FC2ブログ

番外編:二大怪獣、ソフィアに迫る



 二大怪獣を前に死闘を続けるウルトラレディ・ソフィア。だが、二体の怪獣の猛攻にさらされ、遂にエネルギーが尽きてしまう。夕陽の中、傷だらけの巨体が地面に崩れ落ちる。バードンが勝ち誇り奇声を発する中、芋虫型の怪獣は倒れたソフィアに背後から伸し掛かっていった。身体の下から伸ばした針の様な器官をウルトラレディの下半身に突き刺そうとする。
(く……こ、この怪獣……私に…卵を産み付ける…気なのか…っ)
 背後から伸し掛かる軟体怪獣のぶよぶよとした巨体の感触、そして下半身に深く潜り込んでゆく鋭い針の激痛。エネルギーの尽きたソフィアは、ただ苦悶と屈辱に喘ぐことしか出来ない……
SunsetSunran2.jpg

「ああっ! そ、そんな……ウルトラレディが……」
 戦場の上空を旋回するヘリコプターの中から隊員達が見下ろしているのは、戦いが終わった後の光景だった。傷だらけの銀の戦士は、二体の巨大な怪獣に前後から挟まれ一方的に蹂躙されていた。背後から襲いかかる芋虫型怪獣はウルトラレディの腰から背中まで覆いかぶさり、ぶるぶるとその軟体を震わせている。そしてバードンはソフィアの頭を両腕で押さえつけると、自分の下半身に彼女の頭部を押し付けていた。
 二体の怪獣が前後からウルトラレディを攻め立てる度に、巨体が苦しそうに震える。二大怪獣の攻撃を為す術もなく受け続ける巨大な戦士の姿を、隊員たちは見下ろすことしか出来なかった……
むむむ。今回は事前の警告もなく、えちぃ感じの展開になってしまいました。ヒロピンとえちぃは厳密に言えば別個のもの(だと思う)なので、事前に『えちぃ有』と警告のメッセージを表示するべきでした。突然のえちぃシーンにご不快を感じられた方には、心よりお詫び申し上げます。

フヒヒ、サーセンwww

さて、誠心と誠意を込めた謝罪が終わりましたので、一応説明をさせて頂きます。今回の番外編は、『二大怪獣、ソフィアに迫る』とは直接つながりのない独立した「番外編」としてご理解下さい。なんだそりゃ(゚Д゚)?、とお思いでしょうが、そうなのです。ハイ。

要するにバードンでえちぃシチュをするとしたら、どんな感じになるのかなぁ(´∀`*)ウフフ と思い、試してみたのです。

結論:無理

バードンは鳥(?)なので大きな卵を産む(たぶん)、という以前に胴体が大きすぎてどうやっても、そのー、あのー、そういう風にならないのです (・д・)チッ。残念無念ではありますが、これが鳥類の限界なのでしょう。

なお、1枚目の画はPixivにアップロードさせて頂いた画に似ておりますが、実は画像の明るさが少し違うのです。だから別の作品なのです。手抜きではないのです。画像の明るさが違うと、印象が色々と違ってくるものなのです。陰影がナントカで、光と影を抱きしめたままなのです。ホントナノデス (;゚Д゚)y-~~
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメントの投稿

非公開コメント

予想外のエンドですね。

ソフィア何かくわえてますけど・・・・・。
まさかっ、そんなっ(_Д_)
最強戦士にくわえさせたモノって、バードンさん何でしょうね(笑)。
嘴で惨殺されないシチュも新鮮です。

ダチョウの雄は立派な…それは立派なモノを持っているみたいですよ(  ̄▽ ̄)

ストレートにえちぃシチュもやっぱり良いですね!(*≧∀≦*)

もっと!
もっとエロスを!!( え)

ご感想をいただき、ありがとうございます

>なかカジ 様

ご感想をいただき、ありがとうございます。

くわえさせたモノ? はて、なんでしょう? ぼくにはけんとうもつきません(棒)

でもきっとそれは、夢や希望が詰まった甘酸っぱい味がするものなのでしょう(´∀`*)ウフフ

>三神峰 様

ご感想をいただき、ありがとうございます。

不勉強につきダチョウ学の知識がありませんでしたが、ご教授のお陰でまた一つ賢くなってしまいました (・∀・)

個人的にはストレートなえちぃよりも、えちぃ要素のあるヒロピンシチュ、みたいなものを目指しているのですが……それが具体的にどんなものなのやら自分でもさっぱり見当がつかない状態です。……もうストレートでいいかな、という気もしてきた今日此頃です。

報われて良かった

1枚目だけだとやっぱりバードンさんが可哀想ですもんね。
隊長がくわえているのはもしかしたら産卵管なのかも?
これが何であれ、隊長はそれほど嫌がっていない感じがするので、
まだ一発逆転があるようにも見えます。(゚∀゚)

No title

ブラヴォー!おぉ・・・ブラヴォー!
ソフィア隊長を奪い合う事無く仲良くとは・・・
妙な住み分けが出来てる、面白いです!

(ソフィア隊長の大事なトコロに嘴ブッスリとか妄想しておりましたw

まさかの展開

今までで、一番興奮してます。次回も、これからも楽しみです

ご感想をいただき、ありがとうございます

>マキシモ 様

ご感想をいただき、ありがとうございます。

2枚ではバードンさんも芋虫さんも幸せになって、みんなが大満足の結果になりました。一人抜けているような気がしますが、気にしないことにします (゚∀゚)

>jolkin 様

ご感想をいただき、ありがとうございます。

バードンは身体が大きいので、前の記事にも書いたように思うように、思うように嘴ぶっすりが出来ないのです。残念。この問題が解決できれば、いろいろな所に嘴をさせるのですが(´∀`*)ウフフ

>よしだ 様

コメントを頂き、有難うございました。

素敵シチュを構想するのが中々に難しいですが、勉強を続けていこうと思います m(_ _)m

どうしてなかなか☆

堂に入った咥え方で、隊長w
この実況を見た部下たちの反応が気になる所です~♫
「きゃっ!」とか、「隊長になんてことするんだ!」とか、「…な、なにやってるんですたいちょおおおお!」とかとか?w
そしておんぶしてるようなイモムーに萌え萌え♫

No title

鳥類の生殖方法は哺乳類と大して変わらないそうで、このバードンはソフィア隊長で性処理しているため、彼女を雌と認識しているようですね。
さらには純粋な生殖ではなく口で奉仕させているあたり、知能の高さもうかがえます。

というわけで、芋虫が苗床にした後は、奴隷として連れ帰ったらいいんじゃない?
途中でウルトラレディーとは子作りできないことに気づくでしょうか、性奴隷としてはそっちの方が都合がよいかもね!

No title

連投になって申し訳ありません、↑の補足です。

基本的にフェラより挿入の方が好きなのですが、今までの敵が生殖とか寄生が目的だったことを考えると、
今回初めて性処理として使われてしまったわけで、「ついにウルトラレディーがレイプされてしまった!」という背徳感があって非常によいですね~

生殖とかが目的だと、レイプってよりも純粋な種の保存のための行動にも思えますので。

ご感想をいただき、ありがとうございます

>kuro 様

ご感想をいただき、ありがとうございます。
返事が遅れてしまい、申し訳ございませんでした。現在我が家で劇的ビフォーアフター的トラブルが発生しておりまして、匠も驚愕の真実に時間を取られているのです (´Д⊂ヽ

ばいざうぇい。
とりえあず「隊長になんてことするんだ!」的展開に一票を入れさせて頂こうと思います。あとイモムーはもうちょっと交尾しているようにみえるよう努力したかったのですが、そもそも幼虫は生殖行動をしないという事実にようやく気がついた今日此頃です。

>飲マスク 様

ご感想をいただき、ありがとうございます。

巨大ヒロインものでえちぃシチュを作成する際、個人的には生殖以外のえちぃにはある種の問題点があるような気がするのです。

つまり今回の例で言うと、バードン(鳥)はウルトラレディ(人間型)を見て(´∀`*)ムフフ と感じるものなのでしょうか? 逆に考えてみると、鳥を見て(´∀`*)ムフフ と感じる人は余りいないのではないではないかと思うのです(いるらしいですけど)。

だったら産卵とか寄生とかも同じだろ (゚Д゚)?、というご意見もありましょうが、こうした行動は純粋な本能的行動で情緒的なものを伴わないので、不思議な生態の怪獣であることを考えあわせれば、より有りうることのように思えるのです………別に私が産卵シチュが好きだからではありませんよ! これは特撮世界にリアリティやインテグリティを与え、ダンサブルでリーズナブルな世界観を構築しようという芸術的努力なのです(; ゚皿゚)q ホントウナノデス。

No title

強くてステキな隊長がナニをアレするステキ画像!!
屈辱の中、身悶えする隊長っっっ!!!

モズのはやにえのように、バードンさんがアレをナニする生態だったとしても不思議ではないのでは?

>ヒンデンブルグ三世号 様

ご感想をいただき、ありがとうございます。

百舌の速贄というと、獲物を枝に突き刺してしばらく放置するというアレですね……バードンの場合はアレをナニにコレして、そのままにしちゃうとか……(゚A゚;)ゴクリ しかしバードンさんのアレはサイズ的に……いや、嘴をナニにコレすればあるいは……むむむっ。夢が膨らみますね ( ´∀`)
検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

NANASI

Author:NANASI
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR