索したらいろいろヒットしました。ブラシひとつで印象がかなり違うものなんですね。こういうツールを使いこなせる人ってすごい・・・。

エリアスの運命は?!

両脚を掴まれて、急所への毒液攻撃・・・
いよいよ、ヒロピンの佳境という様子で、これから如何なるのか、まさにドキドキワクワクです。
しかし、逆さ吊りの姿を見ると、エリアスのスタイルの良さに改めて魅了されます。
これまでは苦痛や苦悶の表情でしたが、この後は快感に朦朧となった表情なども見てみたいです。

PS・先程見た、にゃん様のページでは、同種の怪獣が激しく暴れておりましたが、こちらも負けずに頑張って下さい。

コメントありがとうございます

>マキシモ様

フォトショップで汚れを表現する方法は色々あるらしいのですが、どれを試してもうまくいきません。たぶん状況に合わせて色々な技術を組み合わせる必要があるのだろうと思われます。むむー。先は厳しそうです……

>wineglass様

快感に朦朧!(ドキドキ)
Poserのフィギュアは表情の設定が難しいので、ご期待に応えられるかどうか、ちょっと自信がありません。まぁ、ネットで他の方の作品を拝見すると、びっくりするほど複雑な表情を実現されている方もいらっしゃるのですが……

にゃんさまの作品は私も拝見しました(^o^) 。いつもながらマテリアルの設定とダイナミックな構図がすばらしい作品でした。私の技術ではあんまり真似できそうにありませんが、私に出来る範囲でぼちぼちと続けていこうと思います。
検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

NANASI

Author:NANASI
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR