FC2ブログ

地中の脅威(3)



 アントラーは動きの止まったウルトラレディを両腕ごと大顎で捉え直すと、二本の大顎でユリアの巨体をきつく締めあげた。ユリアは体を揺すって逃れようとするが、大顎の力に押さえつけられて全く動かない。ヘリの攻撃が止んで奇妙な静寂が落ちた戦場に、ウルトラレディの全身が軋む音と苦悶の喘ぎだけが響き渡る。
VsAntler(13).jpg

 ウルトラレディは両足に鈍い振動を感じた。周波数の高い振動が足元からすり鉢状の穴全体に広がってゆく。濛々と砂煙が立ち上る穴の底に、突然ユリアの両足がズルリと数メートルも砂の下に落ち込んだ。そのままズルズルとゆっくりアントラーとウルトラレディは地面の下に沈み込み始める。

VsAntler(14).jpg

(だ、ダメッ! このままじゃ、怪獣に引きずり込まれる……っ!)
 ユリアは状況を悟り戦慄した。アントラーは自分の住処である地中に自分を引きずり込むつもりなのだ。地中での戦いでアントラーに勝てる可能性は万に一つもない。ウルトラレディは歯を食いしばり、渾身の力を込めて大顎から脱出しようと体を捻った。だが、怪獣は大顎をきつく閉じてやすやすと獲物の抵抗を封じ込めた。大顎に捕らわれたまま、ウルトラレディとアントラーの巨体が地中に沈み込んでゆく。

VsAntler(15).jpg

「く、くそっ! このままじゃ、ウルトラレディが……」
 上空を旋回しながら、防衛隊員達は眼下の光景に歯噛みした。ウルトラレディはなんとか両腕を自由にすると、自分に組み付いたアントラーにパンチを放った。だが、不自然な姿勢から繰り出された攻撃はアントラーの硬い甲殻に阻まれて、全くダメージを与えていない。地面の下で大顎がウルトラレディを痛めつけているのか、ユリアが苦悶の表情を浮かべて上半身をのけぞらせる。助けるを求めるように空に伸ばされた腕が、次第に地中に飲み込まれてゆく……

うーむ、地中に引きずり込まれたウルトラレディにナニが起こるんでしょう? きっとイヤラシイことでしょう。俺、アントラーさんのこと信じてる!

という次第で、今回で「地中の脅威」は終了ということにしたいと思います。せっかくのアントラーなのに、磁力光線の存在を忘れていたのがなんとも心残りではあります。アントラーといえば磁力光線、磁力光線といえばアントラーと草木もなびくほど有名だった(たぶん)のに、なんで失念していたのでしょう? 

なにやら反省しなければならない点が多々あるような気がするのですが、そんなことよりも「閃の軌跡」ですよっ! 予約していたので明日か明後日には手に入りそうです (・∀・)。

さらに私が愛用している電子書籍ビューワ「SonyReader」に待望の新型が発売されることになりましたし。なにやら、楽しくなってきましたよぉ (ノ`・ω・)ノ ヒャッホーウ!!

……「閃の軌跡」はPSP版じゃなくてPS3版の方が良かったかなぁと思い始めた、とか、使っていたSonyReaderが故障したのでつい数日前に新しいのに買い直してしまったとか、そういうことは極力考えないようにして毎日を過ごしています (´Д⊂ヽ
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメントの投稿

非公開コメント

\  b /

2枚目の困った顔のユリアがたまらん。(*´▽`*) モクモクとした砂埃感が凄いですね。このままズブズブと沈んでいって、最後は親指を立てて消えていくのでしょうか。あと、振動で地面を掘るという下りに関心してしまいました。そうだったんだ・・・何となく納得。

この後の展開は・・・私もアントラーさんを信じてますっ! でも、ブルドーザーのオッサンも信じてみたいなぁ。頑張ってユリアを掘り起こしてあげて。(´ー`* )

やるじゃん☆

あのまんま沈んでいくとは意表を突かれました、脱帽~
最後の最後でユリちゃん腕伸ばしてキメポーズだし、オイシイ展開になってると思います♪ 
さあ地中で、アントラ好き勝手だもんねー ユリちゃん叫ぶと口に砂入るし、自然の猿轡? 色々されてる最中に時折地上に身体の一部が見えたりするとモエモエです~ あ、これでオシマイでしたか、失礼w

ご感想をいただき、ありがとうございます

>マキシモ 様

ご感想をいただき、ありがとうございます。

親指を立てて……これはイイですね。思わず笑ってしまいました ( ´∀`)。最後のシーンはそうすればよかったかも。

砂埃はすり鉢状の穴の縁部分があまりにもくっきりしているのを誤魔化そうとしたものなのですが、全く所期の目的を達しておりませんです ( TДT)。もっと誤魔化し方を勉強しなければなりませんね ( ゚皿゚)q ……いやまぁ、誤魔化さずに済むクォリティを実現できればいいのですけど (´Д⊂ヽ

>kuro 様

ご感想をいただき、ありがとうございます。

砂の上に体の一部だけが見えて、何が起こってるんだろう (´∀`*)ドキドキ という展開も良かったですね。フィギュアと砂(地面)が重なっている部分がどうにも不自然になってしまうというのが問題なのですが、その点を解決できれば素敵なシチュになりそうです (*´艸`*)

No title

僕もアントラーさん信じてるから!!


トトリ二週目をプレイ中ですが、なぜだかロロナ師匠が合流してくれませんです・・・・

>ヒンデンブルグ三世号 様

コメントをいただき有り難うございます。

アントラーさんは仕事のデキる男(?)として有名です(多分)。きっと私達の期待に応えてくれることでしょう!

あれは多分、特定の日付以降に起こるイベントを全て消化する必要があるのだと思います (゚Д゚)タブン

イベントは首都と村(名前を忘れました)で交互に起きる感じだったと記憶しています。両方を行ったり来たりしてみると良いのではないでしょうか?

No title

砂を振動させて地中に引きずり込むって、「液状化」というやつですか!?
すごいですね!

私はテレビでアントラーを見たことはありませんけど。
それでも、こんなに怖いアントラーは初めてじゃないか、という気がします。
着ぐるみの時代に、身体が少しずつ砂に沈み込んでいく、なんて映像は、とてもじゃないが撮れなかったでしょうから。

磁力光線の不使用を補って余りありますよ!

>aosa 様

ご感想をいただき、ありがとうございます。
返事が遅れてしまい、申し訳ございませんでした。

液状化するかどうかはさておき、アントラーがどうやってあの巨体で地中を移動しているのか分からないので、とりあえずそんな感じに致しました。

砂の中に沈み込んでゆくシーンは、もうちょっと枚数を多くして詳細に描くとそれっぽさが増すと思うのですが……なにぶん砂の描写が難しく断念いたしました (´Д⊂ヽ
砂のマテリアル設定もさることながら、どうやって地面に身体がめり込んでいるようにしか見えないもので……このへんの描写はまだまだ研究の余地がありそうです。
検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

NANASI

Author:NANASI
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR