FC2ブログ

超重量怪獣



Big(1)_201511180848021a9.jpg

「うわぁっ! な、なんだあれは!?」
「気をつけろ! あの怪獣、馬鹿でかいぞ!」
 街へ向かって進撃してくる怪獣は、丸々とした巨大な胴体から手脚の生えた巨大な生物だった。一歩足を踏み出すごとに地震のような揺れが周囲を襲う。逃げ遅れた戦車が一両、あっさりと踏みつぶされた。鋼鉄の塊を造作なく平らに潰すと、怪獣は遠巻きに展開する戦車部隊へと地響きと共に近寄ってくる……
Big(2)_20151118084803b65.jpg

 後退する戦車部隊に怪獣が迫ってきた。動きが鈍く見える怪獣だったが、太い脚を意外に機敏に動かしてあっという間に距離を詰めてくる。怪獣の巨体が戦車を蹴散らすかに見えた瞬間、閃光と共に真紅の巨人が姿を現した。巨人ーーウルトラレディは大地を蹴って跳躍すると、怪獣の鼻先にキックを命中させた。

Big(3)_201511180848061d4.jpg

 ウルトラレディの蹴りを鼻先に食らっても、怪獣は怯む様子も見せなかった。
『キックをまともに食らわせたのに……こうなったら!』
 ユリアは方向転換しようとする怪獣の側面を走り抜け、怪獣の背後に回り込んだ。体が丸々としている為か、怪獣は小回りがきかないようだ。ユリアは怪獣の短い尻尾を両手でつかむと、全体重をかけて怪獣を引っ張った。
『こんのー! そっちに行くんじゃないわよ!』

Big(4)_201511180847591a0.jpg

 ウルトラレディが渾身の力を込めて怪獣の体を引いても、怪獣の巨体はほとんど動かなかった。怪獣の体重の方が圧倒的に重いのだ。それでも怪獣の注意を引く事は出来た。怪獣は自分を引っ張る生物に向き直ると、勢いよく後脚で立ち上がると相手に向かってのしかかるように襲いかかった。

Big(5).jpg

『うううっ! こ、この怪獣、な、なんて重いの……ぐうううっ!』
 のし掛かるように迫る怪獣の巨体を、ユリアはとっさに両手で受け止めた。凄まじい重量が彼女の全身に襲いかかる。短い手脚でもがくように前進する怪獣と、それを両腕で押さえ込もうとするウルトラレディ。ユリアは怪獣の超重量に圧倒され、怪獣に押されるままに背後によろめいた。

Big(6).jpg

『こ、こいつなんて重さ……』
 怪獣の凄まじい重量に圧倒され、ウルトラレディは背後に突き飛ばされるように倒れ込んだ。立ち上がろうとするユリアの背後で怪獣は身をかがめ、全身に力を込めていた。

Big(7).jpg

 起き上がろうと仰向けになったユリアの視界に、怪獣の巨大な体がいっぱいに広がった。怪獣は手脚を縮めると、ちょうど蛙のような姿勢で宙に跳び上がったのだ。
『ちょっと……ま、まさかっ!』
 視界を覆い尽くした怪獣の巨体が、地面に倒れたままのウルトラレディに向かって落下してきた。

Big(8).jpg

 地震さながらの振動と轟音が戦車部隊を襲った。視界が上下にぶれるほどの激しい地面の揺れに、戦車ですら横転しそうになる。舞い上がる大量の砂煙は、地面に叩き付けられた怪獣の巨体もほとんど見えないほどだ。余震の様にぐらぐらする足下の揺れに耐え、隊員達は目を凝らした。
「ま、まさか。ウルトラレディはあの怪獣に押し潰されちまったんじゃ……」
今回使用した怪獣フィギュアはかなり以前に購入したDorpodon(どるぽどん?)というフィギュアです。

造形はなかなか格好良いのですが、いかんせん手脚が短いせいでいささか使い勝手が良くありません (´⌒`。)。そこで大きな体を活かせるような体格差(体重差?)シチュを考えてみたのですが……

いつものごとく、全く巨大感が表現できません (つД`)。なんとか巨大感を出せないものかとあれやこれやをやっている内に、枚数がこんなに増えてしまいました。そして枚数が増えても全く状況が好転しないというこの有様。……やはり使い勝手が良くないですな、このフィギュア ( ゚д゚)、ペッ
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメントの投稿

非公開コメント

No title

怪獣が退いた後、彼女がどうなってるか見物ですな。
…え? 間一髪テレポーテーションで危機を脱していたですと?
NANASIさん、そりゃないっすよー(ノ-_-)ノ ~┻━┻

>にゃん 様

ご感想を頂き、ありがとうござます。

ううむ、実はこの後の展開はどうしようかと悩んでおりました (。_。;)。
直前でテレポーテーションってのは良さそうですね! よし、それで行

o(メ`□´)=○)゚ロ゚)ゲフゥ

これは重い(゚A゚;)

見るからに重量感満点の怪獣ですねー。1枚目のインパクトも凄い!
パワー型(な気がする)のユリアとの激突はピッタリだと思いますが、さすがに重すぎるようですね。でも、こういう由緒正しい怪獣バトルってのも良いですね。特に4枚目は普通にウルトラヒロインしていてカッコイイです。

個人的には怪獣の超級ボディプレスを食らって絶体絶命かと思いきや、ググググッと怪獣を持ち上げて引っ繰り返すユリアを見てみたいなぁ。(*´▽`*)

No title

やっぱりユリアが一番好きですね。
格闘主体の戦いと筋肉ボディがより一層かっこいいです。

今までゴツめの怪獣と真っ向からぶつかって力負けしてる印象が強いので、
個人的に卑劣な宇宙人をユリアのパワーでねじ伏せる場面とか見てみたいですね。

この体格差

ユリちん真向勝負でかないっこないでしょw 巨体を利したプレス攻撃とは、外見によらずなかなかクレバーだし。じっくり考えてかからなくちゃ~ でもカワイイ(どっちが?w)

ご感想を頂き、ありがとうございます

>マキシモ 様

ご感想を頂き、ありがとうございます。

私もユリアはパワー型(赤いってだけですが……)だと思っておりましたので、パワー対決みたいシーンだと迫力出せそうな気がします……今回はパワーというか重量ですが (・_・;)。

この次の展開は……どうしましょう(゚Д゚;)?  個人的には実はテレポーテーションで、という展開に大いに惹かれてい

ウボァ((゚o゚#( c=(・ェ・o)

>okuyamakenji 様

ご感想を頂き、ありがとうございます。

やはり巨大特撮モノの華は格闘戦にあると思いますので、格闘主体のシーンがお気に召して頂ければ幸いです (・∀・)。

勝利シーンがあった方が良いとは思っておりますので、相手をウルトラレディのパワーでねじ伏せちゃうシーンっても良さそうですね。……でも、ピンチシーンを妄想してばかりいる内に、勝利シーンが思いつかない体になってしまいました (゚д゚;)。悪い奴をねじ伏せる場面……うーん、どんな風にしたらいいんでしょう?

>kuro 様

ご感想を頂き、ありがとうございます。

カワイイのはもちろんDorpodonですよ (・∀・)。まん丸い体に短い手脚の組み合わせと大きな目がぷりてぃーです。この大きな体の重量感をもっとうまく表現できたら良かったのですが……なかなかうまくいきません。いつもの事ですが (T_T)
検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

NANASI

Author:NANASI
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR