FC2ブログ

湖の恐怖(2)



小型怪獣に吸い付かれ思わず無防備になったウルトラレディに向け、怪獣は更に何体もの小型怪獣を吐き出した。小型怪獣たちは次々と宙を飛びウルトラレディの身体に貼り付くと、胸や太腿、腹からウルトラレディの体液を吸い取りはじめた。なんとか胸に貼り付いた一体をむしり取るユリアだったが、身体に貼り付いた怪獣たちはなおもウルトラレディの体液を吸い上げ続けている……
Mizuumi(6).jpg

全身から体液を吸い取られ苦悶するウルトラレディに、本体ともいうべき大型怪獣が近づいてきた。二本の触腕をぐねぐねと動かし、水面に大波を起こしながら大股で歩み寄ってくる怪獣に、ユリアは身体に小型怪獣を貼り付かせたまま弱々しくファイティングポーズを取った。

Mizuumi(7).jpg


バチィィィッン!
『あうっ!』
怪獣は右腕を振りかぶると、勢い良くウルトラレディに叩きつけた。ユリアは必死にガードしようとするが、身体に貼り付いた怪獣に体液を吸われる度に全身に走る痛みのせいで、体が満足に動かない。湿った音を立てて、怪獣の触腕が鞭のようにウルトラレディの背中を打つ。

Mizuumi(8).jpg

怪獣はすかさず身体をひねると、その勢いのまま左の触腕でユリアのボディを殴りつけた。苦痛の悲鳴を上げてウルトラレディの巨体がのけぞる。小型怪獣に動きを封じられたウルトラレディに、怪獣はまるでサンドバッグを殴りつけるように何度も両腕を叩きつけた。強烈な打撃と体液の吸収により、次第にユリアの意識が朦朧となってゆく。

Mizuumi(9).jpg

ウルトラレディの身体が、遂に崩れ落ちた。水飛沫を上げて湖底に両膝と両手をついたウルトラレディの背後に、回り込んだ怪獣が迫ってくる。朦朧とする意識の中で、ユリアは自分の背中に冷たく湿った軟体の巨体がのしかかってくるのを感じていた……

うーむ、殴る蹴るする(殴っているだけですが)ヒトデというのは、今ひとつ説得力というか迫力に欠けます (´ε`;)ウーン…

さりとてヒトデらしい攻撃方法というのも特に思い付きません……やはりヒトデにはおっぱいヒトデシチュしか無い……ということなのでしょうね ヽ( ´ー)ノ フッ
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメントの投稿

非公開コメント

ゆっくりとした動きのヒトデのイメージに反してスピード感あるワンツー、新鮮でした!

石灰質な表皮が一撃の重さを引き立てて素晴らしいです(*´ω`*)

本物のヒトデは腹部の真中から胃袋を出して獲物を溶かしながら飲込むと聞いたことがあるので、そこから触手等を出す位しか貧しい私の発想でも思い付きません。

これからもよい作品を期待して応援しています!

No title

えちーところも責められてる~!

俊敏なヒトデさんってけっこう怖いですね・・・・
ヒトデさん特有の攻撃といえば・・・・

無数の触手がワラワラ・・・・
とか。
食べちゃう?
とか・・・・

触手で食べちゃう?
(色んな意味で)

No title

ここは形を最大限に活かしてもらうということで
X字磔で

No title

うおぉ、まさかヒトデの格闘シーンを見られるとは思ってませんでした。軟体を活かした理にかなった攻撃方法のような気がします。しかもこちらからの打撃は軟体でうまく衝撃吸収してしまいそう。

2枚目の弱々しいファイティングポーズは萌えますねぇ。この瞬間もぢゅうううう(*´3`*)されてるわけですしね。そして3,4枚目のバチィィィッン!がすごく痛そう。チビヒトデ達のウワー( ゚д゚ )という声も聞こえてきそうです。

最後は大ヒトデがここからどう攻めるのか楽しみですねー。こう見えて実は凄く重いヤツだったりするのでしょうか。もしくは身体中が吸盤状で張り付いたら離れないとか。この後やっぱりぢゅうううう(゚3゚)されてしまうのかなぁ。えらいっこっちゃな~。(*´▽`*)

ご感想をいただき、ありがとうございます

>三神峰 様

ご感想をいただき、ありがとうございます。

ヒトデパンチは少々無理がありすぎたかなぁと思ったのですが、お気に召して頂けたのでしたら幸いです。

私も最初はびっくり胃袋攻撃を表現出来ないかと考えていたのですが、”胃袋”やら”溶かしながら捕食する”やらをどうやって画にすればよいのかがさっぱり分からず断念いたしました。海洋生物のびっくり行動っぷりにはちょっとついていけない陸上生物の私です (・_・;)

>ヒンデンブルグ三世号 様

ご感想をいただき、ありがとうございます。

えちぃ所にも貼り付いているのですが、発光のエフェクトをピンク色にしたせいでユリアの体の色とかぶってしまい、少々見分けにくいですね。失敗でした……でも発光が青色とかではえちぃ感じがいたしません……何故かは知りませんが。

海洋生物といえば触手ですが(多分)、何分触手は関節が多いですからね……未だに触手フィギュアをうまく使い方法がわからずにおります。それが分かれば、素敵海洋生物シリーズとかも出来そうなのですが (;゚∀゚)=3ムフー

>匿名 様

コメントをいただき有り難うございます。

磔 ……( ゚д゚)ハッ! その手がありましたね! 怪獣の身体に貼り付けにされ全身から体液を吸われるウルトラレディ。怪獣に捕らわれたまま弱々しくもがくヒロインを、湖に沈みゆく夕日が照らしている……

ううむ、良さげですね! ……が、既に続きの画を数枚レンダリングしてしまいました (´・ω・`)ショボーン あと、腕のサイズがちゃんと合うかどうかが少々不安材料です。うーん、どうしましょう。素敵なアイデアなので、一度うまくいくかどうか試してみたいと思います。

>マキシモ 様

ご感想をいただき、ありがとうございます。

軟体には打撃がきかない……というシーンは、漫画なんかでよくある(?)気がしますが、いざ表現するとなるとちょっと難しそうですね。3DCGというのは表現が簡単なのか難しいのか……

二枚目のシチュは私も大好物です。よろめきながらも必死にファイティングポーズを取るヒロイン、ってなんとなく萌えます。変態ですいません。……でも、そんなシーンに限ってうまく表現出来なかったりするので困ります 。゚(゚´Д`゚)゚。

続きに関しましては、えー、皆様(?)の予想通りちゅーちゅーする事になろうかと思います。なにぶんヒトデですので。ええ。
検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

NANASI

Author:NANASI
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR