FC2ブログ

ヒッポリトタールの恐怖

InsideBody(0).jpg

連絡を絶ったウルトラレディ達の救援にとある惑星にやってきたウルトラレディ・ソフィア。そこで彼女が見たものは、ヒッポリト星人によってブロンズ像に変えられたウルトラレディ達だった。彼女たちを救うべくヒッポリト星人に戦いを挑むソフィアであったが、長距離の移動でエネルギーを使い果たした彼女は、ヒッポリト・タールを体に浴びせられてしまう……

InsideBody(1).jpg

ヒッポリト星人は半ば全身を固められてしまったソフィアの体を押さえつけると、長く伸びた口吻を彼女の両脚の間に突き刺した。身動き出来ぬまま苦痛に悶えるウルトラレディの体内に、ピストンのように上下に頭を振って勢いを付け、ソフィアの体を掘削してゆく。

InsideBody(2).jpg

ソフィアの胎内を押し広げながら、ヒッポリト星人の口吻が遂に最深部までたどり着いた。体に巨大な杭のような器官を埋め込まれた苦痛に喘ぐ彼女は、ヒッポリト星人の口吻が膨らみ、波打ち始めるのを目にした。ヒッポリト星人は彼女の胎内深くからエネルギーを吸い取っているのだ。凄まじい苦痛と共に力が抜けてゆく体に鞭打ち、必死にヒッポリト・タールから抜け出そうとするソフィア。このままでは全身のエネルギーを吸い取られてしまう……
何度目かの胎内表現に挑戦中であります。とは言え、相変わらず胎内表現は難しいです (;´д`) 胎内と体外の画像を組み合わせるとなんだか分からなくなってしまう、と言う問題をどう解決するかが課題ですな。

あるいは画面が暗いのが問題なのかもしれません。最初にレンダリングした時は暗くは感じなかったのですが、ヒッポリトタールの表現を加えたら、途端に体の大部分が見難くなってしまいました Σ(゚д゚;)

ヒッポリトタールがなければもっと画面は見やすいはずなのですが……まったく、タールのくせにブロンズとか言うし、けしからん奴ですよ、ヒッポリトタールは (# ゚皿゚)

あ、そうそう (・∀・)、ウルトラレディに内臓があるのは地球人と合体してその影響を受けているからですね。だから変ではないのです。内臓の位置が変ですが、これはウルトラレディが本来、異星人だからです。何もおかしな事はありません。全くおかしな事はありません。わたし、悪くないです。
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ソフィアさん好きですー
お尻のほうも攻めてあげてください(;゚∀゚)=3ハァハァ

ソフィアちゃん久しぶりに見ましたが、相変わらずやられていますね。
お口を責めてほしいです。

Pretty good job. It is nice to see ソフィア again.

Btw I hope to see detailed pictures about those three statues behind.

No title

Hi, NANASI, may I ask where to find monster collection appeared in the ultraman series? Like this and the volcano bird batton. Thank you so much for answering.コイトル

ご感想を頂き、ありがとうございます

>石肉 様

ご感想を頂き、ありがとうございます。

お尻を攻めるのもステキ (*゚ー゚*) なのですが、お尻の方は内部を表現する方法が思いつかなかったり致します。いや、別に内部の表現は不要かもしれませんね……。 


>紳士 様

ご感想を頂き、ありがとうございます。

当サイトは所謂ヒロピンをテーマにしておりますので、ヒロインがヤられてしまうのは必然と言えましょう(意味深)。

>Mr.Seal

Thanks for your message.

This time, it turns out that the tar situation has a problem with the visibility of the screen, so I would like to try again when the problem is solved.(・_・;)

>Mr.Jacob

Thanks for your message.

Both were received directly from others.
検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

NANASI

Author:NANASI
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR