FC2ブログ

凶気の海(3)

InTheSea(9)

 鼻先のドリルを回転させてグビラが猛スピードで突進してくる。ユリアが身体をよじって避けようとした瞬間、蛇型怪獣の全身が、再び高圧電流のスパークに包まれた。全身を走り抜ける衝撃にユリアの全身が硬直する。苦痛と衝撃にのけぞったウルトラレディの胸に、グビラのドリルが食い込んだ。
InTheSea(10)

『ぐはぁっ!』
 グビラは水中を悠々と泳ぎまわりながら、何度もウルトラレディの身体にドリルの鋭い先端を突き立てる。鋼鉄のように頑強なウルトラレディの皮膚が辛うじてドリルの攻撃を跳ね返しているが、ドリルは少しずつユリアのエネルギーを削りとってゆく。グビラの攻撃に翻弄されるユリアの全身を、蛇型怪獣の胴体が更にきつく締め上げる。二大怪獣の連携の前に、ウルトラレディは抵抗も出来ず一方的に嬲られていた……

InTheSea(11)

 遂にユリアのエネルギーが尽きた。蛇型怪獣が絡みついたままの巨体が、海底に両膝をつく。とどめを刺そうと猛然と襲い掛かるグビラに、とぐろを半ば解いた蛇型怪獣が電撃を浴びせかけた。力尽きたユリアを自分の獲物にするつもりなのだ。朦朧とした意識の中で、ユリアは水中に響き渡る怪獣たちの雄叫びを聞いていた……

という訳で、『凶気の海』は今回で終了とさせて頂こうと思います。決して、後先考えずに画を作ってきたからこの先の展開がもう思い浮かばない、とか、そういうことではないのですYO。全体のコウセイを考えた上でのゲイジュツテキ判断なのでSU。

相変わらず電撃の表現がうまくゆかずに悩みます。
「電撃以外のシチュを考えればいいんじゃね (゚Д゚)?」とおっしゃる方もおられるかと思うのですが、ウルトラシリーズでは電気ビリビリというのが怪獣の攻撃手段として、割と定番になっていたように思います。

ダメージを受けてますYO、というのが画的に分かりやすいので静止画でも便利なのですが……細かく描こうとすると、中々に難しい問題が生じてしまいます。うーむむむ。さりとて、他に使いやすそうなダメージシチュ(?)は思い付きませんし……(´ε`;)ウーン…
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメントの投稿

非公開コメント

No title

是非ともこの続編的な物を他のキャラでやってもらいたいですね。

見ててとってもワクワクします。

No title

ウルトラシリーズはじめ円谷系では電撃を表現するとき、放電するものは特に変化せず、電気をくらう対象だけに電流が走っていることが多いようですよ。海底のような暗いシチュならスパークに加えてユリアの体表を若干発光させるとそれっぽくなるんじゃないでしょうか。さらに合成スタッフが凝って電撃受けたキャラがネガ像になったりシルエットになってガイコツが浮かぶケースもありましたねー(そこまでいくとスーパー戦隊のギャグシーン?)

No title

電撃って。
とっても良いものですよね。

ドリルは男のロマンですよね。
ね。

このあとは、蛇さんに食べられるか。
怪獣どうしがヒートアップして忘れられるか・・・・

ヒロピンの余韻ですね。
カッコイー!

ご感想をいただき、ありがとうございます

>サライヤ 様

ご感想をいただき、ありがとうございます。

私の乏しい発想力を考えると、そのうちネタが尽きてシチュの使い回しゲフンゲフン……同じシチュで表現を変えて挑戦するという事もあろうかと思います。その際には生暖かい眼差しでご覧頂ければ、と思います。

>MFJ 様

アドバイスを頂き、ありがとう御座います。

放電している、もしくは感電している対象を光らせてみたらどうだろうと私も思い、今回は放電している蛇型怪獣の方を光らせてみました。……一枚目の画がそれなのですが、どうもうまくいっていない気が ( TДT)

単純に光らせただけでは、その部分が周囲から浮いてしまい不自然になるような気がします。ではどうすればよいのか (゚Д゚)? と聞かれると、そこが難しいわけでして……。゚(゚´Д`゚)゚。

>ヒンデンブルグ三世号 様

ご感想をいただき、ありがとうございます。

電撃もドリルも格好良いのですが、どっちも同じくらい表現が難しいです (ToT)。電撃は形が不定形だし、ドリルは回転してます……。動きを表現するにはぼかしをかけるのですが、ぼかすと迫力が薄れてドリルの真価(?)が薄れしまうように思うのです。男のロマンとは容易には手にはいらない物なのですね ヽ( ´ー)ノ フッ

この後の展開はご想像にお任せいたします。多分、アレですね、怪獣同士が戦っている隙に……という、いがいせいにみちあふれたてんかいになるのではないでしょうか(棒)

No title

これは素晴らしい野生の王国ですね。きっと制作はナショジオに違いない!

電撃とドリル・・・特撮二大素敵シチュとは贅沢ですね~。二枚目はカラータイマーも攻めているようで最高です。そもそも暗い海底で点滅するカラータイマーって、グビラからすればここを狙えって言ってるようなものという気がします。ていうかグビラ可愛いなぁ。顎のあたりが着ぐるみっぽい造型でステキ。(*´▽`*)

ドリル表現は十分迫力あると思いますよ。火花も出ているから高速回転でドギャギャギャって感じがします。エリアスは近作のイメージから皮膚やタイマーを比較的簡単に貫かれてしまうイメージがありますけど、ユリアはかなり固そうですね。ファイタータイプって感じがして良いなぁ。(´ー`* ) ソフィア隊長なんてもっとカッチカチなのかな。(゚∀゚)

いててて

この展開を予想しておいてナンですが、あのドリルが肌に食い込む様って想像しただけであだだだ 辺りに血と肉片があわわわ

あー痛かった。でもこの流れは、獲物の奪い合いで怪獣どもが共倒れに陥ったトコロで先輩の登場ですかね。「まったく世話の焼ける後輩だな、お前は☆」とか言っちゃったりしてドキドキw

ご感想をいただき、ありがとうございます

>マキシモ 様

ご感想をいただき、ありがとうございます。

怪獣たちが跋扈する自然(?)の光景も、なんだか格好良さそうですね。ナショナルジオナントカさんが作ってくださらないかしら……と、思っておりましたが、考えてみたら大怪獣バトルがすでに有りました (^_^;)

暗い海中では確かにカラータイマーは目立ちそうですね……って、よく考えてみると地上でもかなり目立ちそうですカラータイマー。的の真ん中を赤く塗っているようなもんですですから、これはもう「ここを撃って下さい m(_ _)m」と書いてあるも同然。もう何度目の疑問だか分かりませんが、本当にこれは何なんでしょう……

ドリルが回転しているようにご覧いただけたら幸いです。実際の所、ドリルの表現があまりうまく行かなかったので、火花で誤魔化している次第です (;´Д`)。実際の所、ドリルが刺さったりしたらエライことになりそうですからね……到底私には表現出来ない、と言うかする気にもなれないくらいに (゚A゚;)ゴクリ

やはり戦闘力が高い場合は、身体もカッチカチなのでしょう……と言うことは、あんな所もカッチカ…… イワセネェヨ!(# ゚皿゚)Ю)゚ロ゚)/.

>kuro 様

ご感想をいただき、ありがとうございます。

確かに想像してみるとドリルをグリグリ押し当てられるって、恐ろしいシチュですね ( TДT)。なんか映画の「ソウ」とかで有りそうな……(私は第一作目で懲りて、それ以降は見ていないのですが)。なんという猟奇的シーン! 私は想像力が乏しいおかげでリアルに想像せず(できず)に痛い思いをせずに済んでおります。やったぁ! 創作の才能がないおかげだネ ヽ(´ー`)ノ

個人的には獲物の奪い合いでユリアの存在を忘れる怪獣たち、そこで復活したユリアが力を振り絞って……という妄想をしておりました。え? ユリアはエネルギーが尽きたって書いてあるですって?? いやだなぁ、そこは皆さんご存知の例の力が発動するに決まってるじゃないですか。これならご都合主義的な展開にならずに済みそうですよ。やったぁ!

にょほー(*´ω`*)2対1で、しかも電撃とドリルのコンビネーションでやられちゃうユリア…いいですねぇ。力尽きたユリアをよそ(?)に、さっきまでの敵を、今は餌をとりあうように争う二体の怪獣がよりユリアの敗北感を強めているように思います(о´∀`о)お世辞ヌキヌキで電撃の表現GooDだと思うのですがね(´・ω・`)本家ウルトラマンのピンチを参考にすると、ヒッポリトさんとかゼットンさんとか、ギーゴン(これはマニアックなピンチでしょうか?)など様々なダメージシチュがありますね。具体的な攻撃例は泡、電撃、怪光線、エネルギー吸収、冷気、毒液(粘液)、殴る蹴る…。本来もっとこの下に長々と文が続いていたのですが何を話してるのかワケわからなくなってきてたのでここいらできっておきます(笑)
長文失礼しました!

No title

肩のそばを攻撃とは、意外とお手柔らかなグビラですね!
もっとえげつない所へ行くかと予想しておりました。
まあ、ここまで至ってしまえば同じことですけれど・・・

放電の件ですが、これは気体中でしか起きない現象で、まして電気を通す海水中ではあり得ないだろう、と思っておりました。
しかしよく調べてみると、そうでもないようです。
液体中でも、絶縁物の表面に沿って樹枝状の放電路が形成される(沿面放電)ことはあるようです。
どうも、円谷プロの表現が正しいみたいですね。

ご感想をいただき、ありがとうございます

>姫 様

ご感想をいただき、ありがとうございます。

二体の怪獣にいっぺんに……というシチュはいいですよねフヒヒ。前から後ろからあれやこれやされちゃうのが素敵だと思うのですが、なかなかその”あれやこれや”のエフェクトが満足の行くレベルに達しませんです (´・ω・`)。

DVDなんかでウルトラシリーズを観ては、「おっ、これはよいのでは ((o(´∀`)o))ワクワク」などと思うのですが、CGで再現しようとすると分厚い壁が立ちはだかったりします。電撃のような不定形の存在は描くのが難しく、光線のように発光しているものは画面から浮き上がりやすく、液体は……とにかく難しい。゚(゚´Д`゚)゚。という次第です。殴る蹴るでさえポーズと動きのエフェクトがうまくいかない始末…(;´Д`)ウウッ…

まぁ、とにかく色々やってみて勉強しよう(・∀・)/ ……などと言っているうちに、丸2年が経ってしまいました。色々やっても結果が……(ToT)

>aosa 様

ご感想をいただき、ありがとうございます。

グビラのドリルなのですが、1枚目は実は胸のあたりに当っております(というか、シーン設定の画面ではそう配置したつもりなのです)。ただ、アングルとドリルのぼやけエフェクトのせいで何処にあたっているやら分からなくなってしまいました。グビラはドリルのサイズが以外に大きい事と、構造上、体全体を動かさないとドリルの位置を決定できないため、細かい調整が少々難しいようです。せっかくのドリルなのにぃ……( TДT)

私も海中で放電すると、導電体(水)に囲まれているので四方八方に電気が流れちゃうのかなぁ、と思っておりました。ただ、これだと静止画で表現した時に何がなんだか分かりませんし……。なんと申しますか、物理的現実よりもそれっぽさを重視して画を作りたいと思っております (^_^;A)
検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

NANASI

Author:NANASI
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR