FC2ブログ

透明吸血怪獣

<前回までのあらすじ>
 街で頻発する『連続失血死事件』を追う隊員達。全く目撃証言のない犯人に戸惑いつつ調査をすすめる彼らに、姿の見えない敵が襲い掛かる。敵の正体をつかめぬまま変身して立ち向かうエリアスであったが……

JellyFish(1)

 油断なく身構えていたエリアスの巨体が、突然弓なりにのけぞった。何もないはずの背中に必死に手を伸ばそうともがいている。戸惑いながら見上げる隊員達の目に、うっすらと何かが見え始めた。ザーという奇妙なノイズとともに、ウルトラレディの背中からピンク色の線がするすると宙に向かって伸びてゆくように見える。

JellyFish(2)

 苦悶するウルトラレディの両腕が、不意に空中に持ち上げられた。弱々しく身を捩るが、何故か両腕は空中に釘付けにされたように動かない。その両腕からも背中と同じように、ピンク色の線が伸びてゆく。
「あれは何だ! ウルトラレディの背中に、なにか張り付いてるぞ!!」

JellyFish(3)

 隊員達は遂に失血死事件の真相に気づいた。硝子のように透明な怪獣がウルトラレディの身体に取り付き、体液を吸い上げていた。透明な怪獣の中に体液が流れ込んだことで、怪獣の姿が見えるようになったのだ。ザーというノイズは、体液が吸い上げられてゆく音に違いない。
 怪獣の本来の姿は半球形の胴体に触手の生えた、クラゲのような外見だった。真っ赤なゼリーのようにプルプルと震えながらエリアスの背中や腕に張り付き、触手を銀色の肌に食い込ませている

JellyFish(4)

 両腕を怪獣に吊り上げられたまま、エリアスは遂にがっくりと膝を折った。意識が朦朧としているのか、首がゆっくりと垂れてゆく。怪獣の体長は、差し渡しが五メートルもある。これだけの体液を吸い取られたら、巨体のウルトラレディでも相当なダメージに違いない。
「くそっ! 早く気づいてさえいれば……」
 動きが止まったウルトラレディの巨体に、次々と透明な吸血怪獣達が群がってゆく。透明な怪獣が何体いるのか、何処にいるのか分からないため、戦闘ヘリも近づくことが出来ない。為す術もない人間たちの耳に、次第にゆっくりになってゆくカラータイマーの点滅音だけが響いていた……
 失敗しました。

失敗した点1:「中途半端な透明」は難しい……
 体の一部分だけが透明になるという処理ができたら面白いかなと思ったのですが、マテリアル設定が思いの外に難しく、うまくいきませんでした。イメージした通りならず、慌てて修正を繰り返すとますますが状況が悪化するという負のスパイラル……(;´Д`)ウウッ…

失敗した点2:クラゲは地味だった……
 今回使用した怪獣のフィギュアは、画面からは分かり難いのですが「クラゲ」です。……なんか、地味な造形なんですよね、クラゲって……。そこで、マテリアル設定をいじってカッコよくしてやろうと思ったのですが……イメージ通りにならず(以下同文)。

 失敗だと判明した時点で今回のアイデア(というほど大したもんじゃないですが)を放棄していればよかったのですが、悪あがきしたせいで無駄に時間を食ってしまいました。そうすると、中断するのは時間と努力を捨てるような気がしてきてもったいなくなる……嗚呼、まさに負のスパイラル。しかも出来上がったのがこれでは、結局時間と努力の無駄遣い……

 今回の教訓は、
「無駄なこと、無理なことには時間を費やさない。努力なんて無駄だ!」(#゚皿゚)
「やっぱりクラゲよりもヒトデ」ヽ(´ー`)ノ
 の2点でしょうか。

 また一つ純真さを失ってしまいました……。しかし、こうして少年は男になってゆくのです ( ´ー`)y-~~
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

No title

完全透明な相手が吸った体液で見えるようになる・・・・
おおお、この発想はすごく斬新ですね^^

4枚目の絵は、エリアスの巨大感をすごく感じることができるショットですね。 お見事です^^

>にゃん 様

ご感想を頂き、ありがとうございます。

発想があっても、それを画として再現しようとするとどうも難しいです……頭の中にあるものを頭の外に出してゆくためには幾つも高い壁があって、これを越えるのなんとも……(;´Д`)

四枚目に関しては、巨大感を出す為の構図バランスはこんな感じかとつかめたように思います……と言っても、きっと次の画を作った時にはその”感じ”を忘れているんじゃないかと思うのですが……

って、あれええええっ!
この記事、「追記」の部分がない! 確かに入力した筈だったのに!!
すいません、最近PCが不調で時々操作を受け付けなくなったりするので、記事を登録する際にミスが生じたようです。誠に申し訳ありません……と、言ってもたいしたことは書いてないので、なくても良いような気もしますが(´・ω・`)

※後で「追記」の部分を改めて登録いたしました。m(_ _)m

No title

どの画も巨大感ありなんですけど、私の場合は特に1枚目。
高所恐怖症ですのであまりにリアルな1枚目は、本当に下からクレーンを見上げているような感じがして恐怖を感じました。(゚∀゚ )
もしあのクレーンの先端まで行かないとエリアスが助けられないとしたら・・・・・、おしっこチビりそうですね。(-_-;)

>なかカジ 様

ご感想を頂き、ありがとうございます。

私もかなりの高所恐怖症で、こういう高ーいタイプのクレーンとかは見るのも駄目です (@_@;) こういう高所で作業が出来る人というのは、本当に凄いと思います(テレビでこういう作業を紹介している場面を観ただけで、私はタマヒュン状態になってしまいます……)

巨大感を表現するときには、こういう物体を近くに配置しておくと便利のようです。しかし、たしかにリアルさを追求しすぎると高所恐怖症の人間にとっては、大変なことになってしまうのかもしれません。未だにそこまでのレベルには到達していないとはいえ、この方向を追求するのが正しいのかどうか……うーむ (´ε`;)

No title

一枚目のサムネを見た時点でエリアスの巨大感すごく伝わってきました(影の表現とか)
良い脂肪、筋肉美!そして青色に輝くカラータイマーが実に良いアクセントでございましたヽ(´∀`)ノ
エネルギーを吸収すると変色する小型(エリアスと比較して)怪獣も、
最初は無色だけどここまで赤く変色するというのはそれだけ多くのエネルギーを吸い取っている感じがしますよね

努力は決して無駄じゃないですぞ!(´Д`;)
今回も良い物を見させて頂きました
例え失敗だと思う作品でもこちらはいつも楽しみにしているのでドシドシ公開してほしいですよー

No title

こんばんは。いつも楽しみに拝見させていただいてます。
1枚目の構図は、太ももからヒップにかけてのラインが大変エロティック(*´д`)
そして4枚目は特撮映画のワンカットを見るようなリアルさで、見惚れてしまいました( ゚д゚)

周囲に建物のない、野外での巨大感の表現は難しいと思うんですが……
見事に表現されていて素晴らしいですね。
クラゲのアイデアも、ミステリアスで面白いと思いますo(^-^)o

赤い血が流れていたのですねー

うおー、なんだこれはっ!
気づいたときにはもう遅く、しかもこちらはどんどん弱体して行くなんて、情報のない初戦で勝つのは、ほぼ不可能なんじゃないかなー。今までで一番恐ろしい敵なのではないでしょうか。

透明体が体液色に染まっていく様は、エリアスのダメージが視覚的にわかっていくので、表現方法としてのアイデアはかなりイケてると思います。ポーズもヒトデ怪獣のときとは違って、エリアスを釣り上げる形になっているのもいいですね。カットも秀逸で1枚目~4枚目まで、アニメーションのように流れている感じがします。特に1枚目の吸われ具合なんて最高です!

しかし、人間がコイツに襲われたら、一瞬でミイラになっちゃいそうな気が…こわっ!

それにしても、これを失敗だなんて、どんだけ志が高いのですか!某宇宙開発の父が「失敗ではなく成果だ」と仰っていましたが、私もすごい成果だと思います。

身体の一部が透明に…どうすれば良いのでしょうね?サブサーフェススキャッタリングのような、濁った透明とはまた違うのかな?透明度をグラデーションで調節…とか出来るのかな。Poserを触ったことないので、よくわかりませんが、NANASI様の作品を見ていると、私もPoserできるようになりたいなーと、つくづく思います。

あと、私はクラゲって良い選択だったと思いますけどねー。こういう場合、単細胞生物のようなヤツの方が、危機感が迫ると思います。それに、今書いていて思い出しましたが、こういう宇宙生物いましたよね。メトロ…ゴニョゴニョ。つまり、やっぱり強敵なんですよコイツは!

No title

ウルトラレディの血は赤いのか、そもそも血が流れているのか?
と、いう野暮な疑問はさておいて。
4枚とも巨大感の表現がGood!
やはり対比物があるのとないのとでは違いますね!

それにしても透明で吸血する海月か…………星の精/スターヴァンパイア?

No title

動画ではないのでクラゲさんの体が段階的に色付くよりもこの表現の方がダメージ感があって良いと思います。

赤いクラゲさんが、いちごゼリーに見えてキュートです(お前は何を言っている・・・・?)。

吸血くらげシチュ良いですねぇ。
どこかにフリーのクラゲさん落ちてないかな・・・・

No title

透明な怪獣が、エネルギー(血?)を吸収するにつれて着色されて見えてくるアイデアはシュールで良いと思いますよ。

怖いなあ

クラゲっつーか、でかいヒルみたいのが人間の背中に貼りついて操る古典SFがありましたが☆ 彼女もこのまま好きに動かされちゃうとか? 

たかがクラゲにそこまでのアタマは無いか…w くらげっぽい宇宙人ならまだしも。

しかしNANASI さんとこの娘さんたちは、苦悶の表情が生き生きとしてかっこいい(?w)ですねえ♪

No title

一枚目のクレーンとNANASIさんお得意の太陽光で本当にリアルな画面になってますね、お見事!
 失敗って言われても何が失敗なのかわからないくらい良い4枚だと思います。文章でもクラゲの恐ろしさが伝わってますし十分完成してると思うけどなぁ。
 自分的にはやはりクレーンとの対比で、こんなにヒロインを巨大に見せれるんだというのが一番勉強になりました。有難うございます!

ご感想を頂き、ありがとうございます

>石肉 様

ご感想を頂き、ありがとうございます。

巨大感を表現するのは未だ十分に達成できていない目標なので(巨大ヒロインのはずなのに……)、今回の画で巨大感が出ていたとしたら嬉しいです (*^_^*)。

今回の画はどうも個人的には満足の行かない出来だったので、アップロードするのが少々恥ずかしかったのですが (/ω\)、お気に召したのでしたら幸いです。恥ずかしいならアップロードしなきゃいいだけの話なのですが、これだけ時間を掛けた代物をゴミ箱にポイするのにも抵抗があり、「私のブログなんて自己満足の代物よー(#・∀・)」と開き直った次第です。我ながら何をやっているのか、という気もしますが……(^_^;)

>MEDA 様

コメントを頂き、ありがとうございます。

私は実は胸よりもお尻というタイプなので(以前にもぶっちゃけた様な気がしますが)、太腿の辺がうまく表現(?)できると嬉しくなります。未だに表現方法が確立できずかなり運任せの部分があるのですが、今回は割とうまく行ったようですヽ(´ー`)ノ

巨大感の表現については、フリーでダウンロードした「タワークレーン」さんの活躍のおかげかと思います。やはり周囲に対比できる構造物などがあると、巨大感を表現しやすいようです。テクスチャもマテリアル表現もついていないので、黄色一色に塗りたくるという雑な扱いだったのですが (;´Д`)、頼りになる子です。

>マキシモ 様

ご感想を頂き、ありがとうございます。

この怪獣の設定はウルトラマンよりもウルトラQ向きという気もします (^_^;)。深夜に響き渡る悲鳴! 目の前でミイラと化してゆく犠牲者!! しかし犯人は何処にいるのか?? 敵の正体がつかめぬままに犠牲者だけが増えてゆく……!! て、感じでしょうか。

一部のみを透明にするのは、たぶんテクスチャとバンプマップなどを組み合わせてマテリアル表現を作成すれば良いと思うのですが……難しいです。゚(゚´Д`゚)゚。

ゴニョゴニョ……イドは、確かにこんな感じでしたね。そういえば、あのゲームの主人公も女性でしたっけ。これは良いシチュのヨカーン!……でも等身大のヒロインなんですよねぇ。いえ、私は等身大のヒロインでもいけるんですが(なにが?)。

>法皇の緑 様

コメントを頂き、ありがとうございます。

ウルトラマンに血液があっても、なんか、紫色とか凄い色のような気がするのですが (;´Д`)……あれですよ、きっと、地球人と融合とか合体とかした影響で、ちょっとウルトラレディの方も地球人の影響を受けちゃったんですよ! 今考えて適当言っているだけですが……。

スターヴァンパイア……クトゥルフネタですか? そういえばロバート・ブロックの小説に登場するビックリーチャーも、血を吸うと姿が見えるようになるんでしたっけ?

ちなみに私は「クトゥルフ」じゃなくて「クトゥルー」、「イア イア ハスター!」じゃなくて「いあ いあ はすたあ!」ですね。ここ譲れません。はい。

>ヒンデンブルグ三世号 様

ご感想を頂き、ありがとうございます。

3Dオブジェクトはどうも「細かい」エフェクトが難しいですね(マテリアル表現を勉強すれば可能なのでしょうが……)。たしかに、動画と静止画では見せ方が違ってくるので、そうしたエフェクトの扱い方も別個に考える必要があるようです。本家ウルトラマンの動画とか見ながら画の構図を考えてもうまくいかない時があるのは、その辺が理由かもしれません。

いちごゼリー…たしかにこれ、いちごゼリーに見えるんですよねぇ。あのちっちゃいカップ状の容器に入って売ってる奴に……(;´Д`)ウウッ…背中にいちごゼリーを乗せて倒れ込んでいるという構図は、かなりシュールです……。

このクラゲフィギュアは一応有料商品だったのですが、無料で配布しているセール期間中にダウンロードした記憶があります。たしか、Content Paradiseだったと思うのですが……あのサイト、ほんとに分かり難い上に使い難いので……。゚(゚´Д`゚)゚。

>CANDY 様

ご感想を頂き、ありがとうございます。

いまさらなのですが、実は今回のシチュはとある作品のパク……オマージュだったりします。残念ながら映像・画像作品ではないので一生懸命、画像で表現しようとしたのですが……お察し下さい m(_ _)m

まー元ネタはクラゲじゃないしねー、画像で表現するには色いろあるよねー、原型とどめてないしー、と色々言い訳をひねり出して精神の安定を図る今日この頃です。

>kuro 様

コメントを頂き、ありがとうございます。

「人形つかい」でしたっけ? なんでもあれ(宇宙人に操作される人々)は、共産主義の暗喩であるという解釈があるらしいですね。「猿の惑星」の原作における「猿」が実は日本人のことであるとかと並んで、歴史を感じさせますなー(黒歴史というべきでしょうか……)。

表情は……相変わらず難しいです (T_T)。少し角度や設定がずれただけで印象が大幅に変わってしまうので、毎回表情だけで何回もレンダリングをやり直しています。それでも十分な効果がなかなか表現できないというこの事実……。本家ウルトラマン系の無表情なヒロインのほうが良いのではないかと思うこともしばしばです (;´Д`)。

>ケロ彦 様

ご感想を頂き、ありがとうございます。

実は依然として太陽光をどっちから当てれば良いのか、それさえはっきりと決めることが出来ずにおります。基本以前の問題のはずなのですが……。正面(カメラ方向)から当てると色や質感が「とんで」しまうのですが、逆光では凹凸がなく平面的な感じに………(;´Д`)ウウッ…毎回太陽の位置を適当に動かして、丁半博打みたいなことをしております……。

今回はタワークレーンさんが大活躍の巻でした ヽ(´ー`)ノ
見ている人が「直感的にサイズ(巨大さ)を把握しやすい」ものを対比する対象として設置すると、リアルな印象が出せるのではないかと思います。そんな都合の良いオブジェクトはそんなに無いような気もしますが……(TOT) もっといろいろな方法で巨大感を表現する方法ないかと研究したいと思います。
検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

NANASI

Author:NANASI
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR