FC2ブログ

最強怪獣現る(3)

Saikyou(8)

「な、舐めるなぁっ!」
 ソフィアは最後に残された力を振り絞り、両腕に絡みつく怪獣の脚を振り払った。その勢いのまま、背後の怪獣に肘を叩きつける。衝撃音と共に怪獣の頭がのけぞり、そのままよろよろと背後に後ずさった。

Saikyou(9)

 ソフィアは怪獣の隙を見逃さなかった。地面を蹴ると二十メートルも飛び上がり、強烈なキックを怪獣の頭部に叩きつける。数万トンの重量が叩きつけられる凄まじい衝撃音と、グシャリとものの潰れる不気味な音が街に響いた。

Saikyou(10)

 空中で素早く姿勢を整えたウルトラレディが着地すると、地響きが道路とその上に展開していた戦車部隊を激しく揺らした。慌てて手近な物にしがみつきながら、人間たちは首の無い怪獣の巨体が前のめりに倒れこんでゆくのを呆然と見上げていた。

Saikyou(11)

Saikyou(12)

「ふん……ガッツ星人め、ふざけた真似を……」
 前のめりにうずくまった首無しの怪獣が動かないことを確認すると、ソフィアはその死体に背を向けた。精神を集中すると、その巨体が少しずつ宙に浮かび上がってゆく。ガッツ星人を追跡するべく飛行能力に集中を続ける彼女は、背後で首の無い怪獣の体がゆっくりと起き上がったことに、まだ気がついてはいなかった……
志村ーうしろーうしろー

うーむ、今回はうまくいきませんでした。どれも構図が今ひとつぱっとしません。特に二枚目。背景の空に雲がいっぱい浮かんでいる所為で、ごちゃごちゃした画になってしまいました。火花の色を変えても印象は変わらないし、空の雲の動かし方も分からない。どうすればいいのよさ (´ε`;) そもそも全体的に画面が暗いのは、何故なんだろう……??

加えて、相変わらず街が難物です。以前よりは数段、楽にはなったのですが、やはり細かいところまで調整するのが難しいのです。1枚目ではソフィアの足に街灯がちょっとぶつかってるし、5枚目では道路の位置が左右でずれている……まぁ、この程度なら言わなきゃ誰も気が付かないに違いない。分からないように黙っておこう。

ところで、今回はゴア表現に挑戦してみました。怪獣の首が取れしまうという猟奇的なシーンであります。きゃーっ、残酷!

首の切断面については、色々なサイトの解説を拝見して自分なりに挑戦してみたのですが……結果的には血しぶき(?)や角度やライトの関係で、切断面が全く映りませんでした。(´・ω・`)ショボーン というべきか、(・∀・)ラッキー というべきか……。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

No title

「志村~うしろ~」ですか。何とも懐かしく少年時代の思い出がよみがえります。
あ~あソフィアがゴキ倒しちゃったと思っていたら続きがありそうで安心しました。この「倒したと思ったら」という展開もヒロピン人気度高いですよね。特に私はソフィアがあんなこともこんなことも・・・(ハァハァ)省略。

レンダリングの質だけではなくカメラワークもすばらしく勉強になりますね。特に最後の上空からのレンダは今までやったことがなかったので学習させて頂きました。

2枚目のソフィアのその後が非常に気になります。ゴキブリの頭を足で「グシャリ」と潰した訳ですから、ミョーに足首にクリーム色の体液が付いてそうで・・・・・、う~ん、気持ち悪いので想像するのはやめときます。(>_<)

>なかカジ 様

ご感想を頂き、ありがとうございます。

激しい戦いの末に倒した、と思っていた怪獣が再び襲い掛かる。消耗した体に鞭打って再び立ち向かうヒロイン……ウヘヘ いいですよね。私も「倒したと思ったら」シチュは大好きです。

カメラアングルは、いつもアップにして細部をごまかすという方法ばかりであります。実は、Vueを始められたなかカジ様の作品を拝見して、最近はカメラを(多少)引いて構図全体で巨大感を表現するように意識しております……努力はしております……結果は出てませんが (T_T)

体液……(; ゚д゚)ハッ! そ、そういえば、素手(足)でゴキブリをぐしゃってすれば……ヒィィ。その上、ゴキブリの巨大な死骸がゴロン、体液が道路にびちゃびちゃ……冷静に考えたら、こ、これはまさに地獄絵図! 確かに想像するのは止めた方が良さそうですね (ヽ´ω`)

No title

最後のソフィアの安堵の表情の後ろで
虫特有の不気味さ
なかなか良い表現の仕方だな~と思いました!
この先がわくわくです~。

No title

戦車に向かってドヤ顔するソフィアさんがステキw

ゴキには大量の有害細菌が・・・・
そうか!分かったゾ!
ガッツ星人の狙いはゴキ怪獣が負けても人類に打撃を与える二段作戦だったんだ!

わ~、にげろ~

No title

体重を乗せたエルボーからのジャンプキックで頭部破壊。久々に姐御のパワーファイターぶりにシビれました。強い!強すぎる!エルボーもキックもポージングがバッチリですね。そして最後のドヤ顔!ソフィアのプロモーションビデオにしても良いぐらいの出来だと思います。最後の余裕の笑みと、何気に赤く光るカラータイマーが危機感を煽っていて素晴らしい!

ついつい艶っぽいピンチシーンに注目してしまいがちですが、こういう正統派な格闘シーンもいいですよね。彼女たちの本来の強さが垣間見えてこそ、ピンチシーンが映えるというものだと思います。次回が楽しみだ~。(><)

コメントを頂き、ありがとうございます

>隊長ェ 様

ご感想を頂き、ありがとうございます。

これはいつものことなのですが、実は先の展開はあんまり深く考えていなかったりします。ご期待にお答えできるかどうか心許ありませんが、努力してみようと思います……まぁ、ソフィアがヒドイ目に合うというのは確定なのですが(^_^;A)

>ヒンデンブルグ三世号 様

コメントを頂き、ありがとうございます。

3枚目のソフィアの視線は、背後の怪獣の方に向けたつもりだったのですが、なんだか手前の戦車に流し目をくれているように見えてしまいました (^_^;) いつもの事ながらではありますが、細かい表情の設定は難しいです。

ゴキブリは不潔な環境に住んでいるので、その為に周囲を汚染しやすいと聞いたことがあります。このサイズならゴキブリと言えども不潔な場所には入り込めないでしょうし、ガッツ星人さんもきっと実験室(工場?)は清潔に保っているでしょう。だからきっと、このゴキブリ怪獣さんは清潔なゴキブリですよ。きっとそうです。俺、ガッツ星人さんのこと信じてる!!

>マキシモ 様

ご感想を頂き、ありがとうございます。

ご指摘の通り、ピンチシーンを引き立てる為には、たまには活躍シーンも必要かなと思っております……が、活躍シーンは毎回なぜか(いつも異常に)出来が悪いです。やっぱりモチベーションの問題でしょうか (;´Д`)

ピンチシーンさえうまく行ってりゃいいよねウヒヒ みたいなことを考えているのが、やはり作業結果に反映されてしまうようです。むむむ。気合を入れなおさねばなりませんね! ……でもピンチシーンの方が楽しいですよねフヒヒ

虫相手は

このしぶとさが怖いですなあ☆ 

しかし口ではきゃーきゃー言う割に、ちゃんと仕事しますねソフィアさん
まあ、詰めが甘いのはご愛嬌とw

そして飛行する為に、精神統一してるのが新鮮です。
ぴょんとジャンプすれば、すーっと飛んで行っちゃうものだと思ってましたんで~

No title

>NANASI様

たぶんNANASI様が思ってる以上に活躍シーンもよく出来てると思いますよー。いつも自分に厳しいですよねぇ。(^^;

ピンチシーンについては…さすが、よくわかって下さってますね。
v(≧∇≦)vウシャシャシャシャ

コメントを頂き、ありがとうございます

>kuro 様

ご感想を頂き、ありがとうございます。

虫は叩いてやっつけると脚がもげたりして、こっちに精神的ダメージを与えてきたりしますねー。あれはマジで勘弁して欲しいです…… (T_T)

ゴキブリと出会ってしまったからには、嫌でも奴らと決着をつけねばなりませんからね。それがゴキブリと出会ってしまった者の宿命(さだめ)なのです ヽ( ´ー)ノ フッ ……だって、どっか物陰にでも隠れられたら、後が怖いじゃないですか……

ウルトラマン(レディ)の飛行方法は……どんなもんなんでしょうね? 歩くのと同じような感覚で自然に飛行できるのでしょうか? 『飛行能力を作動(?)させる時のみ意識の集中みたいなものが必要』という感じに、私は勝手にイメージしておりました。私、空飛んだことがないので勝手な想像ですが。

>マキシモ 様

コメントを頂き、ありがとうございます。

頂いたコメントへの返信を読み返した所、「いつも以上に」と書くべき所を「いつも異常に」と書き間違えておりました。でも文章の意味は特に変わっていないというこの不思議。

それはともかく、ピンチシーンだけ作っていけば一番だと思うのですが、一枚だけでシーンが説明しきれる情報量を持った画が未だに作れません。それさえ出来れば、朝ピンチシーンを作って、昼ピンチシーンを作って、夜ピンチシーンを作るという生活(?)が出来るはずなのですが……

No title

肘打ち&キック炸裂! かっこいいですねー。
たしかに、雲はもう少し少なくてもいいのかな、とは思います。ウルトラの特撮ステージのホリゾントは、雲はあまり多くないような印象ですので。雲を半分取り去れたら印象が変わるのでは…(あくまでも素人判断です。そんな簡単にいじれないのかもしれないですが)。

ピンチシーンで追い詰められた後に大技を一発ぶちかまして逆転、という展開が好きだったりするので、こういう絵があるとうれしいです。

怪獣の首が取れてしまう猟奇的なシーン…たしかに平成ウルトラではすっかりご無沙汰ですよね。
昭和のウルトラだとごく普通に怪獣の首が飛んでいたので私は全然OKです(笑)。セブンvsエレキングでアイスラッガーをくらったエレキングの首が落ちて血?がしたたり落ちるシーンは絶品だと思ってます。

2枚目の自己評価がかなりきびしいようですけど、私にとってはかなりお気に入りの一枚です。
ほんと、ジャンプキックのアクションがかっこいいです。ソフィアの筋肉質の脚に萌えますねー。蹴られてみたいです(笑)。
どうやら再びピンチに陥るような展開みたいですので、ソフィアが首なしゴキブリ怪獣にどれほどいたぶられるのか、楽しみにしてます。

>M78 様

ご感想を頂き、ありがとうございます。

空に雲があると、どうも邪魔だと感じるのですが、全く無いと今度はどうも不自然感じがします。たぶん、Vueで雲の量や位置を変更できると思うのですが……なにぶん、このソフト設定項目が多すぎて、なにがなにやら…(;´Д`)ウウッ…

確かに昭和ウルトラシリーズは、汚れた大人になってしまった私の目から見ても、ぎょっとするようなシーンがあったりしますね (@_@;)。子供向けの作品のはずなんですが。現在と昔では、色々と違うのでしょう……何が違うのかよく分かりませんが。

もう少し画に動きを与えられるようになれば、アクションシーンにも挑戦したいなと思うのですが、依然として姿勢が固定されたピンチシーンばかり作っております。まぁそれはそれでいいかウヒヒ などと考えてしまうせいで、一向に技術が成長しなかったりします (´ε`;)

No title

最近はヒトデ、蝿、クラゲ、馬の寄生虫、ナメクジ・・・と、なんでこんな連中にいいようにされてるんだよ~、という話が多かったので、久しぶりにスカッとしました。
闘いはまだ終わっていないようですが、一矢報いたことには違いありませんね!

見た目たいしたことのなさそうな巨大生物に蹂躙され続けると、ウルトラレディが弱いだけなのでは、としか思えなくなってくるので、あまりよろしくないと思います。
見た目だけで判断するのは偏見なのかも知れません。
しかし、小動物を単に大きくするだけでは、怪獣の迫力は表れて来ないのだと思います。

ちなみに、最近の作品で私が最も成功したと思うのは、エリアスの腹部に対する、カエルくんの舌パンチです。
あれは本当に痛そうです。あの舌の太さがいい!
カラータイマーの色は青ですが、だからこそ、一瞬の隙を突いたワンパンチだったように思える。
すごく自然です。本当にありそう。ドキンとしました。
カエルが相手だったらこれ位のピンチで十分なんだと思いますよ。

今回のゴキブリは、ヒトデやクラゲと比べたら機動力があるし、グロテスクな体型なので、迫力が期待できるかな、とも思いました。
しかし、足先が細すぎです。あの足でソフィアをタックルというのは、絵的に無理があると思います。
所詮、虫は虫、と言いたいですね。
ぐわし、って頭の粉みじんになった今回のCGの方が正解でしょう!
あれが最強怪獣というのは、根も葉もないガッツ星人のハッタリ、心理戦だったに違いありません。

それにしても、です。
ユリアはナメクジを遠巻きに攻撃していれば安全だったろうに、一体どういう戦い方をすればナメクジの下に体が入ってしまうのか、とか。
クラゲが透明でその存在すら察知されていないのなら、なぜエリアスはエリアスの姿で現場に出向く必要があったのだろう、とか。
最近の作品は、ピンチに陥る過程を想像するのがとっても難しいです・・・

>aosa 様

ご感想を頂き、ありがとうございます。

シーン、というかシチュエーションに説得力が無いのは私も自覚しており、なんとかならないものかと考えてはおりますが、今のところ改善の方途なしという感じであります。

シーンの数を増やしてシチュエーションを「説明」するというのが解決策の一つではないかと思うのですが、そうなるとあまりにも作業量が膨大になり、そもそもやる気が起きない、という状態になってしまいます。今の状態でさえ、時々放り投げたくなるくらいでして…(;´Д`)ウウッ…

結局ブログ(ヒロピンCGの作成)を継続する為には、手を抜いて、自分の描きたい部分だけを描くしかないと考えております。結果、それでなんとも拙いシロモノになってしまうわけですが、私の技術(&努力)不足の点をご覧になった方の想像力で保管して頂ければ、と存じます。m(_ _)m

No title

済みません。
いつの間にかすごく身勝手なコメントを連ねてしまいました。
何も分かっていない素人の戯言ですので、どうか気になさらないようお願いします。

>aosa 様

ご丁寧なコメントを頂き、ありがとうございます。

どうお気になさらずに。私も無理のあるシチュエーションだなぁと思うことはあるのですが、どうにも構想(妄想?)能力とCGの作製技術に限界がある為、適当なところで妥協しております。

という訳で(?)、どうにも拙いものしかできておりませんので、お暇つぶしにでもして頂ければ幸いです (;´▽`A`
検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

NANASI

Author:NANASI
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR