FC2ブログ

湖の恐怖(3)



 巨大怪獣は胴体の内側にある”口”を開くと、密着したウルトラレディの背中に吸い付いた。背中に貼り付いた怪獣の異様な感触に、ユリアはうっと呻くと怪獣の下から抜けだそうと必死にもがく。しかし背中にへばりついた怪獣は、ウルトラレディの背中から離れようとはしない……
Mizuumi(11).jpg

『うわああっ!』
 ウルトラレディの激しい抵抗に怪獣は戦術を変更した。二本の触腕をユリアの胴体に回すと、その巨体を仰向けに抱え上げる。背中に吸い付かれたままのユリアは、為す術もなく仰向けにされ、そのまま背中から湖に倒れこんでいった。

Mizuumi(12).jpg

 仰向けに倒れこんだウルトラレディの全身に、ヒトデ型怪獣の触腕が絡みついた。骨のないぬるぬるした触腕が巨体の全身に巻き付き、きつく締め付ける。その姿は、まるで巨大な”手”がウルトラレディの身体を握り潰そうとしているように見えた。

Mizuumi(13).jpg

『うっ、うう……っ』
 怪獣の体の内側にびっしりと密集した無数の”口”が、吸盤のようにウルトラレディの皮膚に食いついた。握り締めるような触腕の締め付けと全身に吸い付いた”口”で身動きを封じられたウルトラレディの全身から、ヒトデ型怪獣はゆっくりと体液を吸い取りはじめた。全身を締め上げる苦痛と体液を抜かれてゆく苦悶の中で、ユリアの意識は次第に朦朧としてゆく……
ううむ。”内部”の構造はこうなっています (・∀・)ノ という感じで一部を半透明にする、という表現手法がありますが、あれ……どうやっらいいんでしょう? 1枚目で挑戦してみたのですが、そりゃもうびっくりするほどうまくいかないのですが (ToT)

2枚目のヒトデにバックドロップされるという絵面も、かなりアレな感じがいたしますね。巨大ヒロインがプロレス技をかけられちゃう、というシチュもなかなかいいかなぁと思ったりもしましたが……相手がヒトデでは……やはりヒトデはおっぱいヒ(以下略)
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

No title

これはこれで良いものですが
ヒロピンの定番としてはおっぱい〇〇デも捨て難・・・・・・おや、誰か来たよう・・・・・・・・・・・・・・・・

謎が解けました

なるほど、密着した二人(?)の一部をレンダする場合ってカメラアングルが難しく、また無理やりカメラをこじ入れようとポーズを変えたりして、非常に困難をきわめておりました。
これは気が付きませんでした。片一方のボディなりを半透明にしたらいいんですね。
これはこれで難しいんでしょうけど、大きなヒントを頂きました。有難うございます(๑≧౪≦)。

毎度ですがユリアのやられっぷりは凄いですね。エリアスと違い(最近エリアスも増えましたが)リョナ的にやられる姿が魅力的な娘です。
最後ヒトデに巻き付かれちゃって・・・、あとどうなるんだろう・・・・・。

ご感想をいただき、ありがとうございます

>刃 様

コメントをいただき有り難うございます。

おっぱいヒトデシチュは良いシチュなのですが、そればかりですと単調になってしまいますね。もっとヒトデの秘められたポテンシャルを引き出すシチュエーションを考えてあげる必要があると思うのです (# ゚皿゚)q

>なかカジ 様

ご感想をいただき、ありがとうございます。

半透明にするという処理は、自分でやっておいてナンですが、ちょっと不自然な感じがします (´ε`;)ウーン…。妙に説明的というか、半透明にしたせいで両者の位置関係がわかりづらくなるというか……解決しなければならない問題がかなり有りそうです。

うーん、みんな均等なやられっぷり(?)になるようにしているつもりだったのですが、まぁ多少の偏りが生じるのは仕方が無いのかもしれません。このバランスを取るためには、みんなのやられっぷりをもう少しハードにするしかありませんねーしかたないですねー(棒)

No title

しばらく忙しかったのですが・・・ツヅイテター!

前回のヒトデチョップ(?)からのブッコ抜きジャーマン!
そして寝技への華麗な流れ・・・ヒトデさんてば技巧派なんですねw

ユリアはパワータイプぽく見えるので相性が悪かったに違いないー?

ヒトデさんのだいしゅきホールドに見えたのは多分気のせい

No title

1枚目はサムネを見てエネルギー切れで変身が解けたのかと勘違いしてしまいました。なるほど、ヒトデの口もイボイボも丸見えです! このイボイボが何と言いましょうか、非常にあのその・・・エロい!(*゚ー゚*) このヌルヌルのイボイボがユリアのあんなところやそんなところを・・・。(゚A゚;)ゴクリ

jolkin様が表現された「だいしゅきホールド」とはまさに言い得て妙ですね!背後から締め付けながらもウニウニ動いて刺激してるんでしょうねぇ。ユリアはさぞかし気持ち悪いでしょうねぇ・・・。(´ー`* )

半透明表現に関して、個人的に思ったことなのですが、半透明にする際は背景を暗くするとかしたら違和感が減るのではないでしょうか。何となく、この手の表現のときは背景が単色や壁紙っぽい模様というイメージがあります。ヤッターマンの「説明しよう!」みたいな感じ? あくまで動画的手法かもしれませんけど・・・。思いつきの無責任な意見でごめんなさい。(゚ω゚;A)

しかし、このヒトデのバックドロップは美しいですねー。これは絶対中に人がうわっ何をするっぐわぁぁぁ!

No title

1枚目の画像は拡大するまでびっくり胃袋攻撃だと思ってました・・・・

眼鏡変えた方が良いですよと健康診断で言われましたが、それ以前の問題のようです。

ヒトデさんバックドロップはユリアさんの反撃開始!だと思いつつ。
ヒトデさんターンの続行に安堵したのはナゼでしょう?

No title

あなたが好きかもしれませんDLSiteで新しい巨人の映画があります:

http://www.dlsite.com/maniax/work/=/product_id/RJ117434

ご感想をいただき、ありがとうございます

>jolkin 様

ご感想をいただき、ありがとうございます。

技巧派のヒトデというのは、少々……かなりシュールですね (^_^;A)

ヒロインと怪獣がくんずほぐれつ……というのは好きなシチュなのですが、ヒトデの寝技というと何故か妙な感じが……

>マキシモ 様

ご感想をいただき、ありがとうございます。

私ヒトデを触ったことも実物を見たこともないのでよく分からんのですが、なんとなくプニプニしててヌルヌルしててポニョポニョしている印象です。ユリアも触ったら(触られたら)結構楽しいんじゃないカナって思います(無責任)

半透明表現そのものがそうなのですが、背景とかを変えてしまうと劇画チックになってしまい雰囲気に合わない様な気もしますね。うーん、でも人間の視点で描くとか何か他に方法がありそうですね。

>ヒンデンブルグ三世号 様

ご感想をいただき、ありがとうございます。

ううむ、やはり半透明表現はちょっと無理があるかもしれません。
びっくり胃袋攻撃も挑戦してはみたのですが、どうにもうまく表現ができなかったので諦めた次第です。シチュとしては面白いと思うのですが、如何せん技術的な限界が私の場合『すぐそこ』にあるので……( TДT)

基本的に私のブログ、ずっと怪獣のターン!ですねー。もうちょっとメリハリの有るシチュを……とも思うのですが、なかなかそこまでモチベーションを維持できなかったりします (^_^;)

>匿名 様

Thank you for your information !
This movie is nice and .. erotic (´∀`*)

初めて見たなあ

こんな重量感のある触手姦は☆
バックドロップ後に体が入れ替わって、真正面から顔面を覆われちゃったりするとピンチ過ぎてステキかも~♪(まて)

しかし粘膜とかでない地肌から直接体液を吸い取るって、ユリちゃんのお肌はえらいことになってるんじゃあ?

舌歯で擦りおろされてる様を想像…うひー

>kuro 様

ご感想をいただき、ありがとうございます。

ヒトデは触手(?)が太いので、それが身体に絡みついているとアレな感じが致します。どんな感じ? と聞かれても困るのですが……あ、顔面を覆うのは小さいサイズのヒトデだと良いかもしれませんね。スライムみたいな質感にすると、また面白いかもしれません。

あと、ちゅーちゅーするのはヒトデの体の内側に沢山生えている吸盤みたいなもので吸い付いて……というイメージでおります。画からは全く伝わりませんが……(・_・;)

No title

ちゃんと最後までジタバタと抵抗するするユリアの姿勢に、すごく好感が持てます。
こうでなくちゃ、面白くありません。
小さいヒトデだけで決着が付かなかったのは、少し惜しい気もしますけど。
ヒトデも一匹は取り外せたし、エリアス先輩よりは偉いですね。

見えない部分の表現の件ですが、CGに文書が添えられているのと同じことで、一種のサービスであると受け止めております。
どのような表現でも自分にはありがたいです。

>aosa 様

ご感想をいただき、ありがとうございます。

抵抗を続けるも敵の力でねじ伏せられてしまうヒロイン……というシチュが個人的には好みです (´∀`*)ポッ ……とはいえ、色々な理由からそうした展開を描けないのが残念です。今回はそれっぽくなったので成功……かも知れません。

一枚目の表現ですが……今になって考えてみると、単に文章でそう書けばいいだけだったような気もします……。うーむ、一体なんのために文章をつけているのやら……
検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

NANASI

Author:NANASI
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR