FC2ブログ

毒ガス4

VsBugZ(gas)10

 背後から両腕をとられたまま、エリアスの体が引きずりあげられていく。毒ガスの苦痛に朦朧としたウルトラレディの意識に、建物が崩れてゆく轟音が届いた。
 怪獣に捕らわれたままのろのろと頭を持ち上げたエリアスの目が、衝撃に見開かれた。正面に自分の背後の怪獣と同じ怪獣が、もう一体現れたのだ。
(そ、そんな……もう一体いたなんて……)
 エリアスの存在に気がついたのか、第二の怪獣は両腕で周囲の建物をなぎ倒しながら、エリアスと彼女を捕えた同族に近づいてゆく。

VsBugZ(gas)11

(くっ! 一体どうすれば……)
 第一の怪獣は獲物を誇示するように、エリアスの巨体を鋏で掴んで突きだしている。第二の怪獣は鋏をカチカチと打ち鳴らしながら、身動きできないウルトラレディへと近づいてきた。

VsBugZ(gas)12
今回は怪獣がもう一体出てきただけですね。我ながらテンポが悪いです。ストーリーを考えていないから、こうなっちゃうんですよねぇ。うう、反省。

でも「怪獣2体同時出現」というシチュエーションは、個人的にかなり好きなシチュです。ウルトラマンが二体の怪獣との戦いを余儀なくされ、絶体絶命! って感じのやつですね。ウルトラシリーズでも何度かあったと思いますが、有名なところで言うと「グドンとツインテール」、「ダロンとラブラス」、「ブラックキングとナックル星人」、「バードンとケムジラ」、最後のはちょっと違う気もしますが、列挙してみると意外に沢山ありますね。まだ他にも色々思いつきますし。

あと言い訳です。2枚目と3枚目の画は「同じシーンのカメラの角度が違うだけ(手前の怪獣の腕がちょっと違う)」なのですが、手抜きではありません。ホントデスヨ。

1枚目はカメラの位置を下げて「見上げる角度」でレンダリング。2枚目はカメラの位置を上げて「見下ろす角度」でレンダリングしたものなのです。未だにどっちが巨大感を表現しやすいのか決められないので、両方ともアップロードしました。結局、どちらもいまいち巨大感が表現できていないような気もします。ぬうう。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメントの投稿

非公開コメント

Hello

こんにちは、My名はLeviathanです。 私は私の友人XAJHのブログからあなたのブログを知っています。 私は気取り屋キャラクタUMKシリーズを作成しています。 私はあなたの表現とテキスト描写が好きです。 私はあなたのリンクをブログに追加してもよいですか? また、私のブログを訪問するのにおいてあなたを歓迎します。

私のブログのアドレスはfollowingです:
heroineism.blogspot.com

私の貧しい日本語を許してください。

Thank you for your feedback.

>Leviathan 様
I have been reading your blog before.
Thank you for your feedback.
Your offer about Web Link is so marvelous for me! Thank you very much.
Please excuse my poor English.

No title

NANASIさん、私はあなたのブログを読みました。 これらの戦いと苦痛は非常におもしろいです(例ヒロインの身体への毒素の注射に) 。sfx効果もすばらしいです! 働き続けてください!

Thank You!

>Leviathan 様

I apologize for the late reply.
Thank you for your add me to your web link list.
Thank you in the future.

Please excuse my poor English.

感想です

毒ガスで力が入らない上に後ろから羽交い締め。この無防備な体勢で正面には新手が・・・。絶体絶命とはまさにこういうことですね!怪獣2体同時出現というのは予想外だったな~。しかも同族となればチームワークも完璧ですね。惜しむらくは怪獣に「手」がないこと。そのごっついハサミじゃ「おさわり」できないでわないかー。(笑)

2枚目と3枚目のポーズが気になっておられるようですが、例え同じポーズであってもカメラアングルが違えば印象も変わるので、どんどんやっていただきたいです。それは手抜きではなく、むしろサービスになるのではないかと。(^^)

巨大感や重量感は、少し検索してみたところ、被写界深度やレンズの広角を調整するのが効果的なようです。カメラアングルを下げたり、手前に対象物を置いたりするテクニックもあるようですが、NANASIさんの作品はすでに実践できてますよね。土埃なんてとても効果的というか、他のコメントにもありましたが、「SFX効果」という表現がピッタリですね!(^^)

あとは・・・、ライティングの工夫というのはどうでしょうか。3枚目を見ると、結構強いライトをいくつも当てているように感じるのですが、被写体がハッキリクッキリする分、スタジオチックな印象になってしまうとか?私の勝手な想像かもしれないけど、どうかな?(^^;)

>マキシモ様

ご感想をありがとうございました。

カメラアングルは、どうもよく分かりません。カメラアングルを上げればいいのか、下げればいいのか……。

困った事にライティングは更に分からなかったりします。ライトは方向や照明の強度によっては、フィギュアの表面の凹凸が消えた「のっぺり」した感じになってしまうので、毎回試行錯誤しております。まあ、試行錯誤しても結局うまくいかないので、Photoshopで陰影を強化したりしています。

あ、あとハサミでも「おさわり」は出来ると思いますよ~(笑)。この次の、更に次ぎのシーンあたりで「おさわり」シーンが入る予定です。いやまあ、そんな大したモノではありませんが……。
検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

NANASI

Author:NANASI
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR