FC2ブログ

二大怪獣、ソフィアに迫る(3)



 渾身の力で両腕に絡まった糸を引きちぎると、ソフィアは素早く横に飛び退り、二体の怪獣と距離を取った。炎に焼かれた苦痛をこらえながら、激しく点滅する胸のカラータイマーをおさえる。ふいごのように荒い呼吸と消え入りそうな胸の点滅が、彼女の僅かな残り時間を示していた……
BirdonVsSophia(9).jpg

(くっ……残り時間が少ないか……だが、私がここで敗れるわけには……)
 全身に受けた傷とエネルギーの急速な消耗による激しい脱力感に耐えながら、ソフィアは残された力を振り絞って立ち上がった。強靭な両脚がかすかによろめきながら、地面を踏みしめる。だが、その背後で怪獣が新たな攻撃に入ろうとしていた。

BirdonVsSophia(10).jpg

 ドガァッ!
『ぐはっ!』
 芋虫型怪獣は身体を団子のように丸めると、全身を回転させて突進した。消耗したウルトラレディの背中に、数万トンの怪獣の重量が勢い良くぶち当たる。全身を走る衝撃に、ソフィアは突き飛ばされるように前に倒れこんだ。

BirdonVsSophia(11).jpg

『う……くぅ……』
 前後の怪獣から続けざまに強烈な攻撃を受け、ソフィアの体力は限界に近づいていた。ショックで朦朧とする頭を左右に振りながら、震える両腕で立ち上がろうとする。そんな無防備な姿を晒すウルトラレディの眼前で、バードンは地面を蹴って宙に舞い上がった。

BirdonVsSophia(11)2.jpg

 ズブッ……
 舞い上がったバードンは、むき出しになったウルトラレディの背中に覆いかぶさるように、勢い良く降下した。真下に向かって突き出された鋭いバードンのくちばしの先端が、舞い降りる勢いのままソフィアの背中に突き刺さる。

BirdonVsSophia(12).jpg

「!」

BirdonVsSophia(13).jpg

「がっ!……は……」
 鋼のような強靭さを誇る銀色の皮膚が突き破られ、鋭い太い嘴が筋肉組織を断ち切りながら体内深くへと突き刺さってゆく。
(だ、だめだ……ち、力が……)
 薄れ行く意識の中、ソフィアは激痛とともに体内に残されていた最後のエネルギーが失われてゆくのを感じていた……
ううううううう。バードンといえばぶっすりシチュだというのに、肝心のぶっすり表現が全くうまくいきません (´Д⊂ヽ

ぶっすりシチュに至るまでの展開をどうするか、ばかり考えていて、本来メインとなるべきぶっすりシーンがなおざりになっておりました。

どうすれば迫力のあるぶっすりシーンになるのか、あれこれと考えたのですが……どうしてもこれという表現方法やアングルを見つけることが出来なかったのです。ううーむ。やはり、このバードンシチュはまだ未熟な私には早かった、ということなのかもしれません 。゚(゚´Д`゚)゚。 もうどうしたら良いのか分からないので今回はここで打ち切り、山にこもってPhotoshopの修行をした上で、再度挑戦したいと思います (ToT)

……ところで山にこもって、私は具体的に何をすればいいんでしょう(゚∀゚)? 以前ニュースで見たのですが、私の家の近所にある山は東京スカイツリーとだいたい同じ位の高さなのだとか。ということは、話を総合すると私はスカイツリーに登ればいいってことかしら? 違うの (゚Д゚)? 
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

No title

2枚目の画の、ソフィア隊長の乳・尻・太腿! 最高です!
それと、4枚目の画で見ると、ソフィア隊長の股間には模様は何も無くて、銀色の肌が丸出しなんですね。他の画も、ソフィア隊長の身体の素晴らしさが、これでもかと見れて感激です。
素晴らしい画が見れて、ゴールデンウィークだと言うのに山ではなく家に籠っていた甲斐がありました。どれも素晴らしい。

ぶっすりシーンですか。あまりグロくなるのもなんですし、5枚目や6枚目のようなアングルで十分なのではないでしょうか。血とか体液のような飛沫があれば、らしくなるのでしょうか?自分にも解りません。
役に立たないコメントばかりで、申し訳ないです。

スカイツリーは、数日前に空いているという報道があったのですが、それを見て人が集まって逆に混んでいるかもしれませんね。
自分はいつも、逆を張ろうとして失敗しています。今年は大成功だ!(社会人として、これでいいのだろうか。)

>素人 様

ご感想をいただき、ありがとうございます。

2枚目のおしりはなかなかうまく行ったかな? と個人的には満足しております ( ´ー`)y-~~ ……おしりに集中しすぎて、肝心のぶっすりがさっぱりになってしまいましたが (;゚Д゚)y-~~

飛沫……(; ゚д゚)ハッ! その手がありましたね。アングルや刺さった箇所の表現ばかり考えていて、そうした工夫は思い付きませんでした。うう。

スカイツリーは修行(?)でなくても、一度行ってみたいなぁと思っておりました。ただ、私は東京タワーにも登った事がないのです (゜.゜; 果たしてこんな私がスカイツリーに挑んでも良いものか? ざっといずくえすちょん。

おお☆

イモムシやるじゃん♫ バードン飛ぶじゃんw そしてゾフィーも倒した必殺の嘴が! 白黒反転が実にらしくて良いです でもアングル的にビミョウだからって、次回の冒頭で「実は刺さっているように見えただけなのだ!」で起死回生ってパターンはナシね☆ 

四つ這い!!

以前、質問した時にウルトラレディの中で一番強いのはソフィアだと聞いたような気がします。
その最強であるはずのソフィアをいとも簡単に、四つん這いの脱力した姿にしてしまうとは・・・。
バードンって結構、姿形はかわいいと思うのですが、やはり強いんですね。2大怪獣万歳!!
ゾフィーとソフィアって結構名前にてますよね。バードンとな何かしらかの因縁があったりして・・・。

お尻祭り!(゚∀゚)

隊長の肉体美炸裂のエピソードですね。四つ這いになってからはバードンの動きなんて見えてませんでした。そして痛々しい背中の傷をもう少し堪能したいなぁと思ってたらグッサリ!こ、これは肉がえぐれて穴でも開いてそう。(゚A゚;)

戦いの最中で敵に無防備に背を向けるというシーンはマンネリや定番を超越した必要不可欠なシーンですが、ここの見せ方って重要ですよね。今回のように疲労困憊な後ろ姿&迫る敵の姿は100点満点で2万点です。1万9900点はお尻ポイントとか、そういうことではありませんからね。♪~(´ε`;)

ご感想をいただき、ありがとうございます

>kuro 様

ご感想をいただき、ありがとうございます。

実は刺さっていたように見えていた……こ、これはナイスアイディア! 横から見ると胴体の脇を嘴が空振りしているのが分かるわけですね(゚∀゚) ……よし、これで行こう! ( -_-)=○)゚ロ゚)アベシ

>電柱 様

ご感想をいただき、ありがとうございます。

バードンは最強の地球怪獣だそうなので、短足でもアホ毛(?)が生えていても強い怪獣なのでしょう。しかし、どうやって怪獣の強さを比較したんでしょう (゚Д゚)? 比較するほど詳細なデータを採取する余裕があったんでしょうか……

なお、『ソフィア』は『ゾフィー』のモジリのつもりだったりします。『ソフィア』のドイツ語読み(だったかな?)が、『ゾフィー』になるのです。だからなんだ? と聞かれると非常に困るのですが……

>マキシモ 様

ご感想をいただき、ありがとうございます。

ううむ、当初の意図としてはぶっすり祭りにしようと考えていたのですが、結果を見るとご指摘の通りお尻祭りになってしまいました (A;´Д`) ……いや、おしり祭りで私は一向にかまわないのですが (゚∀゚)

おしりであれ背中であれ、戦いの最中、敵の前で無防備になってしまうというシチュは、確かにステキシチュだと思います。しかし、その状態に至るまでの状況を説得力のある形で表現するのは難しい気が……。私には怪獣の前に人間が( ゚д゚)ハッ! みたいな、古典落語級の古典的シチュエーションしか思いつかなかったりしますです (´Д⊂ヽ

No title

4枚目の股間が前バリかなにかで大事なところを隠してるようにも見えるのがそそりますねw

( T_T)ヽ(´o`;

法皇の緑さんに合わせるみたいになりましたが( ̄◇ ̄;)
5枚目バードンの姿勢は不自然な感じ
飛び上げたなら逆立ち状態の急降下でよかったんじゃ
あえて独自のシュチュをとテンパり過ぎたご様子
個人的には胸ブスリを期待シテマシタ
言いたい放題お許しをm(_ _)m
おつかれ、リマスター?期待してますよ!

コメントを頂き、有難うございました

>法皇の緑 様

コメントを頂き、有難うございました。

股間の部分は脚の角度の関係なのか、妙な皺(?)が生じてしまい、ポストワークで少々修正を加えてあります。フィギュアの股間の周辺については、もう少し研究する必要がありそうです。それはもう、じっくりたっぷり研究したいですね (;゚∀゚)=3

>730 様

ご感想をいただき、ありがとうございます。

バードンの姿勢はたしかにご指摘のとおり不自然な気もするのですが、首を大きく曲げるとフィギュアの構造が破綻してしまうのです。首が胸のあたりにめり込んでしまったり……。という次第で、ある程度姿勢の設定には限界が有るのデス。

ぶっすり箇所もあれこれと検討してみたのですが、なかなか思うようなポーズが設定できませんでした。次回に挑戦する時は、また別の箇所をぶっすりしたいと思います。

(◎_◎;)!

あらためてじっくり観ると…
ピンチのときでさえクールなマスクを崩さなかったソフィア
その彼女が激痛に眼を剥き悶絶している!
その表情にグッときました(((o(*゚▽゚*)o)))
ねぇねぇバードンのねちこい責めはコレからでしょう?
終わらせちゃうんですか、次回っていつ???(^_^;)
せっかく重い筆?を取って描き始めたバードン戦なんですから
開き直ってでもトドメまで行きましょうよ!
ほんで“何とかの母”みたいのも登場させたり(・Д・)ノ
言いたい放題のあとは無責任発言!?
ホントにすみませんm(_ _)m


>730 様

ご感想をいただき、ありがとうございます。

毎回のことではあるのですが、表情の設定は微妙な結果になってしまいました。色調を反転させたので、ますます微妙な結果になったような気もします……(;´Д`)

バードン戦は、あれですね、ソフィアの戦いはこれからも続くぜ! 第一部・完ということにしたいと思います。打ち切りじゃないですよ、第一部が終わっただけです。ハイ。第二部としてこの続きを作成するか、あるいは新しいシチュで再挑戦するか(あるいは両方やるか)は、今後考えていこうと思います。

No title

三枚目の画像を見て、ソフィア隊長をボール型の拘束具に拘束してピーをピー(ピーが何かはボクも知りません)でムッハァ!とか考えてしまったので、私も山にこもりたいのですが・・・・
山に住んでました・・・・

>ヒンデンブルグ三世号 様

コメントを頂き、有難うございました。

背中が球面に沿うようにフィギュアの姿勢を設定するのが、意外かつ地味に面倒でした(;´Д`) 球面シチュ(?)は今後は避けたいと思います……

ちなみに私は平野に住んでおりますが、いつも風が強くが困ります (´Д⊂ヽ

カラータイマータッチ!

一枚目!
ピンチの時の【カラータイマータッチ!】エロい!!!!
最高!
【ウルトラマンタロウのvsバードン】以来か?
苦しい息の下、震える手でカラータイマーを押さえる、覆う、触る!
大傑作!

No title

続きはオリジナルに敬意を表していきましょう。
「背中にブスリ!」→激痛に仰向けに仰け反りのたうち回る→ソフィアの胸(カラータイマー周り?もしくはカラータイマーそのもの?)をブスリ! The end…
検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

NANASI

Author:NANASI
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR