FC2ブログ

巨人ヨツデ

FourHands(0)

 怪獣出現の報告を受けて調査にやってきた防衛隊。そんな彼らに四本の腕を持つ異形の巨人が襲いかかる。逃げ遅れた隊員達を救うべく、ウルトラレディ・シエラは変身して怪獣に立ち向かう……
FourHands(1)

「はーっ!」
 背中に叩きこまれたウルトラレディのキックは、怪獣の全身を覆う分厚い鋼鉄のような筋肉に弾き返されてしまった。怪獣は驚くシエラをちらりと横目で見ると、興味を失ったように人間たちに向かって前進を再開した。

FourHand(2)

「こ、このーっ! そっちに行くな! ボクと戦え!」
 前進を続ける怪獣の腕にシエラは両腕でしがみ付くと、背後に引き戻そうと全体重をかけた。怪獣はウルトラレディを半ば引きずりながら、動きを止めた。

FourHands(3)

 怪獣が煩そうに腕を一振りすると、ウルトラレディの巨体が軽々と宙に浮かび上がった。シエラの全身はそのまま地面に勢い良くたたきつけられた。濛々と舞い上がる土煙の中で、シエラは苦痛に呻いた。

FoutHands(4)

 痛みをこらえて身を起こしたウルトラレディの背後から、怪獣の両腕がシエラの両腕を掴んだ。凄まじい力で腕を背後へと捻り上げられてゆく。
(こ、こいつ、なんてパワーなんだ……。組み合ったらボクのほうが不利だ……)


今回の怪獣フィギュアはだいぶ以前のセールの際に購入したものなのですが、思ったよりも使いづらく難儀しております。

腕が四本もある!∑(゚Д゚)ワオ この四本の腕でヒロインをちょめちょめ……(´∀`*)ムフー と考えていたのですが……

問題点1:腕が胴の後方から前方に向かって伸びる構造になっているので、チョメチョメしようにも腕が前方にほとんど届かない! → この問題を解決する為に全身のスケールを大きくした結果、ヒロインとのサイズのズレがとんでもないことに ( TДT)

問題点2:基本的にヒューマノイドなので、ポーズの設定が難しい。ヒューマノイドは構造が複雑なせいか、カメラのアングルによって印象が大きくズレてしまう気がするのです。それでそうしたフィギュアは少々嫌厭していたのですが、このフィギュアは基本的にヒューマノイドでありながら腕が四本あるという更に複雑な構造…… → ポーズの設定が非常に面倒でシーンの説得力がいまいちに (ToT)

問題点3:強そうな外見の割に眼がつぶらでちょっぴりキュート → ますますシーンの説得力ががが 。゚(゚´Д`゚)゚。

一応、あと記事一回分続けようと思っているのですが、なにやら大失敗の予感がビンビンといたします……わ、私が悪いんじゃないですよ? フィギュが悪いんです! そうに決まってます (; ゚皿゚)q
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

No title

このフィギュアは持っていないので出来るかどうかアレですが、関節のリミットを外して可動域を増やしちゃうとか、腕のxScaleを加減して都合のいいところに手を持っていくという裏技はどうでしょう?

No title

ご無沙汰しました。

久々のシエラちゃん登場ですね。
4枚目の、地面にたたきつけられたところはけっこう気に入っています。
お手本のようなハイキックもかっこいいです…が、われ関せずな態度の怪獣がまたいい味出していると思います。
アメリカのモンスター映画に出てきそうな雰囲気の怪獣だけに、ウルトラお約束の組んずほぐれつの格闘戦は苦手そうですね。
打撃系の技も光線技も通じなさそうだし、これからのバトルの展開が気になります。

お目々がキュートな怪獣は昭和のウルトラでも時々見かけますね。
ベムスターなんか、顔だけ見たらウルトラマンをあそこまで追い詰める怪獣とは思えないんですが。
これで面構えが凶悪そうだったら、ネクサスに出てくるビーストみたいな感じにもなりそうですね。









No title

シエラちゃんって、全然自分の実力が分かっていないようですね!
こんな敵、まともに相手にして勝てる訳が無いでしょうに。
エラソーにケリ入れてるし!
「組み合ったらボクのほうが不利だ……」なんて言ってるし!

組み合ってなくとも最初から不利です。
ピンチにしかなったことがないくせに、一体何を考えているんだろう、って感じです。
さっさと先輩を呼ぶなり、空中から光線技だけ出すにとどめるなり、もっと分相応の戦い方をわきまえるべきですよ。

そりゃあエリアス達も弱いけど、勝てないと分かっていて戦わざるを得ない、みたいな、覚悟と悲壮感が感じ取れました。
シエラにももっと精進して欲しいものです(・・・って、それは永久になさげ?)。

ご感想をいただき、ありがとうございます

>匿名 様

ご助言を頂き、ありがとうございます。

実は既に腕のスケールだけを拡大するという禁断の技を使ってしまっていたりします。五枚目の画がそうで、腕がどうしても体の前に届かないので腕を伸ばしております。アングルのおかげかあまり目立った違和感はないのですが、腕をおろしたりすると非常にアンバランスです 。゚(゚´Д`゚)゚。 なんというか、腕だけが異様に大きな「うでおばけ」みたいに見えるのです…… (ToT) 

フィギュアのパーツだけをスケール変更する、どうしてもアンバランスにはなりますよねぇ。強そうでかっこいいフィギュアなのですが、使うのがなかなか難しいです (A;´Д`)

>M78 様

ご感想をいただき、ありがとうございます。

4枚目に関しては、ちょっと怪獣のポーズが変かなぁという気がいたします……いえ、他のアングルから見る限りではちゃんと腕を振っているように見える(はず)なのですが、正面から見ると何故か印象が大きくずれしまいます……これだからヒューマノイドは (´Д⊂ヽ

四本の腕でくんずほぐれつ……(´∀`*)ムフー と思ったのですが、

腕が届かない (゚д゚) → 腕を伸ばそう!(´∀`*) → 腕が大きすぎて胴体にめり込む (;゚Д゚) → そもそも腕四本全部にポーズの設定するのが面倒くさい (´Д`) → そんなことより録画が溜まったCSIを見なくちゃ (・∀・)

というこうどにぎじゅちゅてきなもんだいに直面してしまい、悩んでおります。

顔がキュートならハートウォーミング風のストーリーに登場しそうなのですが、このフィギュアは、目がつぶらなだけで顔は割と凶悪に見えます。なんというか、どうも使い勝手が分かり難いフィギュなのです……

>aosa 様

ご感想をいただき、ありがとうございます。

まー、それを言ってしまいますと、「ウルトラマンはなんで空中から怪獣を攻撃しないの? ていうか、最初からスペシウム光線を撃てばいいんじゃね(゚д゚)?」 というあの禁断の疑問にたどり着いてしまいますので、あまり深くは考えないほうがよさそうです(^_^;A )

……今回は、ほら、あれですよ、地上に人間がいたので空中から攻撃は出来なかったんですよ。外れたら「見ろ!!人がゴミのようだ!!`,、('∀`) '`,、」って事になっちゃうので。

No title

画像が小さい時はトドみたいでちょっと恐い人(?)ですね。
大きい画像だとつぶらな瞳がとってもキュートですけど・・・・

つぶらな瞳で凶悪怪獣。
ギャップ萌えってやつですね!

ちょめちょめ

「そこの怪獣さん!ちょめちょめ…あきらめないで!」

どのくらい可動範囲があるのかわかりませんが、シエラさんを怪獣に対して
横に配置することで、ちょめちょめしやすくできませんか?ちょめちょめ。

両腕を上げているポーズをHの字とするなら、工の字型にするって感じです。

シエラさんの両腕両足を4点拘束してしまうと、ちょめちょめできないので
下側の足をぶらりんこんして怪獣さんの空いた手でちょめちょめとかどうでしょう?

ただ、2枚目を見る限り怪獣の下腕でちょめちょめするのは難しそうなので
仰向けになった方が構図をとりやすいかもしれませんね。ちょめちょめ構図。

相変わらず綺麗なライティングですね。
次回も楽しみにしています。
ちょめちょめにも期待していますよw

コメントを頂き、ありがとうございます

>ヒンデンブルグ三世号 様

ご感想をいただき、ありがとうございます。

たしかにかなりギャップのある外見のフィギュアではあるのですが……あんまり萌えませんね ( ´Д`)=3 なんというか……普通にギャップを感じます (´Д⊂ヽ

>吉印 様

ご提案を頂き、ありがとうございます。

色々とちょめちょめ方法を考えてみたのですが、基本的にこの怪獣フィギュアの両手が体の少し前までしか届かない、という残酷な事実が我々の前に立ち塞がっております。

腕を伸ばすことは可能なのですが、長さだけ変更すると不自然なので、長さに合わせて太さも変更する必要があります。で、その状態で腕を体の前に伸ばして何かをつかもうとすると、どうしても腕が胴体にめり込んでしまうのです 。゚(゚´Д`゚)゚。 複雑なチョメチョメはやはり無理っぽいです……いや、複雑なチョメチョメってなんだと聞かれると困るのですが……

今回のライティングは、少々暗くなってしまったようにも思います。地面の色が少し暗すぎたかもしれません。シエラを使用する場合は、基本的に画面全体を明るくしたほうが良いようです。銀・赤ベースの他の3人と違って、一人だけ色調が違うせいで未だに扱い方がうまくつかめずにおります (; ´Д`)=3

つよそ~☆

シェラくんも筋肉質で強そうではあるけど…この体格差は…ねえ?w
力でかなわなさそうな相手には、そんな真向勝負じゃなく一瞬の関節技とか急所攻撃しかないっしょ
まあ、その生真面目な所が可愛いんですがね☆ 相変わらず良いカラダしてるし~♪(そっちかい)

No title

>眼がつぶらでちょっぴりキュート

目玉をY軸回転させて「白目を剥いた」状態にすればイイのでは?
ついでに目玉のマテリアルを真っ赤にしたり真っ青にしてみたり
試行錯誤なさると、キュートさも少しは減退するかも(しないかも)。 

あと、他の方が仰るように「関節のリミット外し」は必須でしょう。

ご感想を頂き、ありがとうございます

>kuro 様

ご感想をいただき、ありがとうございます。

もともとこのフィギュアは筋肉質で強そうなのですが、前述のとおり腕の長さを伸ばそうとスケールを大きくしたら、こんな体格差に……(´Д⊂ヽ

そして関節技を仕掛けようにも、腕が四本もありますし……急所らしきところも外見を見る限り無さそうですね……\(^o^)/ヲワタ

>うひょひょ 様

ご助言を頂き、ありがとうございます。

試しに目玉を回転してみたのですが、このフィギュアの目玉の「裏側」は皮膚と同じ色になっておりまして、これだと目蓋を閉じたみたいでこれまたきゅーと。マテリアルを変更するのは確かに印象を大きく変える良い方法だと思うのですが、体の他の部分と質感が大幅にずれてしまうことがあるので、その辺の調整が難しいですね (´ε`;)ウーン…

また、このフィギュアは腕が基本的に太く、胴体もかなり太い(?)為に、腕のサイズや関節の可動範囲をいじると、腕が胴体にめり込んでしまうのです……一体どうしろってのよ ( ゚皿゚)キーッ!!

No title

筋肉やキバがイカつくてすごくカッコイイ怪獣ですねー。1枚目の迫力がすごいです!
シエラとの体格差が絶望的というか、人間で言うならシエラが格闘技のプロだとしても、相手は熊やゴリラみたいなものですよね。パンチ1発でKOされそう・・・。でも意外と足が弱点のようにも見えるなぁ。よしっ!ここはローキックで攻めるんだっ!あぁ、しがみついちゃダメだってー!って、4枚目はもう詰んでる気がしてなりません。(><;)

つぶらな目は、黒目を小さく、できれば獣っぽく縦長にすればすれば解決しそうな気がしますけど、そういう調節は簡単にはできないものなのかもしれませんね。もしくは全部真っ黒にしてしまうとか・・・。

腕の可動域で苦労されているようですが、そもそもでかい腕はちょめちょめに向いてませんよね。どこをどう触ろうが手で隠れてしまうジレンマ。ここはもうちょめちょめよりも、バトルシーンでガンガン行くのもアリかと。

個人的にこの怪獣は噛みつき攻撃が最強な気がします。このあと背後からガブリ・・・という展開になると、CSIも真っ青なグロい画になりそうなので、噛むなら怪我しないようにうまくハムハムしてあげてほしいです。(゚ω゚;A)

>マキシモ 様

ご感想をいただき、ありがとうございます。

この怪獣フィギュアカッコイイのですが、扱い方を最初の一歩の段階で間違えてしまったような気がします……(ToT)

瞳は色々と弄ってはみたのですが……ナニも手を加えないのが一番マシ、という結論に達しました。このフィギュア、非常にクォリティが高いので、手を加える余地があまりなく、手を加えようとするとそのクォリティの高さ故に逆効果になるようです。例えば、ですか? そう、手が前に届かないからといって、腕の大きさを150%にしちゃうとか……。゚(゚´Д`゚)゚。

噛み付き……(; ゚д゚)ハッ! それは思い付きませんでした。チョメチョメばかり考えておりましたので、その展開は完全に想像の埒外。そうすりゃよかったなぁ……と、手遅れになってから後悔しております (´・ω・`)ショボーン 
検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

NANASI

Author:NANASI
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR