FC2ブログ

海中の死闘



相次ぐ海難事故の原因を調査するべく、潜水艇に乗り込んだ防衛隊の面々。だが、調査中、海底から出現した全長50メートルを超えるクラゲ型の巨大怪獣に襲撃される。航行不能に陥った潜水艇に怪獣が迫った時、ウルトラレディが怪獣の前に立ちはだかった……
JellyFish(1)1.jpg

(とにかく、こいつをみんなから引き離さなきゃ……っ)
エリアスは骨のない怪獣の触手に両腕を回すと、渾身の力で怪獣を引き寄せた。巨大な怪獣の身体が、水中をゆっくりともがきながら動き始める。

JellyFish(2)1.jpg

(っ! はぁっ!)
怪獣の半球形の胴体の下から、勢い良く伸び出した触手が海中を薙ぎ払った。海中に飛び上がったウルトラレディの足元の海底に触手が突き刺さり、軟泥が雲のようにまきあがった。

JellyFish(2)_20130820172319a34.jpg

海中に舞い上がった勢いを利用して、怪獣の胴体に肘を叩きつけるウルトラレディ。だが、ゼリーのような怪獣の身体はぐにゃりと変形して打撃を受け流す。水中ではエリアスの体術も決定打にならない。
(くうっ! 水中じゃこの怪獣にダメージを与えられない……。一体どうすれば……)

JellyFish(3)_2013082016551439b.jpg

怪獣に対峙しながら攻めあぐねるウルトラレディ。その時、水中を漂う糸のようなものが彼女の視界に入った。水流に流されながる細い”糸”は何処から流れてくるのか、見る見るうちに数を増してゆく。

JellyFish(4)_20130820165516013.jpg

(こ、これは! しまった……っ!)
水中を漂う無数の”糸”は、流されながらウルトラレディの全身に張り付くように絡みついてゆく。その”糸”が怪獣の身体に繋がっていることに気づいた時には、既に怪獣の糸のように細い触手は、ウルトラレディの全身に巻き付いていた。

JellyFish(5)2.jpg

「ど、どうしたんだ。ウルトラレディの様子がおかしいぞ!」
潜水艇の中で外を見守る隊員達は、ウルトラレディの異変に声を上げた。さっきまで怪獣と戦っていたウルトラレディは、全身をこわばらせ、苦悶するように巨体を震わせている。その全身に、時折青いスパークが走る。隊員達はスパークの正体に気づき、息を呑んだ。怪獣は無数の細い触手を通じて、ウルトラレディの全身に電撃を浴びせているのだ。固く握りしめたまま震えるウルトラレディの両手が、彼女の激しい苦痛を物語っていた……

「くっ! エリ隊員……。潜水艇から外に放り出されてしまうなんて……」
「大丈夫! エリ隊員はきっと無事さ!」
「いや、ここ深度100メートルなんだけど……」

暑いです。とても暑いです。ここは少しでも涼しい感じを出してみようと、海中クラゲシチュに挑戦してみました。夏といえば海ですし、最近はクラゲ漁とかが流行っているらしいですしね。涼しく、かつ、とってもナウい感じが出るに違いありません。

……と思ったのですが、思うようにシーンが作れず試行錯誤している内に、画が7枚になってしまいました。二回に分けようかなぁとも思ったのですが、何処で区切っても中途半端。そしてどのシーンも明るさの設定がうまくいきません。どうも画面が暗いような気がするのですが、明るくすると海底という感じが出なくなってしまいます……。

加えてクラゲの触手(細)がうまくいかず、電撃の表現も相変わらずうまくいかず……

繰り返される試行錯誤、増えてゆく無意味な作業量。キィィィーッ! イライラして体熱が上がるぅぅぅぅっ! 涼しくなるどころか、逆に暑く感じられてしまいましたっ (# ゚皿゚)q

……考えてみたら、アレよね、わたし泳げないから海興味ないし、クラゲもあんまり好きじゃないんですよね。綺麗とか可愛いとかいう人いますけど、アレってなんだかグニョグニョしてて気持ち悪くありません (゚Д゚)? 人を刺すらしいし。いいとこ、なんもないですよ。なんでクラゲとか思いついたんだか…(;´Д`)ウウッ…

ただ、画面の暗さは少々不安です。皆様のディスプレイで、ちゃんと見えますでしょうか? もし『暗いぜ暗いぜ、暗くて死ぬぜ』という方がおられましたら……どうしましょう? か、懐中電灯で画面を照らせば明るくなるんじゃないでしょうか? それでいきましょう(・∀・)ノ
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメントの投稿

非公開コメント

No title

充分リアルな海底バトルだなと感じました。
うちの看板娘は泳げないので海底シチュは挑戦した事がないんですが、薄暗い海底が余計にクラゲの不気味さを引き立ててますね。
自分で試してないので適当ですが、「細かい空気の泡」をレタッチで書き加えれば、少々明るくしても海底っぽさが保てるのではないかと感じました。あと魚群を加えるとか・・・・・(マリンちゃ~ん)。

No title

なんか期せずして、私もクラゲでポザ絵を作ってました。
糸状の触手?の発想は脱帽です。
そうか、その手があったか・・・^^;

ご感想をいただき、ありがとうございます

>なかカジ 様

ご感想をいただき、ありがとうございます。

当然といえば当然すぎる話なのですが、やはりクラゲは水中に浮かんでいると画になります……いや、水中以外にクラゲはいないので、あたまえなんですが (・_・;)。

( ゚д゚)ハッ! そういえば、前回の水中シチュには書き込んでいた「空気の泡」の存在を完全に忘れておりました。ウルトラレディが激しく動いているシーンには、空気の泡があったほうが雰囲気が出たかもしれません。ご助言ありがとうございます。

魚群があると凄くに海中っぽいと思うのですが、適当なリソースを見つけることが出来ませんでした…(;´Д`)ウウッ…。ワリンちゃ~ん(涙)

>にゃん 様

ご感想をいただき、ありがとうございます。

おお、にゃん様がクラゲシチュ(仮名)! すごく楽しみです。やはり触手でしょうか (゚A゚;)ゴクリ

クラゲはやたらと細くてやたらと長い触手を伸ばして、獲物を刺すらしいです(種類によるようですが)。ただ、そんな”やたらと細い”触手をどう表現するかが難問です。出来合いのPhotoshop用ブラシを使用したのですが、もう一工夫を加えたほうが良かったかなぁという気も激しく致します。

堪能堪能☆

七枚もエリちゃんの活躍を見れるなんて、素晴らしい♪ 一枚目の引き締まったお尻がサイコーですw
でも電撃でまだ良かったね、クラゲの毒は強いのになると、獲物はショックで10分の1に縮んじゃうそうですよ~ぞぞー

>kuro 様

ご感想を頂き、ありがとうございます。
返事が遅れてしまい、申し訳ございません。

7枚もあるのに、今ひとつ納得の行く画が無いという体たらく (;´д`)トホホ…試行錯誤をしているうちに、いつの間にやら画の枚数が増えてしまったというのが実際のところだったりします。

あと電気クラゲという名称はありますけど、『電気クラゲ』は発電しませんです。毒の針で刺された時のショックが感電した時のそれに似ているので、俗に電気クラゲと呼ばれるらしいですね。このブログは嘘です! みんな早く逃げて! ……て、なんだか以前の記事でも全く同じことを書いたような気がします。トホ、成長ない私……(・_;)

No title

海底なので暗いほうが良いんじゃないでしょうか?

私は海は好きですが海シチュは作れませんキリッ
クラゲさんステキ。
もうクラゲになりたい。
仕事なんか行かずに海の中漂っていたい・・・・

>ヒンデンブルグ三世号 様

ご感想をいただき、ありがとうございます。

確かに暗いほうが海底っぽい感じはすると思うのですが、そうすると今度は何が写っているのやら、さっぱり分からなくなってしまう気がします。どうしたものか……海底シチュをやめればいいじゃないのか、っていう気もしますが……(・_・;)

クラゲって、なんか色んな生き物に食べられそうな気がするんですが、どうなんでしょ(゚Д゚)? それとも外見がキモい(私目線)から、他の捕食動物からみんなシカトされているんでしょうか? それはなかなかよい人生 ヽ(´ー`)ノ……と、思ったけど、外見がキモくて周囲に誰もいないって、それは私の人生そのものじゃないですか……( TДT)

No title

クラゲは海亀に食べられたり、他のクラゲに食べられたり、船のスクリューに切り刻まれたりしますけど。
不老不死に近い種類も居たりしますよ。

クラゲの毒針は触れた相手に自動で打ち込まれるので狙って刺されるわけではないです。

そして何と驚くべき事に、電気クラゲと呼ばれるカツオノエボシはいわゆるゼリーフィッシュ言われるクラゲとは別物の生き物ですっ (へぇ~)

クラゲになりたい・・・・

>ヒンデンブルグ三世号 様

コメントをいただき有難うございます。
返事が大変遅れてしまい、申し訳ございませんでした。

クラゲは外見が(私の目には)グロテスクなので、怪獣として使用するとインパクトが有るのですが、いかんせん弱そうなのが怪獣としては問題点ですね。毒はかなり強力なようですが、眼に見えないほど小さい毒針と毒では画的なインパクがないのでしたまる。

五枚目と六枚目!

何時も素敵な映像、有難うございます。
今回も又傑作が、
五枚目と六枚目。体は彫刻的な筋肉美で、その上に乗る顔の表情が「ポカン」と呆気に取られた様なカワイイ表情!
傑作。
検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

NANASI

Author:NANASI
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR