FC2ブログ

失敗:ヒッポリトタールCG考

当ブログと同じ趣旨(たぶん)のブログを作成しておられる”なかカジ”様のブログ「リリカのジオラマ」をいつも拝見しているのですが、先日、こちらのブログで興味深い記事を拝見しました。

なかカジ様は”ヒッポリトタールを浴びたヒロイン”の表現に挑戦なさっておられるのですが、Vueの機能ではヒッポリトタールの表現が難しいらしいのです。

むむむぅ。私もいずれヒッポリトタールはやってみたいなぁと思っていたので、Vueの機能でヒッポリトタールが表現出来ないという話は、私にとっても他人事ならぬ大問題です。しかもVueの機能の理解については、明らかになかカジ様の方が私よりも先行しておられますので、Vueの機能によるヒッポリトタール再現は私がやっても無理っぽいです。

むむむむぅ。かくなる上は、ポストワークでヒッポリトタールを表現する方法はないものか?

構想3日、制作3時間(で、投げた)の(私にとっては)一大研究の結果が下記の通りです。
Hip

Hip2

Hip3

……すいません。全く駄目でした 。゚(゚´Д`゚)゚。

さんざんいじくってもタールのように見えず、改めてグーグルで検索してみたら、ヒッポリトタールはもっと黒っぽくて光沢の無い感じでした。最初にちゃんと調べてから作れよ、と自分に突っ込んだ所で意志が挫けました。

液体の表現はVueでもPhotoshopでも相当に難しいと思っておりましたが、これは想像の斜め上を行く難しさ。

「カプセルを追加したらなんとか誤魔化せないかな (・∀・;)」、という我ながら異次元の発想で再度挑戦したのが2枚目なのですが、誤魔化すどころかますます酷くなっています。タール(?)の部分が薄くなってるしぃ……

「原作に忠実にもっと黒っぽくしたら、少なくとも原作っぽくなるのでは(・∀・;;)」とやけになって明度を下げてみたのが3枚目。多少……なんというか……原作に近い感じ……みたいなもの?……はあるのですが、黒すぎてなんだか分かりません。身体の縁の「ギザギザ」を訂正する気力も起こらない……

あぁ、やっぱり駄目です。ヒッポリトタールに挑戦するのはすっぱり諦めて、撮り溜めていた「DEVIL SURVIVOR 2 the ANIMATION」を観て寝る事に致します。「ボルジア家2 愛と欲望の教皇一族(なんちゅうタイトルだ……)」も観なきゃいけませんし。あぁ、忙しい忙しい、ヒッポリトタールとかやってる場合じゃないですよ ε=ε=ε=┌(; ゚皿゚)ノスタコラ
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんわです。
ヒッポリトタールに挑戦された記事読ませて頂きました。
私もタールとバードン戦はいつか挑戦してみたいシチュだったんですが、どうも敷居が高いというか、私レベルの実力では難しいようです・・・。
製作3時間で完成(?)されたNANASIさまの方が、よりヒッポリトタールに近いように見えます。(>_<)
当方は連作形式ですので、いまさら習作扱いにすることもできず、お目汚しですが最後まで仕上げるように頑張ってます。
でもVueとPoserって同じ会社なのに、何でマテリアル読み込みなどが完全シンクロしていないんでしょうね・・・不思議だぁ、不思議・不思議・・・・・。(>_<)

>なかカジ 様

コメントをいただき有り難うございます。

なかカジ様の記事を拝見し、Vueのマテリアルを使ってカプセルの内側を流れるタールの表現が出来ると初めて知りました私です Σ(゚∀゚ノ)ノキャー 

私はVueの機能理解がさっぱりなので、ポストワークでなんとならないかと思ったのですが……残念な結果になってしまいました…(;´Д`)ウウッ…もしうまく行けば、他の方とも研究結果を共有して……などと調子の良いことを考えていたのですが……( TДT)。うーむ。これではいつになったらヒッポリトタールに挑戦できるのやら (;´Д`)。

Vueはなんとなくですが、細かい造形のマテリアルの設定が苦手なようにも思えます。やはり「景観作成」ソフトなので、人間の体の表面のような部位の処理は想定していないのかなぁ、という気が致します。一方でPhotoshopでも濡れた表現や液体の表現は難しいらしく、調べてもみても簡単にそれを実現するテクニックは見つかりませんでした。光沢を細かく書き込んでゆく、というような技術があれば可能なのだと思いますが……そんな技術があれば最初から苦労はしないわけで…… 。゚(゚´Д`゚)゚。

無理に本家のタールっぽくしようとせずに自分なりのやり方で楽しく作ってみてはどうでしょう? でも確かに3枚目は一番タールで固まっていってるっぽいというか…良い感じですね(*´ω`*) 気を落とさず頑張ってください( ´∀`)あとさりげなく無表情ヒロインですね…ムフフ

>姫 様

ご感想をいただき、ありがとうございます。

液体の表現が可能になれば粘液シチュ(?)とか、色々と応用が効きそうなのですが……どうしても単に緑色になったり黒っぽくなったりと、それらしい表現が出来ずにおります……ああ、粘液シチュが ( TДT)

無表情ヒロインは未だに使い方が思いつかないので、実験台ということで活躍(?)してもらいました。彼女のポジションはこれでいいんじゃないかしら? って、気もします。

No title

ヒッポリトさんは強敵なんですね・・・・
色んな意味で・・・・

でも。
スライムにまとわり付かれたみたいでステキな気がします。

>ヒンデンブルグ三世号 様

コメントをいただき有り難うございます。

基本的に液体は全て強敵です ( TДT)。表面の質感の表現があまりにも複雑すぎるせいで、作業を定型化出来ないようです。つまりその絵の状態に合わせて手で少しずつ書き加えてゆくという作業が必要になるわけですが……・⌒ヾ( ゚⊿゚)メンドクサ

私もせめてスライムシチュ(?)に使えないかなぁと思いはしたのですが、その方向に流用するにしても、クォリティがパーセンテージにして三桁ほど足りないようです。嗚呼。

悪くないじゃないですか!

あんまり【真っ黒】だとウルトラレディの筋肉美が消えてしまいませんか?
是非、独自の(ウルトラレディの筋肉美を、ハッキリクッキリ見せる)タール責めを考えられたら如何?
検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

NANASI

Author:NANASI
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR