FC2ブログ

宇宙艇救助命令(2)



 背後の気配を感じて振り向いたウルトラレディの眼前で、怪獣の両眼が眩い閃光を発した。何百個ものフラッシュを同時に焚いたかのような強烈な閃光が、至近距離からウルトラレディの顔面に浴びせられる。とっさに顔を覆うエリアスだったが、彼女の視界は眩い光に塗りつぶされてしまった……

Keylla(7).jpg

(ああっ! め、眼が……っ!)
 エリアスは両目に激痛を覚え、地面に両膝を落とした。両目を怪獣の閃光に灼かれた激痛は凄まじく、目を開けることさえ出来ない。両手で顔を抑えて悶絶するウルトラレディに、背後から怪獣がゆっくりと近づいてくる。

Keylla(8).jpg

 ガシィッ!
(う……うぅ!)
 怪獣は激痛に苦しむウルトラレディの首を脇に抱えるようにその腕を回すと、無理やりエリアスの巨体を地面から引きずり上げた。ほとんど周囲を見ることも出来ないウルトラレディは、怪獣になされるがまま、地面の上を引きずられてしまう。

Keylla(10)Punch.jpg

 ドガッ! バキィッ!
『ぐはっ! ああっ!』
 鋭いツメの生えた怪獣の両腕が、ウルトラレディを背後から殴りつけた。全く防御も出来ず、攻撃を受けたウルトラレディの巨体が揺らぐ。両目が見えないエリアスには、何処から攻撃を受けたのかさえ分からないのだった。

Keylla(9).jpg

『くっ! ど、どこっ! 何処にいるの!?』
 エリアスは瞼をこじ開けるようにして、霞む眼を周囲に走らせる。だが、彼女の眼にはあらゆるものが滲んだ靄のようにしか見えない。左右に慌ただしく身体を向けて必死に気配を伺うウルトラレディの背後から、怪獣は悠々と近づいてゆく……
むむむ。5枚も画があるのに、なんだか見せ場のない記事になってしまいました (;´Д`)

正直なところ、怪獣キーラの「ポイント」というと、「眼がピカッと光る」と「しっぽが可愛い」位しかないような気がするんですよね。あと男の背中でスペシウム光線を跳ね返す、というのもありますが、それはまた別の機会にしようかな、と思っていたのです(枚数が多くなるので)。

という次第で、今回は一枚目の「ピカ━(゚∀゚)━!」のシーン以外は、どうにも派手さを欠いているような気がします。

もちろん、怪獣とヒロインの泥臭い肉弾戦というのも良い(むしろステキ)とは思うのですが、それを表現しようとするとどうしても枚数が増えてしまい、それはそれで冗漫な感じにならないかなぁ、という心配もあるのです。はて、どうしたもんでしょう (゚Д゚)?
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

No title

「ダメだエリアス! 目で見ちゃダメだ!」 「そうだ心を落ち着けて気配を感じるのだ!」 そんな事急に言われても出来ません・・・。
3枚目のキーラが左拳を構えたと思ったら、4枚目では左裏拳だったんですね・・・。
流石キーラ、侮れねえや。(^-^)

めっちゃ光った!(*△*)

これは眩しい!ここからやりたい放題じゃないですか。相手が巨大ヒロイン故に俄然盛り上がる展開です。

3枚目を見るとキーラって結構大きいですねー。この体格差でくるんくるん投げをキメたエリアスもすごい!こういう取っ組み合いバトルも巨大ヒロピンとして楽しいです。そして最後の画は色々期待してしまいますねぇ。このエリアスの美しい無防備な背後ってたまりませんよね。私ならもちろんここから…

(@▽@(つA⊂)ダーレダ?

ってやります。あ、でもちょっと手元が狂うかもしれません。くるんくるんされた後ですからね。仕方ないですよね。(・ω・)

ご感想をいただき、ありがとうございます

>なかカジ 様

ご感想をいただき、ありがとうございます。

心の眼で見るのじゃ ( ゚д゚ )クワッ!! とか、老師(ダレ?)が言い出すシーンですね。どうしてああいうシーンで、主人公が「アホぬかせ (# ゚Д゚)」と反論しないのか、どうにも不思議でしょうがないのですが。

キーラさんの攻撃は確かに裏拳に見えますね……きっと、老師(ダレ?)のもとで厳しい修行を積んで、数々の技を習得したのでしょう (゚∀゚;)。

>マキシモ 様

ご感想をいただき、ありがとうございます。

キーラのフィギュアは最初のサイズ設定のまま使用しているのですが、エリアスとだいぶ体格差が生じてしまいました。すごく・・・大きいです・・・。ちょっと取っ組み合わせるのが難しいですね。サイズを小さくすればよかったと、今更に思ったりしております。

(つA⊂)ダーレダ? は、余りにも危険な技なのです(# ゚皿゚)q それはもう私のトラウマになってるくらい、危険な技なのです! 昔、中学生の頃、相手が友人だと思って背後からダーレダ? をしたら、それが全然知らない人で(実話)という、恐ろしい事故を招きかねないのです!

なので、この技は禁断の技として私が勝手に封印しております。ああ、あの時の気まずさを思い出してしまった…(;´Д`)ウウッ…

トラウマえぐっちゃいそうでスミマセンがw

キーラの魅力はもう一つ、あの馬鹿でかい掌にあると思うのですよワタクシ☆ あんなもんでダーレダされたら、目を隠す以前に頭をまるごと掴まれてしまうわけで。そのまま掴みあげられたり締め上げられたら、エリちゃんといえども手も足も出なくなると思うわけで~。なのでサイズ違いは無問題どころか全然おっけーおっけー♫。あ、いえ別に、ワタクシの微妙な性癖“ヒロイン顔面鷲掴み”から来る発言ではありませんヨ。そればっかりではありませんヨ~…(フェードアウト)

No title

泥臭い肉弾戦、ステキじゃないですか。枚数が増えてしまうのは、ウルトラレディ達のお姿がたくさん見れて、むしろ歓迎です。NANASIさんは大変かもしれませんが。
体格差があるのも良いですねぇ。エリアス嬢の不利な感じが増して、萌えます。(ドS顔)

最後は、このセリフで締めましょう。
「エリアスーっ!うしろーっ!」

ご感想をいただき、ありがとうございます

>kuro 様

ご感想をいただき、ありがとうございます。

キーラは体全体が大きいデザインなので、エリアスと絡ませると、どうしてもキーラの身体にエリアスの体がめり込む結果になってしまうのですが……確かに掌つかみシチュ(仮名)には逆に有利なデザインかもしれません ( ゚д゚)!

という次第で、早速掌つかみシチュ(仮名)に挑戦してみることにしました。素敵なアイデアをありがとうございました m(__)m ただ、このシチュは私のトラウマをかなり抉りそうな気もいたします…(;´Д`)ウウッ…

>素人 様

ご感想をいただき、ありがとうございます。

体格差シチュ(?)は私も好きなのですが、問題は実際に画を作成する段になると、色々と難点が生じる難易度の高いシチュエーションであるようにも思います。

体格差シチュの旨味(??)を最大限に引き出すのは、やはり両者の肉弾戦だと思うのですが、体格差が有るとどうしても身体がめり込むという問題が起こりがちなのです。それを解消する為に両者の距離をあけてしまうと、今度はなんだかマヌケな画になりがちで……。大きな相手にウルトラレディがブラ━(゚∀゚)━ンとぶら下がっているような画になってしまうのです。

うーむむ。肉弾戦にはどうにも解決するべき問題が多くて困ります……大好きなのに (゚∀゚)

二枚目と四枚目!

二枚目と四枚目!が傑作。
四枚目は
二枚目のカラータイマーの美しい輝きが欲しい。
検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

NANASI

Author:NANASI
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR