FC2ブログ

牙(2)

Rat(3)

ビシィッ! バシンッ!
(あうっ! ぐうっ!)
 腕の傷を庇って身をよじるウルトラレディを、怪獣の長い尻尾が容赦なく打った。銀色の身体に太い肉の鞭が食い込む度に、エリアスの巨体が激痛に震える。大きくしなる怪獣の攻撃から逃れようとするウルトラレディの動きは、何故かひどく鈍かった……
Rat(4)

 ウルトラレディはどうにか立ち上がり、怪獣と戦うべく身構えた。だが、怪獣のほうが早かった。長い尻尾を大きく振り回すとウルトラレディの身体に巻きつけた。振り回された勢いの付いた尻尾は、エリアスの上半身に螺旋状に絡みつく。

Rat(5)

 絡みついた怪獣の尻尾が、ウルトラレディをきつく締め付ける。エリアスの表情が苦悶に歪み、身体が弓なりにのけぞってゆく。必死に身をよじるウルトラレディの動きは弱々しく、怪獣の締め付けから逃れることが出来ない。
(ど、どうして……身体に、ち、力が入らない……)

Rat(6)

 怪獣は尻尾を振って、ウルトラレディを地面に叩きつけた。轟音と共に濛々と土煙が舞い上がる。仰向けに倒れウルトラレディの全身に、怪獣の太い尻尾が更にきつく食い込んでゆく。ぎしぎしと巨体が軋む不気味な音とカラータイマーの点滅音が戦場に響く……

Rat(7)

「ククク、間違イナクうるとられでぃは、我々ガ仕込ンダ『宇宙破傷風菌』ニ感染シタヨウダナ」
「タトエアノ戦闘めかニ勝テタトシテモ、衰弱シタ身体デハ次ノ戦闘ニハ耐エラレマイ」
「今ノ状態ナラ、誰ガ戦ッテモ、容易ク打チ倒セルナ」
 モニターに映る苦戦するウルトラレディの姿に、ガッツ星人たちの哄笑が響いた……

ガッツ星人3「今ノ状態ナラ、誰ガ戦ッテモ、容易ク打チ倒セルナ ヽ(´ー`)ノ」
ガッツ星人2「あ、そう? じゃあ、お前、明日仕事やっといて。一人で」
ガッツ星人3「え (゚Д゚;)?」
ガッツ星人1「あー、そうそう、地球のお土産忘れんなよー」

こうしてガッツ星人の作戦は失敗に終わった。

相変わらず動きを表現するのが苦手です。他の方の巨大ヒロイン系のご作品などを拝見する度に「なんで俺だけうまくいかんのじゃー( ゚皿゚)キーッ!!」ってなります。( ゚皿゚)キーッ!!

今回のシチュは帰ってきたウルトラマンの「郷秀樹を暗殺せよ!」を参考にしております。事前に別のネズミ怪獣をけしかけてウルトラマンに破傷風を感染させ、弱らせてしまうという頭脳派の宇宙人が登場するのですが……

確かに破傷風の原因菌は鼠の腸内に生息しているらしいので、ネズミに噛まれると破傷風にかかる可能性があるらしいのですね。しかし、劇中に登場する巨大ネズミはネズミ型メカ。メカの形に合わせて破傷風菌を用意したのか、それとも破傷風菌を手に入れてからそれに合わせてネズミ型メカを作ったのか……なんにしても妙に凝ってますね、この宇宙人。もっとほかのところに頭を使っていれば良いものを (;´д`)トホホ…
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメントの投稿

非公開コメント

えー、折角追いつめたのに

上司が馬鹿で作戦失敗…? ネズ公かわいそ…

しかし尻尾でからめとった上で地面に叩き付けるとは、実写特撮ではなかなか出来ないシチュだけに、斬新だったり羨ましかったり

実際の「郷秀樹を暗殺せよ」では、変身前に宇宙人に隙をつかれて打たれる注射が実に痛そーでした☆

No title

NANASIさん、最近の絵は巨大感表現が絶好調ですね^^
動きも臨場感も迫力もすんごいバッチグーですよ。
あと、Vueでの質感表現も、エリアスの表現も言うことありませんね^^

4枚目のエリアス手前の砂山。すごいリアル。
POSERだけだと、なかなかここまでのリアリティが出せないんだよなぁ・・・

いつも楽しみに見に来てます。
頑張ってくださーい^^/

ご感想をいただき、ありがとうございます

>kuro 様

ご感想をいただき、ありがとうございます。

今回の教訓はまず第一に『みんな仲良くしようね ( ´∀`)』ということですね。悪役は大抵作戦はうまくいくのに、仲が悪く協力が出来ないせいであたら好機を逃してばかりです。第二の教訓は『仕事をする時は自分に責任が回ってこないようにしよう (# ゚皿゚)』ということです。よいこのみんなもしゃかいじんになったら、これが『ひっすのすきる』になるんだよ。ウルトラレディとの約束だ!

もう少し動きを表現する技術があれば、ヒロインを右に左に振り回すというシーンが作れたのですが (´ε`;)ウーン…未だに思うようなシーンを作ることが出来ずにおります。

チュ、注射ですと。そのシーンは記憶に無いのですが、注射が苦手な私には、それは超ショッキングシーンですよ ((((;゚Д゚))))ブルブル

>にゃん 様

ご感想をいただき、ありがとうございます。

巨大感を出す方法は、未だに『近くに大きさの比較になるものを置く』という方法に頼っております。お陰でいつも背景が同じです (;´д`)トホホ…なにか新しい方法を開発せねばと思ってはいるのですが。質感についてはPhotoshop様に頼りきりです (^_^;) ポストワークの技術については色々と試してはおります……結果が出ていないだけで (´・ω・`)

いつもコメントを頂き、本当に有難うございます (´;ω;`)。コメントをいただくと、本当に励みになります。ご期待に応えられるよう、ヒロインたちにどんどん悪いことをしようと思いますフヒヒ

No title

1枚の画からその前後が想像できるので、動きがないようには見えないです。というより、いろいろ妄想できるのが楽しいです。

新マンVSロボネズ戦を彷彿とさせますね。あちらはナイトシーンですが、白昼の戦闘も砂埃が危機感を感じさせていい感じです。
悶えるアリエスに萌え、ですね。もっともっと、いけないことして下さい(笑)。

脇にみえる黄色いクレーンも巨大感を感じさせる小道具としていいですね。戦闘に巻き込まれて破壊されそうな感じですが…。
で、思い出しました。「ゴジラVSモスラ」で、バトラがゴジラに大観覧車をぶつけて転倒させるシーンがありますね。そのあと、ゴジラがもがいて観覧車の鉄骨がバラバラになるのですが、あの破壊シーンは鉄骨構造物フェチにはたまりませんでした(そういう細工をリクエストしているわけではありません…)。

それにしても、こちらではガッツ星人のお間抜けキャラが定着したみたいですね(笑)。地球のお土産って、人間の標本だったりして?(それはダダでしたね) 

No title

3枚目の画最高~。(>_<)
エリアスは自分の体重支えられてないですよね。
いわゆる怪獣に全てを預けている状態で興奮します、ウヒヒ。
エリアスの肌の汚れ具合もGOODで~す。ワオッ!

No title

自分だけ上手くいかん!
と言うときは。
私の駄作をご覧ください。

ガッツさんと一緒に笑ってやってください。
フッて。
フッて。


ネズミ型メカ・・・・
メカなら無菌室とかで作りそうですよね。
そこまで凝ってる宇宙人なら。

ご感想をいただき、ありがとうございます

>M78 様

ご感想をいただき、ありがとうございます。

当ブログのCGはことごとく、ご覧になる皆様の脳内補完に大いに頼っております (;´д`)。皆様におかれては大いに妄想をしていただければ幸いです ヽ(´ー`)ノ ……それならCGに何の意味が (;´Д`)

構造物破壊シーン(?)は特撮の華ですね―ヽ(´ー`)ノ ウルトラマンでもビルが破片を撒き散らしながら崩れ落ちるシーンなんかがあると、シーン全体の迫力が増すように思います(ビルを崩しているのは大抵ウルトラマンですが……)。そんなシーンも作れればとは思うのですが……。この種のシーンもポストワークで作成することは可能らしい(ポストワークの教科書のたぐいに似たような事例が多くあります)のですが、なかなかうまく出来ずにおります……ああいうテキスト類は、なにか大事なポイントを読者に隠してるんじゃないですかね (# ゚皿゚)q

ガッツ星人はお間抜けと言うよりも、仲が悪いのでしょうきっと。悪役もみんなか仲良く思いやりを持って作戦にのぞめば良いと思うのですが……それは普通に良い人ですね、ハイ。

>なかカジ様

ご感想をいただき、ありがとうございます。

完全に無力で怪獣の為すがまま……いいですよねぇフヒヒ。ウルトラレディの肌の表現はポストワークで毎回色々な方法を試しております……つまり、未だに最適な方法を見つけることができていないという意味なのですが (;´д`)。 ある方法がうまく行ってもシーン(ライティング等)が変わると、途端にうまく行かなくなったりしてしまいます。ああいうテキスト類は、なry

>ヒンデンブルグ三世号 様

コメントをいただき、ありがとう御座います。

いや、そんなことはないですよ。マジで。どの方のご作品を拝見しても、
・私よりフィギュア(ヒロインや怪獣)がリアルに見える ( ゚皿゚)キーッ!!
・私より動きの迫力がすごい ( ゚皿゚)キーッ!!
・私よりポーズがリアルで説得力がある ( ゚皿゚)キーッ!!
・構図が凄いカッコイイ ( ゚皿゚)キーッ!!
・エローい (*´艸`*)ポッ
という感じで ( ゚皿゚)キーッ!! ってなります。( ゚皿゚)キーッ!! 

やはりちゃんと勉強しないと、こうしたものは上達しないのでしょうか? 何か教科書のようなもので勉強した方がいいのかもしれません……でも、美術関係の資料は高いですしねぇ。そしてテキスト通りにやってもうまく行かなくなったりしますし。ああいうテキry

そもそもドコでウルトラマンに感染する細菌なんて見つけてきたんでしょう? 私はどうも、そこが不思議でなりません (゚Д゚)?

No title

そうか、メカだったのかー。尻尾のスピードと強靱さがよく表現されていて凄いです!質感も筋肉の塊みたいで締め付けるパワーにも納得です。見かけはヒョロいネズミなのに、強敵としての存在感を表現出来ているのはさすがだなぁ。

しかし、ここのガッツ星人はすっかりダメキャラのイメージが定着してしまいましたね。このポジションはダダ星人ってパターンが多いように思えるのですが、それもこれもすべてはあのスタジアムのガクブル醜態が原因・・・。(゚A゚;) 早く最強宇宙人としてのプライドを取り戻して、エリアスたちにあんなことやこんなことをゲホゴホッ

でも、戦闘の様子をモニタリングされてフフフフ・・・というのはいいですよねー。(゚∀゚)フヒヒ

GREAT ART

あなたの芸術は素晴らしいです!これらの素晴らしい写真が来てください!
ブラジルからのファン。

ご感想をいただき、ありがとうございます

>マキシモ 様

ご感想をいただき、ありがとうございます。

今回のシチュは前述の通り「郷秀樹を暗殺せよ!」というエピソードを参考にしているのですが、そのエピソードでネズミ型メカが登場するので、そのまま「メカでしたー(棒読み)」ということにしてしまいました。考えてみれば、もっとメカっぽく見えるように工夫をするべきでした。反省。尻尾の質感は、いつものごとくVue様の機能に頼りきりです。ありがたや~ (^人^)ナムナム

CGにくっついている文章以外の部分、区切用の直線以下の文章は、なんと申しますか、番外編というかジョークというか、そんな感じで受け取っていただければ幸いです。CGを作っていないだけで、ガッツ星人さん達はちゃんとあんなことやそんなことをしておりますよフヒヒ

戦闘をモニターしている暗い部屋で、というシチュはなんというか、もうお約束という感じもしますね。1人のガッツ星人が倒されると画面が切り替わって、「奴はガッツ星人の中でも最弱のガッツ星人 (ΦωΦ)フフフ…」みたいな感じで。ただ、暗い部屋でモニターが光を放っているというシーンを上手く作れずにおります。今回はかなり出来が悪かったですね (;´Д`) しかし「奴はCGの中でも最弱のCG (ΦωΦ)フフフ…」ということで(?)

>Mr.Villain for Hire

Thanks for your comment.
The evaluation to me from foreign visiter, I'm impressed!
I will endeavor to satisfy your expectations.(・∀・)ノ

Please forgive me if English was wrong.m(_ _)m

はじめまして

自分もここ最近になってやっとposerを使い始めて色々試行錯誤しているのですが、NANASIさんのようなウルトラレディを自分でも作ってみたいと思うようになりました。
正直、作成の方はてんで知識不足の状態なのですが
もしよければ使った素材や手法などを簡単に教えていただけないでしょうか?
一応ブログは全部読ませていただいたと思うのですが、もしあったらすみません。
是非参考にさせていただきたいので、よろしくお願いします。

>ガルド 様

初めまして。ブログをお読み頂き、ありがとう御座います。

最初は確かに思うような画が出来ずに悩みます……と言うか、私の場合は未だに思うように行かないのですが (´・ω・`)

私の画の作り方なのですが、ウルトラレディのベースはAiko4を使用し、これに「にゃん様」が作成された「肌のテクスチャ」を使わせていただいております。ちなみに、フィギュアの肌の色のベースを灰色にすると、銀色っぽく見えるようです(正確に言うとこれだけでは銀色にはならないので、後述のポストワークを加えてそれっぽくしております)。で、これにボディモーフで色々と設定を加えております。胸を大きくしたり小さくしたりとかですねウヒヒ

なお、グローブとブーツは「Victoria 4.2 Bodysuit Expansion Pack」という有料製品に入っていた(と、思う)ものを使用しております。髪の毛は各種有料製品を使用し、眼は「Animeyes」というこれまた有料製品を使用してアニメ調に変更しております。眼のアニメ調への変更は、自分の中でも賛否両論というところですが……(なお、以上は全てDaz3Dで販売されております、髪は一部違いますが)。

で、このフィギュアをVueという3Dレンダリングソフトに読み込ませてレンダリングしております。Vueは自然光の再現が非常に優れており、屋外の設定であればPoserよりも簡単に優れた設定が可能なのです……もちろん、Poserの設定をちゃんと学べばPoserでも問題ないのでしょうが、私には難しくて (ToT)

最後に出来上がった画像に、Photoshopでポストワークを加えております。私の場合はこのポストワークにだいぶ依存しておりまして、ウルトラレディの肌の質感などはphotoshopで「書き加える」形で表現しております。

という次第でして、私の場合はVueとPhotoshopに『おんぶにだっこ』されている状態です。そんな訳でPoserをお使いのガルド様には、あまりご助言を差し上げることが出来ないかもしれませんm(_ _)m

各プロセスについても、私なりのやり方や手法(というほど大層なものではありませんが……)があるのですが、なにぶん工程がそれなりに多く、1つずつ書きだしてゆくのが難しい状態です(フィギュアの体型の設定、ポーズの決め方、表情、カメラのアングル、ライティング、質感、彩度の調整、シャープネス……etc)。もう少し対象を絞っていただければ、お伝えすることも可能かと思います……正しいかどうかは甚だ怪しいですが (;´д`)

最後になりましたが、シーンを作成する際は写真や絵を見ながら、フィギュアを使ってそのシーンを『再現』する様な感じでポーズやカメラアングルを決めるとうまくいくようです。楽しいですし、練習にもなると思います (・∀・)ノ

また、フィギュアのポーズを予め記録した「ポーズファイル」を使用するとシーンの作成が楽になると思います。自分のイメージするポーズに近いポーズを選択し、それを一部修正して望みのポーズにすれば、作業を大幅に短縮できるわけです。ポーズファイルはショップで(比較的)安価に販売されていますし、ネット上で無料で公開されているものもありますので、お探しになってはいかがでしょうか?

以上、あまり参考にはならなかったかもしれません。説明することが多いのに、説明するのが苦手なもので (A;´Д`) ご不明の点がございましたら、また改めてお尋ねいただければ、お答えできるかもしれません。今後とも宜しくお付き合いをいただければ幸いです m(_ _)m

返信ありがとうございます!

質問内容が雑でしたね・・・すみませんorz
エリアスのようなウルトラレディを作ってみたいと思い、
NANASIさんがどうやってエリアスを作ったのかを聞いた次第です。
といいつつ、自分自身poserもフィギュア動かす程度しかしたことのないおこがましい身ですが(;´・ω・)

色々答えていただいた後で申し訳ないのですが、
フィギュア作成の箇所について、返信から疑問が浮かんだ箇所があるので、少し教えていただきたいです。

Aiko4はあるのですが、にゃんさんのテクスチャは残念ながら持っておりません。
にゃんさんのサイトは古くから見させてもらっていたのですが、
色々大変だったようですね、気づいたら見れなくなってしまってましたorz

そこで銀の肌についてなのですが、これは肌色の調整でそれっぽくなるそうですが、ウルトラマン特有の赤い模様部分とかはどうやって作成しているのでしょうか。

後、フィギュアの改造だけに関してはほかにはソフトなどは使用していないのでしょうか。

正直素人のしの字にも辿りつけておらず、改造なんて夢みてんじゃねーよと言われても仕方ないですが、なんとか頑張ってみたいと思います。

NANASIさんのエロカッコいい作品も最高ですので、まったりがんばってください!

>ガルド 様

えーと、フィギュアの体の模様についてですが、これはフィギュアの各部(胴体、腕、その他)に、Poserの「マテリアル」という項目から「イメーマップ(画像)」を設定することで実現しております。これでフィギュアの表面に、設定した画像が模様のように表示されます。この『画像(テクスチャ)』にウルトラマンのような模様が書き込まれてあればよいわけです。

この設定の手順は文章で説明すると少々長くなってしまいますので、他のサイトかテキストを参照して下さい。また、テクスチャの作成方法も実は全く理解していなかったりします……なんだか役に立たない情報で申し訳ありません (;´Д`)

次にフィギュアの「改造」ですが、改造というか、身体の細部の変形については「Victoria 4.2 Morphs++」というモーフファイルを使用しています。Victoria4(=Aiko4)フィギュアにこのファイルを適用すると、フィギュアに設定可能なパラメータが追加されます。体格を筋肉質にしたり痩せさせたり、腕や足の太さを変えたり出来るようになるわけです。あれやこれやのパラメータを細かく調整することで、理想のフィギュアに近づける(はず)わけです (・∀・)

後者の「Victoria 4.2 Morphs++」を使用するとフィギュアの体型を自由に操作できるようになって楽しいので、お勧めです。こうして調整を行ったフィギュアに髪の毛をつけたりすると、結構楽しめるのではないでしょうか? Poser用のデータは数が多くて探したり選んだりするのが難しいのですが、「Poser覚書」様など、こうしたPoser関連の情報を紹介されているサイトも沢山あるので、参考にされてはいかがでしょうか?

……以上、なにやらうまく説明になっていないかもしれませんが、ご参考になれば幸いです (A;´Д`)

ありがとうございます

無理な質問に答えていただきありがとうございますm(_ _)m
教えていただいた内容だけでも十分勉強になりました。

時間はかかると思いますが、焦らずなんとか自分の理想の
ウルトラレディを作っていきたいと思います。
検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

NANASI

Author:NANASI
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR