FC2ブログ

命乞い



突如街の中に出現した巨大怪獣。我が物顔に住宅地を破壊しながら前進する怪獣を止めるべく、変身したエリアスは怪獣の目の前に立ちふさがった……
Ingratitude(1).jpg

『はあぁっ!』
 ウルトラレディは怪獣が振り回す長い両腕をかいくぐると、半球形の怪獣の頭に右腕を回し、頭部と首をきつく締め付けた。更に大顎を左手で掴むと、体重をかけて怪獣の身体を押し倒してゆく。頭部と首をひねられた怪獣は苦しそうにキーキーと呻く。口からだらりと伸びた舌が、苦痛を表しているのか空中で激しくのたうっていた。

Ingratitude(2).jpg

 Kyiiii!
『え? なに!?』
 ウルトラレディの圧倒的なパワーに為す術もない怪獣は、手脚を折り曲げるとうずくまった。咄嗟に飛び退って警戒するエリアスに向かい、巨大な全身を縮めて頭を何度も地面に擦り付ける。怪獣は完全に戦意を失っているようだった。異様な光景だったが、確かにその姿は降伏の意思を示しているように見える。

Ingratitude(3).jpg

 ウルトラレディは跪く怪獣にゆっくりと歩み寄ると、目線を合わせるように片膝を突いた。戦意を失った怪獣に左腕を伸ばす。怪獣は弱々しい仕草で頭を上げると、自分に向かって救いの手を差し伸べる巨人を見上げた。

Ingratitude(4).jpg

Gyiiiii!
『うああっ!』
 次の瞬間、勢い良く頭を上げた怪獣の口から緑色の液体が噴出した。怪獣に頭を近づけていたエリアスの顔に、真正面から液体が浴びせられる。ウルトラレディの顔、そして肩や胸に緑色の粘液がバシャバシャと音を立てて降り注ぎ、銀色の肌を汚してゆく。

Ingratitude(5).jpg

『目、目が……っ』
 粘度の高い怪獣の体液がウルトラレディの顔面を覆い、視野を完全に塞いでいた。今の彼女には何も見えない。手で顔を掻きむしるようにして粘液を取り除こうとするが、ぬめりを帯びた粘液の中で指が滑るばかりだった。暗闇の中で苦悶するウルトラレディの背後で、立ち上がった怪獣が勝ち誇った咆哮を上げる……
ウルトラシリーズでは、怪獣が命乞いをするシーンが複数あったように思います。で、当然のごとく怪獣はウルトラさんの不意をついて襲いかかるのですが、ウルトラさん達は割とあっさりと怪獣を返り討ちにしていたように思います。まるで、怪獣の嘘を予見していたかのように。

やはり戦士たるもの、常に敵には油断を見せないということなのでしょうか……それとも、「どうせそんなこったろうと思ってたよ ( ゚д゚)、ペッ」みたいな寒々とした精神状態の持ち主ばかりなんでしょうか? たぶん前者だと思うのですが……たぶん。

今回は新しい建物(住宅地)のフィギュアを入手したので、使ってみました。以前使用していたビル街と違って、民家という比較的高さの低い、そして馴染み深い建物が前景にあると巨大感を表現しやすいので楽ちんです ヽ(´ー`)ノ

……の、はずなのですが、建物との対比で巨大感がはっきりする為に逆に粗が目立っているような気も……巨大感を表現しやすくなった途端に巨大感を出しにくくなったというのは何故なのでしょう?(ヒント:私は悪くありません)
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメントの投稿

非公開コメント

巨大感が素晴らしい

毎度CGの美麗さと巨大感には脱帽です。
この街はいい感じで巨大感を演出してくれそうですね。
ところでこの怪獣の卑怯ぶりは素晴らしいです。(;´Д`)スバラスィ
新マンでも死んだふりの怪獣に背を向けて飛び立とうとした瞬間に、背後から糸を吐きつけられたシーンを思い出しました。
やはりガチより卑怯なピンチはテンション上がりますねぇ(えっ僕だけ?)。

福生の街並みかな…

アメリカンな田舎町といった風情でグッドなセットですね☆
やはり巨大ヒーロー(ヒロインですが)と怪獣は、ビルよりでかくなくちゃあ~♪
そして思いきそ油断して一杯食うのもヒーローならでは。次回で余裕の巻き返しを見せてくれるでしょう☆ ヒロインはまあその限りではありませんが…w

特撮っぽくてイイ!(・∀・)

巨大感があっていいですねー。高くて大きな建物がないとカメラアングルの自由度もグッと広がってそうな感じです。特に人間目線で電線越しというアングルは迫力がありますね。

しかし、エリアスと怪獣の心温まるふれ合いストーリーが展開するのかと思いきや、案の定裏切られてピンチという王道シチュが素晴らしい。ここからは怪獣のターンなんですね!この怪獣は一見弱そうに見えますけど、身体パーツはどれも凶悪そうです。一体何をするつもりなんだろう。(*゚ー゚*)

ご感想をいただき、ありがとうございます

>なかカジ 様

ご感想をいただき、ありがとうございます。

やはり比較の対象となる建物があると、巨大感が出しやすいです……が、その巨大感が出ているレンダリング結果に色々とポストワークを加えている為、それが原因で遠近感がおかしくなっている気が致します (´Д⊂ヽ

それと、私も卑怯なピンチのほうがテンションが上がります (・∀・) 単純に戦闘で敗北するよりも、本来勝てるはずの相手に卑劣な罠にはまって……という方が、ピンチ感(?)が増すと思うのでス! ( ゚皿゚)q

>kuro 様

ご感想をいただき、ありがとうございます。

こうしたフィギュア(セット)を作成されている方は海外の方が多いので、どうしても町並みがアメリケンな感じになってしまいます。もう少し小さい家が密集している方が、日本的な風情(?)があってそれっぽいのですが。

敵には一旦騙される、というのがヒーロー界のお約束のように思えます。もっとも、大抵の場合、即座に反撃して危なげなく相手を倒しているんですよね……あれ、内心では「ねぇねぇ、どんな気持ち? 不意をついたと思ったら逆に一撃でやられてどんな気持ち (・∀・)」とか思っているのではありますまいか……((((;゚Д゚))))

>マキシモ 様

ご感想をいただき、ありがとうございます。

電線越しのアングルは私も迫力があると思いました!……思ったのですが、レンダリングすると何故か細い電線がうまくレンダリングできないのです (・_・;)。破線のように、途中で途切れてしまいます。Poser用のフィギュアをVueで使っている為に、どこかで問題が生じているのかもしれません(設定のせいかも?)。

最近の風潮なら、ここ怪獣が改心するとかして主人公の味方(道具?)になったりするのですが、残念ながら私は昭和の人、サツバツとしたストーリー展開(??)で行こうと思います……と言っても、今後の展開はいつもの如しという感じですが (;´Д`)

No title

命乞いのふりをして、という真似をするあたり怪“獣”というよりは宇宙人という気もしますねw
レオの宇宙人は怪獣っぽいのもたくさんいましたし。

No title

巨大感って難しいですよね・・・・
リアルに忠実だとビルが大きくて何も見えなくなるし、建物を小さくするとなんか浮いちゃってる気がして・・・・
そもそも私は建物を用意する能力も無いですが。

ウルトラマンが怪獣に不意打ちする話が有ると聞いた事があるのですが・・・・

ご感想をいただき、ありがとうございます

>法皇の緑 様

ご感想をいただき、ありがとうございます。

ウルトラシリーズでは、結構怪獣も賢かった(悪賢い?)記憶があります (^_^;)。きっと、怪獣なだけに普通の動物よりも賢いのでしょう……宇宙航行できる宇宙人のくせに、怪獣並みに頭悪いのもいましたし……

>ヒンデンブルグ三世号 様

ご感想をいただき、ありがとうございます。

建物の扱いはやはり難しいです (´ε`;)
個人的には、最大の問題の一つはカメラアングルが限定されてしまうことのように思います。せっかく良いアングルを見つけても建物のせいで……( ゚皿゚)キーッ!! ということがしばしばであります。

ウルトラマン不意打ちエピソードは記憶に無いのですが、まぁ、あれですね、「夜討ち朝駆けは戦の常法よヽ( ´ー)ノ フッ」という感じなのでありましょう。「オレは戦うのが好きじゃねぇんだ…勝つのが好きなんだよォォッ!!!」というのが、ウルトラ精神なんでしょうね、きっと。

No title

記事のタイトルを見て、エリアスもついに命乞いする所まで堕ちてしまったか、と思ってしまいました。
まあ、さすがにそれは、ないことかも知れません。
地球の大恩人に対し、あまりに失礼千万ですし・・・
しかし、エリアスの土下座シーンとか・・・ちょっと見てみたい気もします。

ちなみに今回は、目をやられてしまう、というシチュに特にグッときました。
ここで失明して、くだんの「無表情ヒロイン」になってしまうのじゃないか、とか、妄想がいろいろ働きました。
ピンチの設定も、とても自然だと思います。
カラータイマが最後まで青なのが個人的にはもったいないですけど。
体内のエネルギーが残っているために赤にならない、と考えるならば、十分リアリティがあると思います。

そういえば、顔面に液体を射出されるシチュですけど、昔CRP様のHPに投稿されているのではありませんか!?
あそこに出ているヒロインは絶対にエリアスですよね!?
顔面シャワーの放心表情といい、なまめかしい舌出しといい、最高傑作だと思っております。
私が言うのも僭越ですけど、エリアスファンには必見ですよ~

ァァ ヤサシイエリアスサンニナントイウコトヲ(棒読み)

確かに本家でもありましたが、こういうほんとに女神のような優しさを簡単に裏切る怪獣の攻め、いいですね。大好物です←。
それにしても 4枚目のエリアスさん、ほんとに優しく美しい顔してますね(о´∀`о)

ご感想をいただき、ありがとうございます

>aosa 様

ご感想をいただき、ありがとうございます。

ご指摘の通り、タイトルが少々紛らわしいですね (;´Д`)。まぁ、最近は土下座が流行りのようなので、土下座シチュと言うのものありなのかもしれません……たぶん。

カラータイマーは、私の解釈では『ウルトラレディの残りエネルギー』を示しているもので、活動時間が長すぎる、ダメージを受けた、等の場合に赤くなると脳内設定しております。今回は、顔にぬるぬるする液体をかけられただけなので、青のまま(ダメージを受けたわけではない)という描写にしております。

えー、あー、昔投稿させて頂いた画については、全力で記憶から消そうと頑張っております。私の努力に皆様のご声援を頂ければ幸いです(意味不明)。

>ひめ 様

ご感想をいただき、ありがとうございます。

まったくです。わたしもかいじゅうのひれつなこういにいかりをきんじえませんまる。

この種のシチュは敵役の卑劣さが際立つ事で、”そんな卑劣な敵に翻弄されるヒロイン”という、ピンチのムフフ感が増すように思います。もう少しエリアスの表情を豊かに描けると、ますますその辺が強調出来て、更にムフフな感じなりそうなのですが……未だにそのへんは研究の余地がありそうです (´Д⊂ヽ

No title

この手の背の低い建物(街並み)のデータって、なかなか見つからないんですよね。
見つかったとしても、結構高価だったりするし。
私も、もう少し現代っぽい(できれば日本っぽい)街並みのデータが欲しいんだけど、なかなか良いのが見つからないです。

しかし、エリアスの表情がかわいいなぁ^^
顔の大きさに比較して髪が大きく(多く)見えるから?
体つきの割に、コケティッシュな感じを受けるんですよね^^

>ぽざにゃん 様

ご感想をいただき、ありがとうございます。

確かにビルとか家とかのフィギュアはあるのですが、「町並み」になると数がグッと少なくなるようです。やはり作成するのが難しいからでしょうか……同様の理由でお値段も高くなるようです (´Д⊂ヽ

今回使用した町並みのセットはRenderosityで販売している「Movie Sets, City Block Sixteen」ですが、ちょっとお高めですね。ちなみにSixteenとある通り、街のブロック単位で全部で17種類くらいあるようです。べ、別に全部買わなくても大丈夫だと思うのです ((((;゚Д゚))))

エリアスの髪型は左右にふわっと開いているので頭部が大きく見え、アニメ調のAiko4フィギュアの特徴と相まって、やや(かなり?)劇画調に見えるのかもしれません……なのに、表情をつけようとすると妙にリアルな皺が生じたりして、印象にそぐわなくなります ( TДT)。今回はうまくいきましたが、全体の印象と表情の変なリアルさの落差にいつも悩まされております。
検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

NANASI

Author:NANASI
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR