FC2ブログ

鋼鉄の錠



海中から突如姿を現した戦艦型のロボット。それはミミー星人が地球侵略の為に作り出した怪獣であった。陸へ向かって進行するロボット、アイアンロックスの前に立ちはだかるウルトラレディ・ユリア。しかし、海中から飛び出してきた二本の鎖と腕枷が彼女の両腕を拘束してしまう……

IronLock(1).jpg

 戦艦の砲塔から放たれる攻撃が、身動きの出来ないウルトラレディの体に次々と着弾。体を打つ衝撃に身をよじるウルトラレディ。

IronLock(2).jpg

両腕を拘束する鎖が巻き上げられ、ユリアの巨体がアイアンロックスへ引きずられてゆく。激しくもがくウルトラレディだったが、機械の無慈悲な力が彼女を怪獣へと引き寄せてゆく。

IronLock(3).jpg

アイアンロックスの船体から激しい電撃が放射される。海水で濡れたユリアの体に激しいスパークが走り、苦悶の表情を浮かべたウルトラレディが巨体を仰け反らせる。

IronLock(4).jpg

電撃によって消耗したユリアに、更に数本の鎖が巻付いた。まるでウルトラレディをアイアンロックスに縛り付けようとしているかのようだ。身動きさえままならないウルトラレディの眼前で、アイアンロックスの船体の赤いランプが激しく点滅を始めた。ミミー星人が仕掛けた自爆装置が作動したのだ。ミミー星人はアイアンロックスごとウルトラレディを吹き飛ばす作戦だったのである……
ミミー星人「ふはは、自爆装置作動! アイアンロックスよ、ウルトラレディを吹き飛ばすのだ!」
アイアンロックス「オールひろゆき、ボブサップ乙」
ユリア「なんて (゚Д゚;)!?」


( ´Д`)=3 なにやらこの所、毎回同じ事ばかり申しておるようですが、最近はCGの作成がさっぱりうまくいきません。

今回は、えー、「アイアンロックスシチュ(仮称)」です。夜のシーンと体の濡れの表現に挑戦してみたのですが、夜のシーンはともかく体の濡れはさっぱりでありました。以前に「濡れ表現」に挑戦した時とは少し違う手法で「濡れた感じ」を表現しようとしたのですが、手法は同じなのに全部の画で結果が違ってしまうと言う謎現象……

うーん、うーん、うーん。最近はCGの作成に挑戦しても、満足の出来る結果が何も出せません (つД`) なにやらCGの作成など時間の無駄のような気がしてきました。こんなことをしている暇があったら、「君の名は」のDVDでも観ていた方がずっと有意義な時間の使い方のような気がします(*´▽`*)

駄目ですかそうですか。うーん……では当ブログに相応しい知的で上品なトークでも (*゚ー゚*)。

……いやー、先週も申しましたが、最近は本当に暑くなりました。暑さを避ける方法として、ネットでちょっと話題になっているものに「ハッカ油」というのがあるんですよ。これを洗面器に数滴垂らして体を洗ったりすると、涼しくなって暑くても快適に過ごせるらしいのです。で、私も早速ハッカ油を買ってきて、洗面器に2,3滴垂らしてみました。でも、その洗面器のお湯に手を突っ込んでみても何も感じません。で、私思いました。ネットでは2,3滴と書いてあったけど、アレは嘘ニュースに違いない、と。そこで更に10滴くらいハッカ油を垂らして、それをざばーと体にかけたんですね。いやっはっはっはっ。その効果の凄いこと。涼しくなるのを通り越して、全身がひりひりしてしまいました。しかもその水が下半身にもかかっゃっ
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

おおぉぅ 夜のユリア せくすぃー

もう少し全身が見たかったなぁ、ミミー星人も思い切った作戦を考えましたねw
しかしウルトラダイナマイトをユリアが使ったらどうなったであろうか?
「君の那覇」を観るよりこの話の続きを期待していますよ( ´ー`)

地味だけど効いてる?

戦艦大和の艦砲射撃を生身に食うんだからダメージ無いはずはないんですが、原作と一緒でやってる事の派手さが無いですねえ~ ユリちゃんの艶やかなお肌は相変わらずムラムラ来ちゃって大変結構です♫ びっくり顔がこれまでにない表情に見えましたが、新作? そしてアイアンロックスはマンガ版だとあの船体の下に脚部があり、四足歩行します。これでユリちゃんをふんづけでもしてくれたら素晴らしかったですねー☆

せっかくだから

おお、赤い人はぬめぬめ・テカテカが映えますね。
せっかく鎖でがんじがらめになったので、昔どなたかの創作短編で、アイアンロックスの船首に縛り付けて、帆船とかの船首像じみた状況にする、というのを読んだ覚えがあるので、舳先に縛り付けるのはどうでしょうか?
ついでに、砲塔群から白い粘着性の液体爆薬を発射して、ぶつけてみるというのもアリかな、と。ええ、白色の液体爆薬ですよ!

ご感想を頂き、ありがとうございます

>suha 様

ご感想を頂き、ありがとうございます。

ご指摘の通り、てかりがあるとせくすぃー(・∀・) に見えると思うのですが、どうやったらテカるのか、研究を続けておりますが一向に方法を見つけることが出来ずにおりません (つД`)

えーと、ウルトラダイナマイトはですね、ユリアは使えないのです。いえ、私がそのエフェクトの研究に失敗しているからではなく、そういう設定なのです。私のせいじゃないですよ、ホントナンデスよ。

>kuro 様

ご感想を頂き、ありがとうございます。

艦砲射撃のエフェクトも実は今回の失敗ポイントでありました (;´д`) photoshop様によるポストワークで表現を試みたのですが……うーん、どうにも無理がありますね。3DCG用のオブジェクトを用意して、それで表現した方が良かったかも知れません……そんな都合の良いオブジェクトがあるのかどうかも分からないのですが……

アイアンロックスに足が生えているというのは面白いと思うのですが……足オブジェクト見つかりそうにありません(つД`)  それにですね、足が生えたらアイアンロックスじゃ無いと思うのですよ (# ゚皿゚) それは耳のあるドラえもんがドラえもんではないのと同じ事だと思うのです、ハイ。

>うろぼろす 様

ご感想を頂き、ありがとうございます。

たしかに仰るとおり赤色ベースの方がてかりを付けやすいような気もいたします……あくまでも銀色ベースに比べれば、ということなのですが (;´Д`)

うーん、アイアンロックスの甲板前方は砲塔が突き出していて、あんまりスペースがなさそうですね (゜-゜)。船首像シチュ(仮称)のためには、かなりの工夫が必要になりそうです。

それとはくしょくのえきたいばくだんをぶっかけるしーんにはいったいどんないみがあるのでしょう? ぼくわこどもなのでよくわかりません。せんせえおしえてください(小学3年、男子)

夜の水上戦イイッ!(゚∀゚)

赤いボディは水に濡れると映えますねー。
アイアンロックスはビジュアルから戦い方まであまりにも突飛すぎて凄く印象に残っております。個人的には恐竜戦車も同じ路線な気がしますけど、ヒーローとバトルすることが前提なのによく会議で通ったもんだなぁとw

そんな古い感想はおいといて(゚∀゚;A)、拘束からの艦砲射撃、さらにぶっとい鎖で引き寄せてオッパイ電撃!素晴らしいっ!なのにここまで弱らせておいて自爆攻撃とはもったいないですよっ! 目の前で赤く点滅するカラータイマーをどうにか料理して欲しいなぁ。贅沢を言えば角に鎖をかけたり、ユリアにしか出来ない角責め(具体的にはまったく謎)なんかにも挑戦して欲しいです。(゚∀゚;A)

>マキシモ 様

ご感想を頂き、ありがとうございます。

アイアンロックスは別の映画で使われた戦艦の模型を流用したらしいですね。私はむしろ「戦艦」を「怪獣」と言い切るその無理矢理な言語センスに脱帽であります (゜-゜;)

しかし、いかんせん戦艦なので手も足もなく攻撃手段が限られているのがアイアンロックスさんの最大の弱点であるようです。原作でも、だいたいセブンが一人でじたばたしてましたし……。手も足も使わずに可能な攻撃手段を思いつけないと、アイアンロックスシチュ(仮称)の改良は難しそうです。

角責め……(*´∀`*) なにやら素敵な響きの言葉です (*゚ー゚*)。ただ、言葉の響きは素敵でも具体的な中身はちょっと……。角、牛、スペインの牛追い祭り……牛追い祭りの先頭を走らされる? うーんうーん、夏ばてで頭が混乱しております (@ O @ ;)

No title

原作のセブンでの設定が破綻しているアイアンロックスの話をユリアでストーリーを作った場合、エロに持って行くしかないのは正当性があると思いますよ。前のコメントされた方が言っていましたが、角責めは私はとても王道的で良いアイデアだと思いましたぁ!
偶然でもユリアの片方の角に鎖が引っかかりアイアンロックスに水の上を引きずり回される彼女を見たいと思いましたあ(;・`д・´ )…ゴクリ…(`・д´・ ;)

今年の夏は湿度が高いようです、夏バテお気をつけ下さい。<(_ _)> 

>suha 様

ご感想を頂き、ありがとうございます。

うーん、アイアンロックスでエロシチュというのは、なんだか凄く難しそうな気がします (゚Д゚;)  なんと申しますか、アイアンロックス自体にエロスの要素がないもので……

ユリアの最大の特徴は角ですので(タブン)、これを活かすことも考えたいとは思うのですが……角が比較的小さいことなど難問がいろいろありそうです。鎖角責めシチュ(仮称)ですと、うまくやらないと頭をぶんぶん振り回している間の抜けた絵面になる可能性もありますし……うーむ、ここはやはりスペインの牛追い祭りでいきましょう (@ ∀ @ ;)
検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

NANASI

Author:NANASI
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR