FC2ブログ

古代怪獣グドン



 採石場から巨大怪獣が姿を現した。怪獣を食い止めようと立ちはだかるウルトラレディであったが、振り回される鞭のような両腕に苦戦を強いられる……

Gudon(1).jpg

Gudon(2).jpg

 必死に攻撃の隙を窺うウルトラレディに、左右交互に怪獣は鞭をしならせて腕を叩きつける。怪獣の腕が命中する度に、バシンバシンと鈍い音が夕日の空に響き渡る。

Gudon(3).jpg

Gudon(4).jpg

 ウルトラレディの巨体を怪獣の両腕が容赦なく打ち据える。怪獣のパワーで振り回される鞭で打たれるのは、ウルトラレディにとっても相当なダメージだったようだ。巨体がよろめくと、ついに地面に両膝をついてしまう。立ち上がろうと力を振り絞るウルトラエディに、怪獣が近づいてゆく。

Gudon(5).jpg

Gudon(6).jpg

Gudon(7).jpg

「ああっ! ウルトラレディが!」
 現場に到着した防衛隊員が目にしたのは、両膝をついたウルトラレディに両腕の鞭を繰り返し振り下ろす怪獣の姿だった。ウルトラレディは立ち上がろうとするが、その度に怪獣の鞭が振り下ろされ、彼女の体を地面に叩きつける。ウルトラレディの動きは次第に鈍くなってゆく。
「くっ! このままではウルトラレディがやられてしまう。こうなったら私が……!」
 為す術のないウルトラレディを執拗に鞭打ち続ける怪獣に向け、彼女は怪獣に効果が無いことに定評のある銃を抜いた……
前回、前々回に引き続きCANDY様が公開された怪獣パックに含まれる怪獣を使用させて頂きました。キングモンス、ベムスターに続き、今回の使用怪獣はご覧の通りグドンであります。

グドンフィギュアは大変素晴らしいと思うのですが……Dazstudioを用いて、そのステキフィギュアを活かしたシーンを作成する方法が未だに確立出来ておりません (; ゚皿゚)

現在の悩みの中で最大のものは、「背景」であったりします。地面とか地形とか遠景とかですね。Vueを使っている時は比較的簡単にそれを作り出せたのですが、Dazstudioではそうも行きません……Vueは「景観作成ソフト」であって、ソフトの目的が違うので当然と言えばそうなのですが (;´д`)

Dazstudio用の地形オブジェクトもあるのですが、私が試してみたものはどれも妙に重く、使いにくいものでした……。

今回使っているのはHDRIという、えー、要するに空や地面に特定の風景の画像を表示するという機能です。便利ではあるのですが、当然ながら画像の内容に拘束されてしまいます。今回使用しているHDRIで言えば、夕日のシーンである為画面がやたら暗くなってしまうのです。更に言えば、Dazなどで販売されている大抵のHDRIは、おおむね等身大の人物を使用する前提の画像になっています。これも当然ですが……

要するにアレです、Dazstudioは巨大ヒロイン作品を作るのに向いていないような気がするのです (# ゚皿゚)q 私の作業がうまくいかないのは、このソフトの根底にある巨大ヒロインへの無理解の為なのです! ……と思っていたのですが、Dazstudioで凄い巨大ヒロイン作品を作っておられる方もいらっしゃいますし……。まさか、私が悪いとか (゚Д゚;)? いや、そんな馬鹿な。私がそんな馬鹿な勘違いをしているなんて事があるわけが……( ´∀`;)ハッハッ!
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

新年に入ってやっとエリアスたむ来たー!!!!!
やっぱりエリアスたむが1番可愛くて最エロですわぁ
作者さん遅くなりましたが明けましておめでとうございます!
今年もエリアスたむの活躍(ピンチシーンと醜態)楽しみにしております

No title

ヒロインM墜ち・・・そう来ましたか!
次作、涙を流して悦ぶ、その表情も期待したいですw

ムチもいいねえ。喘ぐ顔をもっと近くで見たい。

ご感想を頂き、ありがとうございます

>神 様

ご感想を頂き、ありがとうございます。

1月21日ではありますが、あけましておめでとうございます ( ´∀`)

Dazstudioの勉強を続け、なんとか可愛くてエロい (・∀・)ヒッヒッ シーンを作ろうとはしているのですが、中々うまくいきませんです。なんとか今年こそはその辺の勘所を掴めるようになりたいと思っております。本年21日目にして誓う、今年の目標であります。

>ふろーる 様

ご感想を頂き、ありがとうございます。

えー、私はそっち(どっち?)方面の知識が無いので、今の所、そっち(どっち?)方面への進出の予定はございません。これはなんというか、勉強するのが難しい世界だと思うのです……(・_・;A)

>紳士 様

ご感想を頂き、ありがとうございます。

ムチは……ムチは関節が多いのでポーズを設定するのが大変なのです ゚(゜´Д`゜)゚ 

今回のグドンさんフィギュアはムチの関節数が比較的少なく、扱いやすい方ではあるのですが、それでもムチのポーズを決めるのに中々骨が折れてしまいました。正直な所、もうムチは勘弁 (ToT) という感じであります。

ウルトラエディ?

ウルトラエディ、シャリ〜ン!

>ヒラオカ 様

\(`・ω・´\)シャキーン

No title

前回から期間をおかずに新しい作品が見れて嬉しいです!
エリアスの身体の線がすごくセクシーです(*´▽`*)

次回も楽しみにしておりますが、体調崩されないよう無理なさらずに頑張って下さい。

>ぺんぺん草 様

ご感想を頂き、ありがとうございます。

この所は悩みが多く、なかなか思うような画が作れず、更新が遅れてしまっております (;´Д`) 

Dazstudioは基本的にリアルな画像の作成を指向しているようなので、せくすぃーなキャラクターの表現が出来るのですが(うまくいけばですが)、難しい点も多く未だに苦戦しております (ToT)

そして、何故か前回の奴が治ったばかりなのにまた口内炎が出来てしまいました (; ゚皿゚)。ひょっとしてこれ、Dazstudioに由来するストレスの所為なんでしょうか……。

グドンはこうでなくちゃ!(゚∀゚)

夕暮れ時に跪いて鞭打たれているエリアスの姿が扇情的で良いですねぇ。
個人的に鞭プレイに拘りはないのですけど、グドンは別腹です。こういう怪獣の特徴を生かした展開は見ている側としても楽しいです。欲を言えばもっとこう柔らかい部分もバシバシ打ってほしい…

「こうなったら私が…!」と決意したお尻隊員いや防衛隊員が何をするのかと驚きましたが、なんとも可愛いビーム攻撃w ファミコンディスクシステムのウルトラマンを思い出しましたw

>マキシモ 様

ご感想を頂き、ありがとうございます。

私も鞭でむちむちした所を……(*´艸`*) というシーンを実現したいと思ってはいるのですが、関節が多い鞭を操作するのは難しく、狙った所に当たってくれないのです (つД`)

それと、ディスクシステムとは懐かしい! とは言え、私がファミコン時代にプレイしたウルトラマンのゲームは「ウルトラマン倶楽部」だけだったりいたします。あの頃の私は何も知らぬ子供でした(遠い目)。
検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

NANASI

Author:NANASI
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR