FC2ブログ

茸(3)



「ごほっ! がはっ! な、なにこれ。か、身体が痺れ……動け……」
 顔面に浴びせられたガスを大量に吸い込んでしまったウルトラレディの全身から、力が抜けてゆく。とどめを刺すチャンスにも関わらず、怪獣はウルトラレディの身体を離してしまった。麻痺した身体を引きずるように怪獣から離れるユリアの背後で、怪獣の巨体が支えを失ったように崩れ落ちた。その背中に開いた大きな穴から、大きな笠を持つ生き物が這い出してきた……

Mushroom(12).jpg

 地面に両手足をついて荒く呼吸をするウルトラレディの背後に、不意にずしりと重みがのしかかった。怪獣の体内から這い出した別の怪獣が触手をユリアの身体に絡めながら、背中に這い上がってきたのだ。身体が麻痺して動けないウルトラレディの身体の上を我が物顔で這いまわると、茸に似たその怪獣はユリアの身体に細い触手の鋭い先端を突き刺した。鋭い痛みに呻くウルトラレディの皮膚の下に、突き刺さった触手を中心にして細い線のようなものが拡がってゆく。

Mushroom(13).jpg

 全身に走る鋭い痛みにウルトラレディは悲鳴を上げた。体内を異物が動きまわるのを感じる。怪獣の一部が身体の中に侵入を始めたのだ。身体に走る細い線状の盛り上がりは、根のように枝分かれしながら目に見える速度でユリアの身体を覆ってゆく。ユリアは激痛を堪えながら身体を起こすと、両腕を背後に回し、背中に貼り付いた怪獣を掴もうとした。
『ええっ!? か、身体が動かないっ……ま、まさか、この怪獣が……』
 ウルトラレディは両腕を動かすことが出来なかった。麻痺しているのではなく、動かそうと念じても腕だけが怪獣に近づくことを拒否するようにぴくりともしない。両腕に浮きだした線状の畝が、ユリアの焦りを嘲るようにぴくぴくと動いていた。

Mushroom(14).jpg

『だ、駄目、か、身体が勝手に……』
 ウルトラレディはぎくしゃくとした動きで両腕を下ろすと、今度はぎこちない動きで両足を開き、地面を這って近づいてくる第三の怪獣を自ら受け入れる姿勢をとった。最初の怪獣の体内から新たに現れたその小型の怪獣は、ウルトラレディの両足の間から彼女の体内に侵入しようと、ゆっくりと近づいてくる。ユリアはそれを恐怖の目で見つめることしか出来なかった。彼女の全身は、既に別の意思にコントロールされているのだった。
『そ、そうか……この怪獣、あの巨大キノコの仲間なの……』
 自分を体内から操る怪獣の意思に必死に抗いつつ、ユリアは街の地下から出現したあの巨大な茸の事を思い出していた。この茸型の怪獣たちは他の怪獣に寄生して、宿主を食い荒らす寄生生物だったのだ。あの巨大な茸は、この怪獣たちの「親」に当たるに違いない。
 ユリアの視界の隅に、体に寄生怪獣が這い出した大穴を開け、抜け殻となった最初の怪獣の姿が見えた。最初から茸型怪獣に体内を食いつくされ、操られていたのだ。ウルトラレディの巨体が恐怖と苦痛に震えた。このままでは自分もあの怪獣と同じように、体内から食いつくされてしまう……
あーうーあー。今回は文章が長いです。やはり、寄生生物シチュを画像だけで表現するのは無理がありました (´Д⊂ヽ

画像で表現するのが難しいので、文章で誤魔化そうとするもこれがまた下手で、それを誤魔化そうとしてさらに文章が長くなる……という負のスパイラルに陥ってしまいました。 ショッギョ・ムッジョ。

更に付け加えると、一番最初に登場したあの巨大キノコ、自分で登場させておきながら、アレが何なのか全く考えていなかったことに最後の最後になって気が付きました。今回の怪獣の参考にしたウルトラマンネオスのエピソードでこんなシーンが有った為、真似をしてみたのですが、その後の展開が全く違う為に前後がつながらなくなってしまったのです (;´Д`)

あのキノコは、えーと、きっと未来への希望とか人類の進歩と発展、万国平和なんかを物語の中で象徴するシンボルなのでしょう。きっとそうです。そういうことにします(*´▽`*)
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメントの投稿

非公開コメント

No title

キノコ<あててんのよ!

こういうパワーを生かせずに好き勝手蹂躙されちゃうのがユリアさんの泣き所っぽいですよね。

今の所全廃のユリアさん、いつか勝てるのか!?
……やっぱりずっとピンチでいてほしいです。(下衆)

No title

これ続きますか?(゚o゚;
ぜひ苗床となった彼女が見たい。|゚Д゚)))

ご感想をいただき、ありがとうございます

>ななし 様

ご感想をいただき、ありがとうございます。

( ゚д゚)ハッ! 確かにこのポーズではユリアの背中にキノコの胸が当たっていますね。まあいやらしい(*´艸`*)

パワーが生かせずに……というのは、なんだかユリアにかぎらず毎度のパターンという気もいたします(´Д⊂ヽ もうちょっと新しいパターンを開発する必要がありそうですね (;´д`)トホホ…

そ、それとですね、ユリアさんは毎回ちゃんと勝利しているのですヨ。ただ、そこまで描いていないだけなのですヨ。ホントデスヨ。

>なかカジ 様

ご感想をいただき、ありがとうございます。

このストーリーは今回で終わりとさせて頂きたいと思います……この続きをどうすればよいのかわからないので (A;´Д`)

加えて、今回使用した茸の根っこ(??)表現は箇所によっては凸ではなく凹に見えるという難点があり、相当な改良が必要なようです (・_・;)。いや、実は亀裂を表現するPhotoshopのブラシを使用したので、凹に見えるのは当然なのですが……。いずれにせよ、キノコの道は奥が深くまだまだ私の手には負えないようであります。苗床シチュをやる時は、キノコ道を深めた上で改めて再挑戦したいと思います。

No title

おや・・・これは体からキノコが生えちゃって操られるままに擦り続ける展開なのでは!

珍しい☆

キノコとタコの合いのコかしらん…あまり見た事の無いタイプのキノコ怪獣ですなあ。ユリちゃんの背中に這い上がる様はなかなかにラブリーでイイですぞ~

ご感想をいただき、ありがとうございます

>匿名 様

ご感想をいただき、ありがとうございます。

股間から茸が生えてくる(・∀・)ヒッヒッ というのは、以前に挑戦して……ぱっとしない結果になったので今回は諦めました (・д・)チッ。残念。なかなかそれ用の良いフィギュアが見つからないのです……茸のフィギュアですよ、私が探しているのは (゚Д゚)?

>kuro 様

ご感想をいただき、ありがとうございます。

茸だけだとどうしても怪獣に見えないので、怪獣といえば触手(・∀・) という世間の一般常識に従って触手をくっつけてみました。割とうまく行ったように思います……うーん、でもこれなら寄生シチュなどせずに、最初からこういう怪獣を登場させればよかったような気もしてきました (゚Д゚;)

キノコが可愛い(゚∀゚;A)

前回のドヤ顔で立ち去ろうとするユリアから一転しての大ピンチがいいですねー。キノコも寄生生物ぽく見えてさすがです。2枚目なんて完全に生きて動いてますよこのキノコ。でも怪獣に空いた大穴はシャレにならぬ…ヾ(゚□゚;)ノ

最後は自慢の角がポロッと落ちて、そこからキノコが生えてくるとか?案外意識はそのままでむしろパワーアップしちゃったりして。もうそうなったら次回から番組名はウルトラキノコユリアになっちゃいますね。(゚∀゚;A)

>マキシモ 様

ご感想をいただき、ありがとうございます。

怪獣の身体に開いた穴の位置と大きさが毎回違うような気がするのですが、きっと目の錯覚だと思います。人間の目は不思議なものですね(棒)

角がとれて代わりにキノコが生える? それを想像してみると……カッコいい(・∀・)!  またひとり、新しいヒロインが登場しそうな予感がいたします (*゚ー゚*)
検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

NANASI

Author:NANASI
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR