FC2ブログ

合体の盲点(2)



 瀕死の地球人と合体し、地球で怪獣と戦い続けたウルトラレディ・ソフィア。だが、ある日のこと、彼女は高熱を発して倒れてしまった。全身の熱感と悪寒、そして激しい咳がこれまでに戦ったどんな怪獣よりも彼女を苦しめる。朦朧とする意識の中で、彼女は自分の身体の異常を調査していた。
「脈拍360、血圧400、熱が90度もある…」

HumanPart(1).jpg

 ソフィアの横に、不意に別にウルトラ族の気配が現れた。
「お前は……」
「私は宇宙警備隊本部から派遣されました。貴女の今の状態は、我々としてもとても看過できません。貴女はご自分が思っているよりも、ずっと深刻な状態なのです」

HumanPart(2).jpg

「貴女はこの星の住人と合体し、その生命維持に相当なエネルギーを使っています。その状態では貴女は本来の力の半分、いえ三分の一も発揮できないでしょう」
「……」
「しかも、その不安定な状態で貴女は怪獣との戦闘を繰り返してきた。それによって貴女の体には負荷がかかり、大きなダメージが残っているのです。今の貴女の体は限界に達しているのです」
「……」
「あと、お正月の暴飲暴食が今になって出てきてますね。一気におもち四十個食べるとか、止めた方が良いですよ、ホント (゜-゜)」
「……… (; ゚皿゚)」

HumanPart(3).jpg

「ですから隊長、貴女はすぐに警備隊本部に戻られて……」
「……いや、待て」
 ソフィアは体を起こすと、つけっぱなしにしてあったテレビの画面に顔を向けた。音量を落としたテレビから、リポーターの慌ただしい声が流れてくる。
『緊急ニュースです! ご覧ください、たった今、巨大な人型の怪獣が出現しました。怪獣は市街地に向けて移動中です。番組では避難のため怪獣の情報をリアルタイムで皆様にお伝えいたします!……では、ここでいったんCMです (・∀・)』

HumanPart(4).jpg

「あの怪獣はゼットン! あれを地球人が倒すのは難しいだろう。私が行く」
 ソフィアはベッドから立ち上がると、部屋着を脱ぎながら変身を始めた。地球人の肌が、ウルトラレディの銀色の肌に変わってゆく。
「待ってください隊長。地球人と合体した状態の貴女では、ゼットンと戦うのは無茶です。まして、今の貴女の状態では、勝つことは出来ません!」
 変身を終えたソフィアが彼女に応えることはなかった。床に部屋着を無造作に脱ぎ捨てると、ウルトラレディ・ソフィアは窓から空へと飛び出した……
今回はこれまでうまくいった例のない人間体ドラマパートの練習をしてみました。「いきなり枕元に出てきて説教するセブン上司シチュ」です。

うーん、やはり人間体シチュ、というか人間体そのものを登場させるのが、どうもうまくいきません。肌の質感が相変わらずおかしいというのもあるのですが、アニメ調のフィギュアのせいか、普通の人間の肌などを適用させると、銀色だった時にはさほど感じられない違和感が前面に出てくるような気もします。人間体の時には顔を、もう少しリアル調の造形に変更した方が良いのかもしれません (´⌒`。)

あと人間体ドラマパートに必要な、インテリアなんかの小物が手に入らないという問題もあります。部屋は普通の人家なのに、置いてあるベッドは病院用のベッド。テレビは……今の若い人にはこれがテレビだと認識できるんでしょうか (・_・;)?

そして人間体ドラマパート最大の問題点が発覚しました。それは……えらく疲れる、という事です ( ´Д`) 

このシーンを作るのに体力を使い切ってしまい、とてもこの続きを作る気力と体力がありません (;´Д`) 本来ならばここでCMが入り、後半の戦闘パートに入るのですが……とりあえず今はそれを作る気力が無くなってしまいました。

ので、今回の記事は続かずにこれで終わりと言うことにしたいと思います。なにやら尻切れ蜻蛉で申し訳ないのですが……しかし、今回はあくまでも人間体ドラマパートの練習なのです。戦闘パートはまた別の課題なのです。だからこれで良いのです。そうなのです (; ゚皿゚)
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

せめてもう一枚

人間体での着替えシーンが見たかった…もごもごw しかし警告に現れるのが部下というだけで新鮮です。大概本部からの使者は立場が上で、命令口調と相場が決まってましたので~。三枚目のピンチシーンのコラージュは素敵でした☆

No title

>「脈拍360、血圧400、熱が90度もある…」
えらいこっちゃ。。。
ひとまずジャージ直着ではなく、インナー的なものも着たほうが体にはいいと思います。。。

人間パートから次回ソファ姉さんの大活躍が見られるかと思いきや、まさかの単発(゜゜;;;)
まぁでも気分が乗らないんじゃ仕方がないですよね。

3枚目の画の右上の写真は見たことありませんねぇ。
バードン戦あたりで見落としたでしょうか。

No title

隊長の体調が悪い…。スミマセンでした。
基のフィギュアがアニメ調でしたら、お顔もアニメ調の方がしっくり来る、という事はないのでしょうか。素人の自分には、全く分かりませんが。
それにしても、できれば続き、見せて頂きたいですねえ。新キャラが協力したりとか、早く帰りたいから速攻で倒したりとか、自らの高体温を利用してウルトラダイナマイトを炸裂させたりとか、色々ありそうな気もいたしますが。作画する方の身になれ、と言われそうですが。
でもCMの後は「今日のにゃんこ」だから、やっぱり無理ですか。

ソフィアの力は本来の1/3?(゚A゚;)

そりゃ度々負けるのも仕方ないですなぁ。
人間体パート上手くできていると思いますよ。確かに家具や調度品の問題は深刻ではありますが、見ている方はそう気にならないです。テレビなんか一周回って未来的ですらありますw

そうかぁ、ソフィアの変身はアイテムを使ったりしないのですね。むしろ毎回どこかで胸元をガバッと広げてパイチラ変身していたのかと思うと胸熱です。(*゚∀゚)=3

しかし、お遣いできたウルトラレディさんはソフィアと一緒に戦ったりしないのだろうか。誰もがみんな戦士ではないということなんでしょうけど、本部ではメロンパンを買いに行かされている下っ端ウルトラレディとかもいるのかなぁ。

ソフィア隊長! B地区の配置ありがとうございます(*‘ー‘)ゞ。

血圧400は大変ですね、体温も90度あると火災の心配もしてしまいますw
歴戦のフラッシュバックは本来の力を発揮出来ていない隊長の御苦労をしみじみと感じました。

人間体のねーさんは言うほどアニメっぽいとは思いませんが、一枚目の脈拍360の表情はドキドキ・ワクワクさせられました。(二枚目のまつ毛や上を向いた鼻も素敵っす)
テレビはレトロなブラウン管のようですけど、科特隊日本支部やゼットンが映っていると違和感が薄れるような….NANASIさんの造る世界観に似合っている様な気はしています。未来では家具調TVが流行ってるかもしれませんよ(^_^) あと「今日のにゃんこ」が気になります。(=^.^=)

あっ あともうひとつ、いくら体格維持の為とは言え お餅40個はダメですよ〜隊長ぉw

No title

この病院はレトロ趣味で家具も外観はレトロ風に統一されてるのでしょうw

ご感想を頂き、ありがとうございます

>kuro 様

ご感想を頂き、ありがとうございます。

生着替えシーンは色々と良さそう(*´﹃`*) なのですが、着替えシーンが作れるほど細かいギミックがある服フィギュアが、ほとんど存在しないのです (´・ω・`) 今回使用しているジャージは、前が開ける分、他のフィギュアよりも優れていると思うのですが……

三枚目は少しごちゃごちゃし過ぎたかもしれません。一枚の画に五つのシーンを詰め込むのは、ちょっと多すぎかも (^_^;A)

>こるちょ 様

ご感想を頂き、ありがとうございます。

( ゚д゚)ハッ! 下着のことはすっかり忘れておりました……きっとソフィアは「寝る時は下着は着けないのよ ウフフ (・∀・)y-~~」というタイプなのでしょう。

最近はどうもCGを作る為のやる気が起きず、アイデアも思い浮かばずに困っております。なんというか、「そんなことよりマシュマロ食べたい。無印良品で売ってるマシュマロ (゚Д゚)ポケー」とか考えながら日々を生きております。

なお、三枚目右上は失敗したのでお蔵入りにした画像です。彩度を落とすと失敗した画でも、多少見られるようになりますね ( ´∀`)

>素人 様

ご感想を頂き、ありがとうございます。

隊長の体調……ヽ(*゚∀゚)ノ

……えーと、最後の一枚を見るとはっきり分かるかと思うのですが、このフィギュアは目や頭部が非常に大きく、アニメっぽくなっているのです。これが周囲のリアル調に近い小物や背景と一致していないのではないかなぁと思ったのですが……確かにあんまり関係ないかもしれませんね (゚Д゚;)

この続きをどうすれば良いのか、今一つ良いアイデアが思い浮かばないのです ( ´Д`)=3 もう、頭の中はマシュマロとにゃんこのことで一杯なのです (*゚ー゚*

>マキシモ 様

ご感想を頂き、ありがとうございます。

実は大きなペナルティを負っていた! ……と言うことにすれば、強いヒロインという設定とそれがピンチになるというシーンの間の矛盾を解決できるのではないかと思うのです。完全に後出しの設定ですが (・_・;)

ソフィアは変身は道具無しでいけそうですが、むしろウルトラさん達のあの変身ツールは、なんの為にあるのだろうという気もいたします (゚Д゚)? なにか物理的なスイッチがないと、変身できないのでしょうか? ……( ゚д゚)ハッ! もしかすると、ソフィアが変身する時は、先っぽのあの部分がスイッチになっていて、そこを押すのかも (*゚ー゚*)!

あの連絡に来ているウルトラレディは、きっと「管轄が違いますんで (゚Д゚)y-~~」とか言って、戦闘には参加しないのでしょう。その辺をうまく割り切るのが、社会人の知恵であります。

>suha 様

ご感想を頂き、ありがとうございます。

「脈拍360、血圧400、熱が90度」はウルトラセブンの最終回のセブンのバイタルですが……どうやって計ったんでしょうね (゚Д゚)? 未だに不思議でなりません。

ふーむ、今回は使用している肌の質感が(今までよりは)うまく表現できたようなので、そのおかげでアニメっぽさが多少は少なくなっているのかもしれません。どんなシーンでも質感の表現がうまくいけば、アニメ調フィギュアでも良いのかもしれませんが……(´⌒`。)

それはともかく、今回紹介されるにゃんこは台東区にお住まいのエシェモシェエさんのお宅のねこ、超電磁合体猫6号くんなので、私もCMが明けるのが待ち遠しいです(*´▽`*)

お正月には「おもち40個のカロリーぐらい、光線で街一つ吹っ飛ばしてやれば、すぐ消化できるさ(゚∀゚)」って感じで、気軽に(?)考えていたのでしょう。ハレの日の心理は怖いですなぁ。

>匿名 様

コメントを頂き、ありがとうございます。

ここが病院だとすると(ベッドがそうなのですが)、この広さやインテリアからして、お金持ちの人だけが入れる特別病室みたいな所なんでしょうか (゚Д゚)?

お金持ち用の病室に入院するヒロイン……なんとなく、やな感じがしますな (゜-゜)

No title

人間視点になるとさすがに作り物っぽい感じもありますけど、これはこれで十分なのではないでしょうか。
あえて日本人を出さないことにNANASI様の賢さを感じます。
サンダーバードの世界みたいで、私は好きですね(テレビには日本語が映っておりましたけれども)。

なお、このような非常時にコマーシャルやニャンコ番組を放送するようなテレビはけしからんと思います。

No title

いや、体力が回復したら【続編】を希望します。
三枚目の変身シーン、出現するカラータイマーと消えゆく人の肉体美との対比がとてもセクシー!

にゃんこ

にゃんこ、ってまさか「恐怖の超猿人」回に登場した
恐怖の精神波攻撃用にゃんこの特集ではないだろうか
前回は万全なソフィア姐さんなので決まらなかったが
今回は弱っているので大丈夫だ(何が?)
やはりこのキャスターは胡乱な異星人に決まっておる

ということで、本編の続きと精神波攻撃にゃんこ特集両方希望します

ご感想を頂き、ありがとうございます

>aosa 様

ご感想を頂き、ありがとうございます。

室内の様に普段の我々の目線で見ているものを私の拙い技術で再現しようとすると、強力な違和感を感じてしまうのではないかと思われます。ビルがより多きい怪獣とかなら、最初から作り物という意識があるので、さほど気にならないのかも……(゚Д゚;)タブン?

この仮説が正しいとすると、確かに日本人や我々に身近なものは登場させない方が良さそうですね。ただ、日本風の小物データはあまり存在していないようなのですが……

あとにゃんこは大事ですよ、にゃんこは ( ゚皿゚)q  怪獣とにゃんこ、どっちが大事かと言われたら、それはあなた、にゃんこですよ。

>e 様

ご感想を頂き、ありがとうございます。

正直、この続きをどうしたら良いのかが分からなかったり致します (´⌒`。) 思いついたことはあるのですが、画で表現しようとするとえらく地味になりそうで……いつものことなのですが (つД`)

変身途中のエフェクトは、もうちょっと工夫した方が良かったなぁと、今更になって思い始めました (A;´Д`) 等身大で首から下だけ銀色、というのはちょっと変だったかもしれません。

>うろぼろす 様

ご感想を頂き、ありがとうございます。

猿人であれなんであれ、ねこで頭一杯の状態になったら、もう誰でもめろめろですよ(*´▽`*)

「今日のにゃんこ」のコーナーがある情報番組『お前の周囲は全員敵だ!』も猿人さんも、素晴らしい人たちに違いありません!

というわけでにゃんこ特集は是非挑戦したいですが、この続きは……うーん、そのうち気が向いたら、頑張ってみようかと……(・_・;)

No title

あのぅ~ ソフィアが本来の力を発揮できない理由は解ったのですが、他のウルトラレディも本気さを出していないように思われます。
随分前、数年前ですが最初にNANASIさんの作品を観た時の感想を思い出しました。全体の画の雰囲気にはウルトラマンの特撮世界を感じるんだけど顔、特に目の瞳に我々が知っているウルトラ族とはとは違う印象がありました。

最近は可愛らしさに慣れてきてしまいスッカリと違和感を忘れていましたw 地球上では中々能力を発揮できないウルトラレディですが絶体絶命のピンチに陥り「この星での生命維持などもうどうでもいいわぁ!」となった時、地球時間の3分程度ウルトラの光る目と変わり超獣とかメトロン星人を八つ裂きにした上にビームまでも喰らわせてしまったという….. 人類はそれを目の当りに見てしまって(((゚ー゚;)))ヨワイトオモッテテゴメンナサイ と成るんじゃないでしょうか、
一人ぐらい最初からウルトラの目のヒロインも居ていいと思うんですけどぉ(オレっ娘のルベルとかが良いなぁ)

>suha 様

コメントを頂き、ありがとうございます。

私もウルトラ目のヒロインの方が良いのではないかと思った時があり、随分以前にウルトラ目を試してみたのですが……ちょっと違和感があるなぁ (゚Д゚;)、というのが結論でした。

ウルトラ目ですと、当然ながら感情を表現するのが難しいという問題がありまして。その辺をどう解決すれば良いのか、分からなかったのです (ーー;) いずれにしても、ウルトラ目のキャラクターですと現行のキャラクターと随分イメージがずれてしまうので、やるとしたら新規にウルトラ目専門(?)のキャラクターを作った方が良いような気もしますね。
検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

NANASI

Author:NANASI
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR