FC2ブログ

怪獣島

MonsterIsland(0).jpg

 秋の行楽シーズン。無人島体験ツアーに参加して、人の住まない島を探検するノエルとその友人二人。そんな三人は奇妙な形の大岩に興味を引かれる。
「なんかこの岩、肋骨みたいに見えない? もしかして、怪獣の骨だったりして」
「なにそれ、チョーうける (・∀・)」
「でもさあ、この岩が骨だったら、こんなサイズの生き物を食べる奴がこの島に住んでるって事にならない?」
「なにそれ、チョーうける (・∀・)」
 だが彼女たちは知らなかった。偶然にも彼女たちがやってきたこの島こそが、怪獣達が棲みつく「怪獣島」であることを……

MonsterIsland(1)2.jpg

 地響きをおこしながら怪獣が近づいてくる。ノエルはウルトラレディに変身すると、正面から怪獣に組み付いた。怪獣の硬い表皮と重量に跳ね返されそうになるが、全体重をかけて押し戻す。数万トンの体重を有するウルトラレディに組み付かれ、怪獣は動揺したように体を揺るがせた。
(ちょっと! 正面から突っ込むなんて危ないわよ! どんな奴かわかんないのよ!)
『駄目だよ! 友子ちゃん(仮名)達が逃げるまで、この怪獣を近づけないようにしないと!』
(あんたの友達 (゚Д゚)? あの二人なら、もうあんたをおいて向こうまで逃げてるわよ)
『 (; ゚皿゚) 』

MonsterIsland(2).jpg

Guoooo!
『ひ、ひぇっ!』
 突然、怪獣は凄まじい吠え声を上げると、組み付いていたノエルに腕をかけて、突き飛ばすようにして引きがした。怪獣の腕力は太い腕に相応しく凄まじいものだった。体勢を崩したウルトラレディに、今度は怪獣が腕を伸ばして組み付いてくる。

MonsterIsland(3).jpg

『痛たたたっ! こ、この怪獣、変な所掴んでくるよお……っ!』
(馬鹿! ウェイトが違いすぎるわ! は、早く距離を取りなさい!)
 怪獣は太い腕をウルトラレディの胸と脚に伸ばしてくる。巨大な手がノエルの体を鷲掴みにすると、強靱な皮膚と筋肉で守られているはずのウルトラレディの体に激痛が走った。ノエルは怪獣から距離を取ろうとするが、怪獣はのし掛かるようにして彼女を逃さない。巨大な怪獣と巨人の激しい攻防に、地響きと共に土煙が激しく舞い上がる。

MonsterIsland(4).jpg

Gyaoooo!
 ウルトラレディの体を捕らえた怪獣は、いきなり体を沈めたと思うと、勢いよくノエルの巨体を宙に高々と持ち上げた。数万トンもの重量がある銀の巨人がまるで子供のように軽々と持ち上げられてしまったのだ。手足をばたつかせるウルトラレディだったが、パワーの差はまさに大人と子供のように圧倒的だった。
(こ、この怪獣なんてパワーなの! ウルトラレディの体重は三万トン以上あるのに!)
『えー、そんな事はないんじゃないかなー。大したことないと思うよ-、私の体重はリンゴ三個分しかないしー (゜-゜) 』
(あんた、そのネタまだやってたの……)
最近のナウなヤングは「チョーうける」とか言うのでしょうか (゚Д゚;)?

それはさておき、今回は、えーと、レッドキングシチュです。レッドキングが登場するからレッドキングシチュ。間違っていないですよね。

レッドキングは格好良くて好きな怪獣なのですが、CGを作ろうとするとちょっと困った点もあります。単純に力が強いという怪獣ですので、静止画ではどうしてもインパクトのあるシーンが作りにくいのです。

動画のような方法でなら、レッドキングの力強さを表現する方法がいろいろあると思うのですが、それを静止画として1シーンだけ切り取ってしまうと……今回のように山もオチも意味もないシーンがだらだらと続く事になってしまいます (;´Д`)

動画で表現すれば、(「・ω・)「 ガオー とレッドキングが大暴れしているシーンになると思うのですが、静止画では……(つД`) という次第で、この先どうしたらよいのか、さっぱり分からない状態だったり致します。チョーうける (・∀・)
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

Bravo!

I am so glad to see the works of ノエルbegin once again, and this is a very good scene!!! I think this is the most sexy one ultralady

何気に扱いにくそうな

レッキンは強いけど、ああやって両手でリフトアップすると自分の首が邪魔になるんですよねえ…NANASIさんがんばってるなあw

ノエルちゃんの体重が公開されちゃってますが、いいのでしょうか。ヒロインなのに。。。(°°;)

一番最後の構図は小さいころお父さんにやってもらった遊びによく似ててなんだか懐かしい感じが気がします(*^-^*)

ご感想を頂き、ありがとうございます

>Mr.HPRK

Thanks for your message.

I think better of the scene with a more powerful, but this seems to be my best right now.(;´д`)

>kuro 様

ご感想を頂き、ありがとうございます。

そうなのです (・_・;) ご指摘の通り実際にはちょっとレッドキングの頭がウルトラレディの体に引っかかっているのですが、まぁ、ちょうどフィギュアの影になっているので言わなければ誰にも気づかれないと思います (・∀・)ヒッヒッ

基本的にレッドキングは体がごつごつしていると申しますか、体の全面が前に突き出している部分があるので、他のフィギュアと絡ませようとすると引っかかる事が多く、ちょっと難儀しております。好きな怪獣なのですが……

>こるちょ 様

ご感想を頂き、ありがとうございます。

( ゚д゚)ハッ! 確かに女性の体重を公衆の面前に晒すなど、紳士にあるまじき行いでありました。リンゴ三個分というショッキングな体重を知られてしまったノエルさんの心痛はいかばかりでありましょう……

私も子供の頃は「ひこうきー」とか言って遊んでもらったような気がします。なにやら酷く楽しかった記憶があるのですが ( ´∀`)……今から考えると、なにがそんなに面白かったんでしょうね (゚Д゚)? いやですねぇ、大人になるって……

No title

この物語には次の部分がありますか?このモンスターはとても特別です

ハッピーハロウイン!(^▽^)/ ジャージのノエルは兆うけるw

10月も終わろうとしていたのでノエルがそろそろ現れるのあかなぁとは思っていましたよ!
友子ちゃん(仮)は正直な現代っ子みたいですね、レッドキングのタッチがなんだかソフトで優しそうw
もー ノエルは湖の畔でエレキングと仲つつまじく過ごしているんじゃないかと焼き餅焼いていましたー( *´ー`)。

ご感想を頂き、ありがとうございます

>山本の木 様

ご感想を頂き、ありがとうございます。

続きはどうしましょう? 正直な所、続けても余り面白い結果になりそうにないので、どうしたら良いか悩んでおります (;´д`)トホホ…

>suha 様

ご感想を頂き、ありがとうございます。

ヒロインの数をなにも考えずに増やしたせいで、なにがなにやら、誰が誰やら、よく分からなくなって参りました (A;´Д`) 出来れば全員に均等に登場の機会をあげたいとも思うのですが、中々うまくいかずにおります。

実際の所、今回ノエルを使用したのは、1枚目の画で着用しているジャージをDL出来たからだったり致します。JKともあろう人々が休日にジャージというのも変ですが、私服に使えそうなデータは珍しいので一度使ってみたかったのです……

ジャージというのはシーンを選びますが、なかなかにクォリティが高いように思います ( ´∀`) これから1枚目の画でノエルの脚が捻れているのにも誰も気がつかないに違いありません。やったね!

ジャージ姿がチョベリグッd(´ー`* )

こう何度も怪獣に遭遇すると、友人たちも逃げ慣れしてきているのかもw
レッドキングとの格闘は難しそうですが、大定番のプロレス具合が大迫力で素晴らしいです!今まで見てきたレッドキングvs巨大ヒロインの中でも屈指のレッドキング戦です!

なのに、何気にとっ組み方がエロいような不可抗力なような絶妙な触り方で大変勉強になります。うん、抱きついてきたのはノエルの方なんだから仕方ないよねっ。(*´д`*)

手先・・・・・・

初めて書きこみます。
少し前から楽しく視聴してます。

NANASIさんのCGの魅力は(過去に誰かがきっと指摘
してるでしょうけど)、PINCHのヒロインの手先(指先?)
まで神経を使われてるのがとてもいいです。
「ユリア暗殺計画」一枚目と(二枚目は当然ですが)
三枚目だと、同じような立ってるポーズでも、手の感じが
違う。
突然の攻撃を喰らった感じと、耐えてる感じでしょうか。
細やかな演出だと個人的に思います。

ご感想を頂き、ありがとうございます

>マキシモ 様

ご感想を頂き、ありがとうございます。

やだなぁ、最近のナウなヤングは「ちょべりぐ」なんて言いませんよ、チョベリバー ( ´∀`)

それはともかく、友子(仮名)ちゃん達も怪獣遭遇経験3回目ですので、さっさと逃げても、ノエルは怪獣がいなくなってから「おーい」って言いつつ画面の向こうから走ってくるとわきまえているのでしょう。

ご指摘の通り、レッドキングのお触りポーズがどうにもえっちぃ感じになってしまったのですが、なんと申しますか、最後のシーンにつなげる為には他に掴む場所がなかったのです。本当はもっと「ぐわしっ」って感じにしたかったのですが、仕方ないですね、不可抗力ですよね、はい (*゚ー゚*)

>TEDDY-BERRA

初めまして。ご感想を頂き、ありがとうございます <(_ _)>

過分なご評価を頂き、恐れ入ります。細かな演出と申しますか、私はどうもひどい小心者で、細かい所が気になってポーズを変更したバージョンを幾つも作ってしまうことが良くあるのです (A;´Д`)

……そして、画像を増やしすぎて、なにがなんだか分からなくなってしまう、というのがいつものパターンだったり致します。細かい所に気を使う前に全体を考える必要があるとは思うのですが……(´⌒`。)

そんなこんなでいつも拙い画ばかりになってしまうのですが、お目汚しとしてご覧頂ければ幸甚です m(__)m

No title

私はオーストラリアからのファンです。と私は、この怪獣とウルトラマンのビデオを見ました。ノエルは非常に良い仕事があることを証明した。この物語とヒロインのより多くの作品があるならば?私は、グーグル翻訳のために使われます。申し訳ありませんが、いくつかの文法上の問題があるならば。

>Mr.Turner

Nice to meet you.
Thanks for your message.<(_ _)>

I'm sorry.Hether or not to make the rest of this story, I'm still thinking.(A;´Д`)

I look forward to working with you.

No title

Vielen Dank liebe Autor, ich mag diese am besten, gibt es mehr Werke von ihr? Das ノエル?Entschuldigung, Ich kann nicht Japanisch sprechen

>Herr Zimmermann

Empfangen Sie Ihre Kommentare, danke. <(_ _)>

Das könnten Sie feststellen, dass, wenn sie Noel mag, denke ich glücklich.Wenn es für Ihren Gunsten in die Zukunft möglich ist, bin ich froh.( ´∀`)

Da ich nicht Deutsch können, verwendet es maschinelle Übersetzung. Wenn es einen Fehler in diesem Satz war, glaube ich, dass ich Sie, mir zu vergeben möchten. m(__)m
検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

NANASI

Author:NANASI
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR