FC2ブログ

習作:無表情ヒロイン

Mask(0)

 巨大な軟体怪獣はぶよぶよとした身体を波打たせて、仰向けに倒れたウルトラレディにのしかかった。ぬるぬるした怪獣の体表から糸を引きながら滴り落ちた体液が、ウルトラレディの銀色の皮膚に触れた瞬間、白い煙が上げる。強い酸性の液体が銀の皮膚を黒く変色させてゆく。ウルトラレディの表情のない顔が天を仰ぎ、無言で激しい苦痛を訴えていた……
Mask(1)

 怪獣はウルトラレディの胸の上まで身体を進めると、骨のない身体を膜のようにウルトラレディの身体の上に広げ始めた。軟体怪獣の体がウルトラレディの全身を包み込んでゆく。レディは必死に逃れようとするが、数万トンの怪獣の体重に押さえつけられて身動が出来ない。やがて、ウルトラレディの全身は完全に軟体怪獣の体内に取り込まれてしまった。怪獣は”飲み込んだ”獲物をゆっくりと消化し始める。隊員達は必死に頭を振ってもがき苦しむウルトラレディの姿を、ただ見上げることしか出来なかった……

当ブログで使用している巨大ヒロインはみんな瞳がついております。これは私の趣味もあるのですが、瞳がないと感情の表現が難しくてCG作成の難易度が上がってしまうという理由がありまして……

などということを過去に書いた記憶が何となくあるのですが、改めて考えてみたところ、瞳のない巨大ヒロインを使用した事自体、そもそも一回も無かったということに気が付きました!

使ったこともないのに、偉そうに難易度が云々とか言うのは我ながら変じゃない (゚Д゚)? という気が急にして参りました。

ふむ。改めて考えてみると、感情の表現が無いほうがむしろ良いということだってあるんじゃないかしら? 怪獣の攻撃や他の事(ってナニ?)に無表情で耐え続けるヒロイン。いいですなぁ (´∀`*)ポッ

という次第で「無表情なヒロイン」をテーマに、新しいタイプのヒロインを作成してみました……まぁ、そんなに大層な話ではなくて、単に眼のマテリアルを変更しただけですが。

で、結果は如何に……うーん? 思ったよりも、というか思った通りというか、なんとなく違和感が……(・_・;)

やはりウルトラマンのような「人間以外の顔」をした、いわゆるマスクヒロインならば無表情(当然ですが)でも違和感はないのかもしれませんが、人間の顔をしているのに無表情、というのは少々不自然な感じがします。

それとも見慣れない為に、違和感を感じてしまうのでしょうか? もう少しシチュやポーズを変えて、こちらが慣れてゆけば、これはこれで良しといえるようになるのかもしれません。何にせよ違和感の正体はその辺に有りそうです。断じてカメラアングルが変わらない手抜きのせいとか、髪の毛が地面にめり込んでいる不自然さのせいとか、そういうことはありません。ありえませんよ、そんなことは (; ゚皿゚)q
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

No title

これは確かに違和感ありますよね・・・という第一印象でしたけど、瞳のないウルトラヒロインのサイトをいくつか見て回ってきた後で改めて見たらあら不思議。これはこれでアリかもしんない。やはり慣れではないでしょうか。でも、口や眉毛を動かせば思ってる以上に表情が出るかもしれないですねー。もしくはもっと大胆にマスクやプロテクターで口を隠すとか、そういうのも面白そう。って趣旨が違ってきますね。すいません。(゚A゚;)

この怪獣はユリアを丸呑みしたアイツでしょうか。イモムシやナメクジっぽいのにムカデのような多足が何とも気持ち悪いですね。こういうの大好きです。\(*^^*)/

No title

私の場合。
苦しんだり他の表情(ってなに?)で自分のヘタレ感をちょっとでもボカそうという魂胆で画像作ってます。

使っているフィギュアの目が小さめなので瞳で感情を現れないというのもありますけど。

無表情でヒロピンを表現できるNANASIさんはカッコイイと思います!

No title

これは慣れの問題のような気がしますね。
今までの表情豊かで瞳を持ったエリアスを見慣れてますからねぇ・・・
もしも最初から、無表情が基本のエリアスだったとしたら・・・それはそれで受け入れられたかもしれませんね。今回の絵を見てそう感じました。

ウルトラマンの顔が無表情なのは、人々を慈悲の心で包む仏様の顔をモチーフにしているということをどこかで聞いたことがあります。
人類の敵から見れば、無慈悲で強大な敵となるウルトラマン。
そんなウルトラマンが苦戦し傷ついても、表情だけは変わらない。
・・・なんかサディスティックな感情が生まれちゃいますね^^;
これが女のウルトラマンだったら・・・(苦笑

例えばうちのUGなどは、大先輩のCANDYさん(レイ・ガデス)、CRPさん(レイ・ブルーウォーター)、willothewisp33さん(月夜美)のキャラにも多大な影響を受けました。
皆さん、人間的な顔立ちながら瞳が無く、表情の変化も比較的抑え気味のキャラにされていたと思います。
そういったところで、NANASIさんの作られるキャラは良い意味で対極の位置にあると思われ、大変新鮮な気持ちでいつも拝見しています。

私は無表情はなかなか良いと思います。というより大好きです←
タイマーだけでなく瞳の光がチカチカしたりと、目に見えるピンチの緊張感要素が増えますしね(*^m^*)
無表情はほとんどマスク系で 確かに人間顔で無表情だと少しマスクで無表情とは違った印象を受けますね。でも良いと思います´ω` ヒロインが無表情ながらも体で表す苦しみは良い萌え要素だと思います。
無表情ながらも、土を握りしめたり、体をくねらせたり…普段より、無表情でピンチ感に対する相乗効果というか…無表情が出すピンチの味は格別(ry

無表情のシリーズ続けて見て欲しいなぁなんて←

長文失礼いたしました 日本語が崩壊してる部分があるかもですが気になさらず

ご感想をいただき、ありがとうございます

>マキシモ 様

ご感想をいただき、ありがとうございます。

ふーむ、やはり無表情は違和感がありますね。瞳を無くした上で表情を付けるというのも考えたのですが、それでは前とあまり変わりがありませんし。なにより、そのタイプのヒロインについては既に多く方が実現・発展されておられるので、私がなにか結果を残せる余地はなさそうです……他ならあんのかよと聞かれると困りますが (・_・;)

グロテスク系のクリーチャーはいいですよねぇ~ ((o(´∀`)o)) ヒロインがグロテスクなクリーチャーとくんずほぐry

>ヒンデンブルグ三世号 様

ご感想をいただき、ありがとうございます。

表情無しでピンチ感(正しい日本語?)を表現するのは、想像した以上に難しいです (A;´Д`)。構図やポーズに相当に工夫をしないと、何をやっているのかさえさっぱり分からないという事態になりそうです。しかも、どう工夫をすればよいかさえわからないという始末……。その辺の工夫の仕方がわかるまでは、表情でピンチ感(?)を表現したほうがよさそうです。

瞳を消す時は、目のサイズそのものを相当に大きくしないとダメなようですね。それに気づかず、最初に単純に瞳だけを消した時は、目がドコにあるかさえよく分からない状態になってしまいました (^_^;A)。瞳無しの場合は、瞳有りの際とは全く異なる工夫が必要なのだと思い知った次第です。

>にゃん 様

ご感想をいただき、ありがとうございます。

無表情というのはエロ……面白そうだと思ったのですが、単純に表情を消しただけだと異様な感じもします。ご指摘の通り慣れの問題というのもあるのでしょうが、それでも「瞳有り」と「瞳無し」を混在・並立させるのは難しいかもしれません。

仏様 ≒ ウルトラマン……仏様は怪獣を殴ったりしないような気がしますが (゚д゚lll)、それはともかく、無表情なヒロインのピンチシーンの妙はにゃん様のご指摘のとおりだと思いました! 苦戦しても傷ついても表情には表さないまま悶えるヒロイン (;゚∀゚)=3ムッハー

私もにゃん様と同じく、大先輩の皆様の人間的な外見(顔)の巨大ヒロインに魅力を感じ、この世界に入ってしまいました (^_^;)。といっても、私も場合は最も強く影響を受けたのはにゃん様のUGシリーズのような気がいたします。グラマーなヒロインの体型が、よりリアルに見えて素晴らしかったのです (´Д`*)ハァ…

なかなか理想のヒロピンに近づけずにおりますが、なんとかそれに近づけるように努力したいと思います (・∀・)ノ

>姫 様

ご感想をいただき、ありがとうございます。

確かに目の光が消えたり、とか新しいピンチ表現も可能になりそうですね!

ただ、表情に頼らずポーズだけで苦痛を表現するのは、かなり難しいです (;´Д`)。やはり「目は口ほどになんとなら」ですね……。その辺の表現方法の工夫を発見出来れば、無表情で苦悶するという微妙かつナイスで新規なヒロピンの境地を開拓できそうなのですが……うーん、どうすればよいのでしょう (´Д`)ハァ…

その辺の研究も兼ねて、今後も少し習作という形で無表情ヒロインを作ってみるかも知れませんです。手探り状態なのでアレな結果になりそうな気がしますが、その際は広い御心でご覧いただければと思います m(_ _)m

これはこれで☆

初代UマンやUセブンは、FRPではなくゴムでマスク全体を作ってみたり、口部分に可動域を設けたりしていました。銀色でエッジの立った非人間的な顔面に、なんとか物理的な表情がつけたいがゆえの模索だったと聞きます。でもそれらの挑戦が初期のみで終わっているのは、あきらめたのではなく仕草や顔の角度で表情がついて見えたからだと思います。

門外漢の自論ですが、CGは絵画と実写の中間に位置していると思います。アニメはキャラをいくらでも変形させられるし、実写特撮はリアル感でアニメを凌駕します。

どちらとも違う風合いを持つのがCGなので、どちら寄りにも出来るのが強みではないかと思います。ウルトラヒーローの銀色の顔に、無理なく表情をつけたり、アニメカラーのガンダムを、質感や汚しで限りなく現実世界のロボット兵器に近づけたり出来るジャンルです。

どちらのやり方でも巨大ヒロインは表現可能ですし、あとはどう見せたいか?の部分じゃないでしょうか。自分的には表情が無いと実写特撮風に、表情が豊かだとアニメ風に見えると思っています。

しかし今回のピンチ、洒落にならなくなってません?w 溶かされちゃう…

No title

瞳が無い、だけではなく、口は開かず、喋る事も無い、というキャラクターですか?
とっつきにくいですが、その分クールで、高貴な感じがしますね。
これはこれでよろしいんじゃないですか。

しかし、呻き声もでない、というのではさすがに表現が難しそうです。
「身体の不自由なヒロイン」みたいで、逆に萌えてくるものがあるかも知れませんけど。
或いは、身体に大怪我を負ってしまい、表情と目を失っていた未来のエリアスだったとか・・・

ご感想をいただき、ありがとうございます

>kuro 様

ご感想をいただき、ありがとうございます。

ウルトラマンの造形には色んな工夫があったのですね。大変勉強になりました m(_ _)m

『表情がないと特撮風、あるとアニメ風』との御指摘はなるほどと納得いたしました。もともとベースになっているフィギュアAiko4自体がアニメ調のフィギュアなので、どうしてもアニメっぽく見えるのだと思われます。表情、というか瞳の部分を消去することでアニメっぽさが薄れるのかもしれません。大発見!……とはいえ、これをどう利用すればよいのやら分かりませんが (;´д`)

毎回それなりに大ピンチだとは思うのですがw、敵に飲み込まれるというシチュで絶体絶命感を表現出来たらと思っております。敵に抑えこまれて溶かされそうになる、という溶解シチュ(?)って、結構いいと思うのですウヘヘ……いや、もちろん実際に溶かされたらグロすぎますので、寸止めでお願い致します(誰に?)。

>aosa 様

ご感想をいただき、ありがとうございます。

ご指摘の通り、無表情だとクールな感じもしますね。性格までは考えておりませんでしたが、そういう設定も出来そうですね。しかし、とっつきにくそうというのもご指摘のとおりで、少々扱いが難しいですね (´ε`;)ウーン…

声が出ないと確かに表現が難しすぎるので、「ヘアッ!」とか発声するということにしましょうか。意味のある言葉を喋ると無表情っぽさ(?)が薄れるような気もするのですが……そんなこともないかな (゚Д゚)? 

どうも思い付きで始めたものなので、細かいところまで考察が行き届いておりません。そのうち、もうちょっと細かく考えてみたいと思います。

No title

こちらでは瞳のあるヒロインを見慣れているだけに、たしかに違和感はありますね。でも、これはこれでアリかもしれません。
顔は無表情でも、全身で感情表現は可能だとよく言われますが、かなりオーバーアクションにする必要もありそうですよね。
キーラ戦で目つぶし攻撃をくらってのたうち回るウルトラマンなどは、そのいい例じゃないかと思います。
人間顔のマスクで無表情というと、マイティレディがまさにそれですが、果たしてどれぐらい参考になりますか…。

それから、無表情=無言というわけでもなく、一応声は出せると思います(ウルトラマンは口を動かさずにどうやってあの声を出しているのか謎ですが、体の構造が人間とは違うんでしょう。笑)。女の子の声で「ヘァッ!」っていうのも意外に萌えるのかもしれません。

と、いろいろ考えてみましたが、エリアスはやっぱり表情があった方がわかりやすいようにも思います。すみませんまとまりがなくて…。

>M78 様

ご感想をいただき、ありがとうございます。
返事が遅れてしまい、申し訳ありませんでした。

無表情ヒロインを実現する際は体の動きだけでの感情表現というのが、やはりネックになりそうですね。動画の場合は体の『動き』でそれを表現することも出来るのですが、静止画像の場合は……(;´Д`)ウウッ…難易度がやたらに高くなりそうです……

発声については、うーん、難しい所ですね。まぁ、喋っても喋らなくても、CGの内容には関係がないのですが (^_^;) やはり表情がないと難易度が高くなる、という当初の予測が正しかったことだけは、ちゃんと証明されているように思います。

No title

どうも!いつもこっそり拝見させて頂いております(´∀`)

個人的には瞳があったり、表情があったりするよりもこっちのほうが違和感がなかったりします。
ウルトラマン自体が無表情なので、よりウルトラな巨大ヒロインっぽいというか。
他の方も仰ってますが、目の光具合とか、色の変化、消灯なんかで意外と表現できたりできなかったり。
指先の細かな動きとかつけるとより表現できると思いますが、これはこれで面倒なこともあり!(´д`;)

自分自身が作るのも無表情タイプということもあるんですが、無表情タイプはやはりえろいです。
今まで通りの表情あり、今回のような無表情、どちらにしろ今後ともご活躍を楽しみにしております

>LiL 様

ご感想をいただき、ありがとうございます。
ブログをご覧頂き、ありがとう御座います m(_ _)m

表情有りと無しはご覧になる方の好みで、評価が分かれそうですね。まぁ、この業界(?)そのものが非常に趣味性の高い代物なので、受容できるか出来ないかはきっぱりと分かれそうです。瞳がないほうが確かに特撮っぽい感じもしますが、静止画では瞳があったほうが感情や細かい状況を伝えやすいわけで……うむ、やはり評価の基準は『個人の趣味』くらいしかなさそうですね (^_^;)

私はどちらかと言うと「表情有り派」なのですが、それでも無表情なヒロインには独特のえろちしずむがありますねウヘヘ。なにかその辺をうまく引き出す方法ないかな、と考えております。

No title

NANASIさんのキャラクター(She Freak V4のA4適用でしょうか?)は表情画像構成含めて大変魅力的ですので無表情でも表情有りでも大変楽しませて頂いておりますので新たなスタイルの構築を楽しみにしております。

当方の場合ですが「無表情状態の表情」を頭部や目のサイズを含めてデフォルト状態からかなり調整して、あとの表情の変化はライティングを微妙に変えて陰を付けたり、カメラの角度や頭部の位置を「それっぽく見える位置」に動かしたりしています。

あとは目の色を状況によって変える様にしています。ピンチや急なダメージを受けた時には青から赤に、疲労の蓄積は青から黄→橙にする感じで。それをカラータイマーの色と組み合わせています。尤もPOSERを使い始めたばかりの頃はシーン毎に表情を付ける作業がかなり大変だったという事情もありますが・・・。

それと先だってはGordianKnotの件でお役に立てず、すみませんでした。環境によっても大きく左右される様で、未だはっきりとした理由がわからずです。

>CRP 様

コメントをいただき有り難うございます。

SheFreakV4は持ってはいるのですが、使用せずにお蔵入りの状態です (A;´Д`)。あれを使用すると少々ゴツくなりすぎるきらいがあるようですので、泣く泣く使用を諦め、「Morphs++」で調整を加えております。

CRP様のヒロインは、陰影まで計算に入れておられたのですか!? 陰影で表情を表現するというのは、思い付きませんでした。ううむ、無表情に表情を表現するというのは、私が考えていた以上に難しいですね、嗚呼 (ヽ´ω`)

目の色を変えるというのは、逆に瞳あるヒロインには出来ない表現方法ですので面白そうです。瞳があるとその箇所は余り加工の余地がないのですが、光っているなら汚れなんかを細かく書き込んだりして、リアリティを上げるという手もありかもしれません ヽ(´ー`)ノ

GordianKnotの情報、本当にありがとうございました。御丁寧にお知らせを頂き、本当に嬉しく存じます。どうもWindowsXPではないと動作しないようでもありますね(当方はWindows7を使用しています)。残念ですが、GordianKnotさんとはご縁がなかったのだと思うことにいたします。私達、ずっとお友達でいましょうね(棒)

No title

わたしの経験だと、無表情のマスク型のヒロインは、首の角度やひねりで感情を表現すると良いですよ。
手の動きとか、握った手と、開いた手とか、上体ののけぞりとかを加えて、パントマイムのように全身で表現するといいですよ。

>CANDY 様

コメントをいただき有り難うございます。

貴重なアドバイスを頂き、有難うございました m(_ _)m

ただ、パントマイムと同様に姿勢だけで感情を表現するのは、かなり難しいですね (;´Д`)。動画ならば「姿勢の変化」でなにがしかを表現出来るのでしょうが、静止画ではそれもない訳で……。

頭から足まで、それぞれが矛盾や破綻せずに一つの感情を表現できるように各関節を微調整して、そしてカメラアングルにも問題がないように……あうー (@_@;) なすべき事山積みでなんだか頭が痛くなってきます……
検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

NANASI

Author:NANASI
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR