FC2ブログ

吸い尽くす



 巨大な昆虫型の怪獣と戦うウルトラレディ・ソフィア。だが、それは彼女をおびき出す罠であった。怪獣の長い腕がウルトラレディに組み付いてくるのと同時に、姿を現した三体のダダが動きの止まったソフィアに襲いかかる……
Thin(1).jpg

 怪獣の腕をふりほどいたソフィアに、ダダ達は攻撃を集中させた。ダダが放つビームが銀色の肌に命中するたびに、激しくスパークが飛ぶ。ソフィアは両腕を掲げて防御の姿勢を取った。ビームの威力は小さく、ソフィアにとっては針で突かれた程度のダメージしかない。だが、三方向から間断なく放たれる攻撃に身動きがとれない。その彼女の背後から、体勢を立て直した怪獣が近づいてきた。

Thin(2).jpg

 ガシィッ!
『くうっ!』
 ダダの攻撃によって動きの止まったウルトラレディの背後から近づいた怪獣は、彼女の胴に両腕を回し背後から抱きかかえるように彼女を捕らえた。怪獣の腕に両手をかけて引きはがそうとするソフィアの頭上で、怪獣の大きく開いた口から長い触手が勢いよくくねり出てきた。

Thin(3).jpg

 ズブゥッ!
『う、あ……な、なに……』
 怪獣の口から飛び出し空中で弧を描くように伸びた触手は、その勢いのままソフィアの胸のカラータイマーを貫いた。触手の先端がウルトラレディの体内を抉りながら潜り込んでゆく。ずるずると怪獣の体内から繰り出される長い触手が、激痛に震えるウルトラレディの巨体の中へと消えていった。

Thin(4).jpg

『や、やめろ……く、苦しい……うあああっ』
 ウルトラレディの体内に潜り込んだ触手が、ぶるぶると震え始めた。傷口からぷしゅっぷしゅっと間欠的に透明な液体の飛沫が飛び散る。怪獣はウルトラレディの体内に突き刺した触手を使って、彼女の体液を吸い上げ始めたのだ。凄まじい勢いで全身の体液を吸い上げられる激痛に、ソフィアの巨体が激しく震える。逃れようともがくウルトラレディの抵抗を無視し、怪獣は獲物の体を抱き寄せると体液を吸いとり続ける。

Thin(5).jpg

 数十秒のうちに、怪獣は数千リットルもの体液を吸い上げていた。そしてさらにウルトラレディの体液を吸い取り続ける。逞しかったウルトラレディの全身から力感が失われ、今や巨体が一回りしぼんだようにさえ見えた。ソフィアの両腕が力を失い、がくりと下に垂れた。傷口から漏れる体液の流れも滴るばかりになっている。怪獣が残された体液を吸い上げる不気味な音と、ダダ達の勝ち誇った笑いが戦場に響き渡る……
ううむ。なんだかCGを作成する気力が湧かない今日この頃です。というわけで、随分以前に作成してお蔵入りにした画を引っ張り出してくる事にしました。

今回のテーマは「げっそり(ヽ´ω`)」です。

この画を作成する前(随分以前です)に、にゃん様のサイトで「エネルギーを吸い尽くされてげっそりしちゃう」というシチュエーションの作品を拝見し、「きゅぴーん! 閃いた! これからの時代は”げっそり女子”の時代だ!」と思ったのですが……

設定が悪いのか、全然げっそりしているように見えませんでした (ToT)。以下の様に同じアングル同じポーズの画を左右に並べてみれば、それなりにげっそりしているのがお分かり頂けると思うのですが、そうでないとチンプンカンプン。

Thin(ex).jpg

六枚も画を作ったのに肝心のげっそり女子(仮称)がこれでは……という次第で全部お蔵入りにしてしまいました。むー。何がいけなかったのでしょう(゚Д゚;)?

スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

これは強烈(゚A゚;)

げっそりしているの分かりますよ。特にソフィア隊長は体格が大きいのでげっそりが際だちますね。個人的に手が筋張っているのが凄いと思いました。そんなところまで調節できるんだ…(゚A゚;)

これ以上ペラペラやシワシワまで行くと、私の守備範囲から外れそうなので、これぐらいのピンチが好みです。

でも、冷静に見ると4枚目の時点でかなり衝撃的な画ですよね。しかもタイマーを破壊された上で体内に触手を差し込まれて体液を吸われるって…かなりえげつない攻撃だ…(゚A゚;)

あ、口じゃなかったw

長いにょろーんが背後から襲うカットで、絶対隊長のお口処女が奪われると思ったのに…でもダメージはこっちの方が大きいですよね。彼女らのタイマーの役割や構造はともかく、身体にあんな大穴開けられちゃ大問題でしょ~☆ 

No title

これが噂のダダ式ダイエット法(違
Aiko4はよく知りませんが3だとボディのモーフでほとんどミイラ状態にまでできますよね、やってみて二度と使うまいと後悔する代物でしたがw これを生理的不快感を残さずに表現するには結局新マンのぺったんこピンチに行き着くのかないのかも…(多岐にわたるリョナラー系サイトでもミイラ化萌えの人は流石に見かけない感w

No title

私の大好きなエネルギー吸引シチュだー
カラータイマーもいいけど豊満な体がしぼんでいくさまも
ウルトラ戦士ならではのヒロピンでいいですよね

ご感想をいただき、ありがとうございます

>マキシモ 様

ご感想を頂き、ありがとうござます。

フィギュアに設定された「痩せ衰える」というパラメータを操作してみたのですが、げっそりして見えたのでしたら幸いです (・∀・)。

私もぺらぺらまでいくのはどうかと思ったので、パラメータの適用は最大値の50%程度に止めたのですが、フルパワーで適用したらどうなるのでしょう? 試してみるべきだったかもしれません(゚A゚;)ゴクリ

体液を吸い取るというシチュでしたので牙を突き刺してちゅー、でも良かったのですが、触手をホースのように突っ込んで(・∀・)ムヒヒ という形にしました。こちらの方が大量に吸っちゃうという感じが出ると思ったのですが……突っ込みどころも増えてしまったような気がします (・_・;A)

>kuro 様

ご感想を頂き、ありがとうござます。

口に入れるのは(ナニを入れるのであれ)案外に難しかったりします。”穴”が小さい事に加え、姿勢変更の度に頭部の位置を変更しなければならない為、毎回触手の操作も必要になる……という次第でお口に(・∀・)ムヒヒ というシチュは難易度が高そうです。とりあえず、カラータイマーシチュで我慢(?)することにいたします。

>MFJ 様

ご感想を頂き、ありがとうござます。

むむむっ。げっそり女子は未来のトレンドではなかった、というのでしょうか Σ(゚д゚;)ソンナバカナ

ぺったんこだとピンチと言うよりも、どうもコメディっぽくなってしまうような気がします。不快感を与えずに『体液を吸い尽くされた感』を出す方法が何かないものでしょうか (゚Д゚)?

>石肉 様

ご感想を頂き、ありがとうござます。

エネルギー吸引シチュは私も大好きなので、エネルその様子が外見からも分かる様に徐々に体がしぼんでゆく、という様なシーンを表現できたら面白いと思うのですが……今回の試みでげっそり具合がどうも分かり難い、という事が判明してしまいました。
吸引シチュになにかこう、一捻りを加えてもっとステキにしたいと思うのですが、なかなか難しいです( ´Д`)=3

ああっ、はみちちたんが在庫処分か!?

心の中の、はみちちキャラ、ソフィア女史が、彼岸に旅立たれてしまいました。(ふえーん:涙)

取っ組み合いのたびに、怪獣と自分との体の間に挟まったムネ肉が、ふにゅんふにゅんと横チチする(脳内再生)ことは、もうないのです。ぐすん。....

段落。

今回は、ムネのクリスタル、ばっきゅーんのトラウマシチュエーション。動画で、ミイラ化するところを見たら、衝撃映像化しそうな感じがします。

3Dアカデミー賞があれば、ホラー部門に出品できるかもですね。

ああ、おいらのハミチチたんが....

と、追悼の辞を述べたところで。

---閑話休題。

>ぺったんこだとピンチと言うよりも、どうもコメディっぽく
>なってしまうような気がします。
>不快感を与えずに『体液を吸い尽くされた感』を
>出す方法が何かないものでしょうか (゚Д゚)?

フィギュアに実装されたコマンドだと全身に影響があるので、たいへんなのかもですね。

不快感の根底にあるのは「死相」にあるとすると、「死相」を連想しない程度に、吸い尽くされるには、たぶん。

(1)少しうつぶせ気味の体位で、下向きになったムネの形状を平たく、ピラピラにする(高齢者のような感じ)

(2)鎖骨と首筋の骨格を浮き出させる。

(3)表情を痩せこけさせ。肋骨と腹筋を浮きだたせる。

いわば、皮下脂肪をイメージして、脂肪だけ取ってみるという感じかな。それこそ、先の方のコメント、だだ式ダイエットの奥義かもですね。

こちらのお相手さまの減量中の姿と重なりました。減量中を再現すれば、不快感が無いかもです。

3Dのフィギュアって、部分的に変更、変形できたりするんでしょうか。難易度、高そうです。骨格の考察も要りますし、筋肉の配置も考えないと。ちょっと難しい。この場合、おムネねを、ゆさゆさ。たゆんたゆん。させる方が簡単かもです。

結末は、
「ああっ、ムネが」
「なんてこと、しやがんだ、この怪獣」
「ダダっ!、生かしちゃおかねえ」「マチやがれっ」
みたいに、
あっ。結局、コメデイか...う~ん(悩み)。

いつも、感想ばっかりで、すみません。

>引込線入信(いれしん)前で停車 様

ご感想を頂き、ありがとうござます。

基本的に私が作成するエピソードは一話ずつ独立しているので、ヒロインの末路についてはあまり細かい事は考えずに。ふにゅんふにゅんして頂ければと思います (^_^;)

げっそり女子設定のアドヴァイス、ありがとうござます。ただ、基本的にフィギュアの各部に設定されたパラメータを操作する事で体型を変化させているので、あまり細かい修正は出来ないようです。パラメータが設定されていない箇所は、思い通りに修正が出来ないわけです。むむむ。げっそり女子の道は厳しく長い道のりなのです。

No title

良いですねぇ。カラータイマー責め!
カラータイマーが点滅していれば尚良し!
これをシエラで再現して下さい。
検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

NANASI

Author:NANASI
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR