FC2ブログ

猛毒怪獣ガブラ



 円盤の中から突如現れた巨大な怪獣。暴れ回る怪獣に対して巨大化して立ち向かったウルトラレディが、強力なエネルギーの光輪を生み出し怪獣に放つ。光輪が怪獣の首を切り落とした。ばらばらになった怪獣の頭部と胴体はしばらく痙攣し、動かなくなった……
Gabura(1).jpg

 ウルトラレディは怪獣に襲われていた隊員をすくい上げると、ゆっくりと地面に下ろした。その時、隊員は頭上のウルトラレディの肩越しに異様な光景を見た。切り落とされたはずの怪獣の首が、音もなく空を飛んで近づいてくる。
「あっ! 危ないウルトラレディ!」

Gabura(2).jpg

 首だけになった怪獣は、顎を一杯に開くとウルトラレディの肩に噛みついた。口の中にびっしりと並んだ鋭い牙が、ユリアの真紅の肌を貫いて突き刺さる。

Gabura(3).jpg

 ユリアは激痛に悲鳴を上げた。肩に食いついた怪獣の頭部を引きはがそうと、何度も怪獣にパンチをくらわせた。だが怪獣の顎の力は強く、離れるどころか逆に牙を更に深く食い込ませてゆく。

Gabura(4).jpg

 ウルトラレディは全身を激しく揺らして怪獣を引きはがそうとする内に、バランスを崩して仰向けに倒れ込んでしまった。胸のカラータイマーが赤く点滅を始める。

Gabura(5).jpg

『し、しまった……この怪獣、毒を……』
 怪獣は倒れ込んだウルトラレディの体に、なおも牙を食い込ませてゆく。その口の中から大量の唾液が流れ出し、苦しむユリアの肌の上を流れていた。その中に猛毒が含まれていることを、彼女はようやく悟った。意識が朦朧となり、手脚に力が入らない。立ち上がろうともがくウルトラレディの体に、怪獣の頭部は更に激しく噛みつき、牙を突き刺してゆく……
今回は新しい画像処理方法を使用してみました。擬似的なHDR処理を施してみたのです (・∀・)

HDRとは何かと言いますと……えー、それは、英語なのです……頭文字でして……えー、あれですよね、このブログをご覧になっている知的で教養のある皆さんならHDRが何かは既にご存じですよね! そう、そのHDRなのです (・∀・:)

えー、実の所HDRというがなんなのかよく分からないのですが、擬似的HDR処理の手順が書いてあったサイトの説明文によると「写真や映像を肉眼で見た時の画像に近づけることが出来る処理」、だそうです。

処理前と処理後の映像を分かり易く比較してみたものが、下記の画像です。左が処理後、右が処理前です。いかがでしょうか? 身長約40メートルのウルトラマンや怪獣を直にご覧になった経験をお持ちの方でしたら、肉眼で見た時の感じに近づいているのがお分かり頂けるかと思います。

GaburaBeforeAfter.jpg

実際にはHDRを擬似的に実現するポストワークを加え、更にあれこれ手を加えているので、あんまり本物のHDRとは関係ない状態になっているのかもしれません……。うーん、なんとなくコントラストが上がっているだけ、という感じもするのですが……(・_・;)

もうちょっとこの画像処理を試してみて、使い物になるかどうかを調べてみようと思います。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

No title

セブン屈指の大ピンチシーンなのに「そいつの牙には毒があるぞー」とか「円盤をやっつけるんだー」とか妙にノリノリなおじさんのせいで見る度に笑ってしまうアレですね(ダンに戻るとほぼノーダメージの毒とはいったい…)しかしガブラちゃんのフィギュアは初めて見ました〜自分サボってる間にも世の中どんどん進んでますねw

POSER使ってると自然な霞やぼやかしができるVueが羨ましいもんですが今回の処理は逆にPOSER風の明暗クッキリ感を加える技巧なんですね、ほんと技術の進歩は常に無いものねだりからなんだなぁ〜と感心します

ユリアのウルウルの瞳 優しそうです。

手のヒビ割れが気になりますが2万も歳取ると仕方無いのかもしれませんね。(,,・`_´・)
彼此40年以上前の事ですがアイスラッガーを捜しているウルトラセブンを肉眼で見た記憶があります。ホントです、最後から二枚目のユリアの紅い体とその次の毒が回ってきた表情が遠い記憶を思い出させてくれました。(ふ~ん ユリアも切断系の光線技持っていたんだ)

HDRは私も当然知っておりますが、HハッキリとDデジタルが見えるRらしいですよね。
ラスト二枚が良い感じに仕上がっていると思います。今後の研究に依る更なるリアリティを期待しておりますので御精進ください。(`_´)ゞ

ご感想を頂き、ありがとうございます

>MFJ 様

ご感想を頂き、ありがとうございます。

あの妙なおじさんは占い師でしたっけ (゚Д゚)? 良く覚えてないのですが、ハイカラな人民服みたいな妙な衣装だけは記憶に残っております。

ガブラさんのフィギュアは、MMD用のフィギュアをオブジェクトファイル(.obj)に変換して使用させて頂いております。ポーズの変更に難がありますが、フィギュアのヴァリエーションを増やせるのが嬉しいです ( ´∀`) ……ところで、MMDってなんでしょうね (゚Д゚)?

疑似HDR処理モドキですが……ううーん、確かにVueの微妙な空気遠近法が消えてしまっております。せっかくのVueの微妙な表現を消してしまう処理というのは……意味が無いかもしれません。ううーん、どうしたらよいのでしょう(゚Д゚;)

>suha 様

ご感想を頂き、ありがとうございます。

今回のひび割れがまさにそうなのですが、疑似HDR処理もどきを行うと細部が妙にはっきりと映ってしまい、私の雑な作業の粗があらわになってしまうようです。これは疑似HDR処理もどきの欠陥と言えましょう! 私悪くないです (;゚Д゚)y-~~

その辺の問題も含めて、この処理についてはまだまだ改善の余地が多々ありそうです。ウルトラマンの実物を肉眼でよく見たことのある我々昭和世代の人間には、この処理の価値が分かって頂けると思うのですが……。最近の子供は「ウルトラマン」を特撮番組の登場人物に過ぎないと思っているらしいですからね。国連の情報操作は恐ろしいものです(真顔)。

ひび割れリアル

ウルトラマンのスーツも劣化してひび割れておりましたので、これはこれでいいんじゃないでしょうか。
MMDのフィギアいいですね。pixivにもバリケーンなどのフィギアが出演してますが、あれもMMDなんでしょうか。😄

>なかカジ 様

ご感想を頂き、ありがとうございます。

ス、スーツ (゚д゚;)! い、いえ、ウルトラマンはスーツなど着ておりませんぞ! ウルトラマンに中の人などいないのです (; ゚皿゚)

それはともかく、あのひび割れは汚れを表現する為に使用したマテリアルに問題があったようです。疑似HDR処理もどきを適用する前は見えないくらいの微かなものだったのですが……(゜-゜;)

実はMMDについては無知なので、見て判別できるほどの知識が無かったり致します (;´Д`) しかしながら、私の印象としてはたぶん、ああいった作品はMMDソフト(それがなんであれ)で作成されているのだと思います。3DCGにも色んなものがあるのだなぁと感心するばかりです。

ちなみに私はPmxEditorというソフトを使わせて頂いているのですが……正直な所、使い方がほとんど分からなかったり致します (;´д`)トホホ…

こんなのもいるんだ♫

ガブラとは珍しい~使役主のシャドー星人はいないのかな? そしてユリちゃんが毒でどんどんエロくなっていく様がステキです☆ もう何枚か進めば、自分で自分の胸やアソコをわさわさし始めていたろうに…あれ? 違うんですか?

胴体もがんばれっ!(*゚∀゚)=3

おお、3枚目のシーンは見覚えがあります。
さすがに本放送は見て無くて何度目かの再放送だと思いますが。
ストーリーや怪獣の姿は忘れていたのに、このシーンを憶えてるって
少年時代から色々素質があったんだなぁと我ながら感心。('A`)

トドメを刺したと思って無防備に背中を晒すシチュは盛り上がりますねー。
怪獣の目がイっちゃってる感じなのも狂気を感じて良いです。

赤タイマーが紫がかっているように見えるのですが毒の影響?
しかも5,6枚目のスレンダーボディを見せつけるようなセクシーな
苦しみ方がたまりませんっ!ニプレスも薄いっ!(*゚∀゚)=3

ご感想を頂き、ありがとうございます

>kuro 様

ご感想を頂き、ありがとうございます。

シャドー星人は存在自体が地味ですので、登場しなくてもいいかなぁ―と思う今日この頃です(フィギュアも存在しないようですし……)。

ガブラの毒にどのような効果があるのかは謎ですが……えっちな気分になる訳では無い様な気がします。いやだって、もしそうだったらセブンはもう大変なことに……Σ(゚д゚;)

>マキシモ 様

ご感想を頂き、ありがとうございます。

私も色々と思い返してみますと、随分子供の頃から”素質”を示していたんだなぁ、と思う事がしばしばです(遠い目) こういうのは、なんでしょう、生まれつきなのでしょうか……

無防備になって油断した背中に……と言うシチュは、確かにピンチシチュの王道の一つですね (*´艸`*) ガブラシチュ(仮名)は、このタイプのシチュとしては最も有名で秀逸なものの一つかもしれません。

タイマーの色の問題はおそらく疑似HDR処理もどきの影響ではないかとも思います (;´Д`) 初めての試みなので色々といじくっておりまして、あちこちおかしくなってしまいました。てぃくびーも疑似HDR処理もどきが原因ですね。この処理をすると、これまで見えにくかった細部がはっきりとしてしまうのです。これはこれでちょっと問題があるような……

ストレスでしょうか

だいたい皆様と同じような感想なのですが、それにしてもショッキングだったのは、ユリアの皮膚がボロボロになっていたという事実!
これは可哀想です。いかに地球で酷い目にあってきたか、ということでしょう。
だって、初出の頃はあんなにきれいな肌をしていたのですよ!
最終回へと続く伏線でしょうか?

などとコメントすると、いやあ描き方を変えたんですよ、と返ってきそうですが・・・
そうは言わず、ここはちょっと初出の頃と比較し、再考して頂いてもよろしいのではないかと。
昔の彼女には”華”がありました。「ピカピカ」と一言で言ってしまえばそれまでですが、それにしてもいろいろあります。
私はにゃん様のUGの肌の質感も好きなのですが、あの光沢は反射光によるものですね。
それに対し昔のユリアのそれは、肌の内側から光が仄かに溢れ出てくるような、優しい明るさとなっており、いかにも光の国の人のボディみたいでよかったなあ・・・
あのユニークさはもったいないですよ!

>aosa 様

ご感想を頂き、ありがとうございます。

いやあ描き方を変えたんですよ ( ´∀`)

と申しますか、設定等は一切最初の頃と変えてはいないのです。はて (゚Д゚)? おそらく、肌に汚れのエフェクトを加えている為、そのように見えるのではないかと思われます(今回は疑似HDR処理もどきの為に皮膚の細部が鮮明になっているのも理由かもしれません)。

汚れの有無については好き嫌いが分かれそうな気が致しますが、私の表現があった方が良いと思うのです。その方がリアルな気がするので……リアルになるはず、なのですが (つД`)

No title

毒液がユリアの胸を汚し、カラータイマーまでも!
その毒液がカラータイマーも焼き尽くしユリアを塗炭の苦しみに落とせばより良かったのにね。
でも、セクシーで良かった! 久しぶりのユリアだしね。

>わ 様

ご感想を頂き、ありがとうございます。

毒液(よだれ?)が口の外までだらだらと……というのは、原作(?)にもあったシーンで、なんとか再現してみたかったのですが、相変わらず、液体の表現方法がさっぱり分からず断念致しました。

毒液でウルトラレディの皮膚が焦げてしまって (・∀・)ムヒ…… みたいなシーンが出来ると、面白そうなのですが……

No title

こんにちは、初めまして。お邪魔しました。一つ聞いてもいいですか?聞いてみMMD用のフィギュア——>Poser,ポーズの変更 実現できますか?ありがとう!(Google翻訳,すみません)

>Mr.d

初めまして。
コメントを頂き、ありがとうございます。

非常に残念なことにMMD用のフィギュアをPoserで使用することは出来ません。別のソフトでポーズを変更しなければならないのです……これが非常に難しくて (;´д`)

Nice to meet you
Thanks for your message.

Very unfortunately, Poser can not use MMD figures. It is necessary to change the pose with other software....This is very difficult. (;´д`)

No title

NANASI様

こんばんわ!
ご回答ありがとうございます!May I ask you what 「other software」 is?PMDEditor,Metasequoia or others?ありがとう。( ̄▽ ̄)

>Mr.d

Thanks for your message.

I am using PmxEditor · · · Or, I am studying how to use it.(つД`)
検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

NANASI

Author:NANASI
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR