FC2ブログ

キングジョー(4)

VSkingjoe(11)

「うぐっ!」
 機械の両腕がウルトラレディの首を巻きついた。太い指が情け容赦もなくエリアスの喉を締め上げてゆく。強力な握力によって空気を絶たれた巨体から力が抜けてゆき、エリアスはがっくりと膝をついた。

VsKingJoe(12)

「うっくうう……は、はな……して……」
 銀色の指がキングジョーの両腕を虚しく掻きむしる。ウルトラレディの全力を込めても、ロボットの腕は寸毫も揺るがなかった。喉にかかる握力は、一秒ごとに増してゆく。このままでは首を折られてしまう……焦りと恐怖が窒息の苦痛と共にエリアスの脳裏を灼熱させた。

VsKingJoe(13)

「だ、駄目……もう、意識が……」
 満身創痍のウルトラレディには、もはやキングジョーに抵抗する力は残されていなかった。機械の指がぐいぐいと着実に喉に食い込んでゆく。エリアスの視界が次第にぼやけて薄らいでゆく。ウルトラレディの腕が動きを止め、ゆっくりと身体の両脇に垂れていった。

VsKinJoe(14)

「くくく、我々の勝利だな。もはやウルトラレディには、戦う力は残っていまい」
 上空から戦場を見下ろし、ペダン星人は大いに満足だった。眼下では仰向けに横たわるウルトラレディの上に、キングジョーがのしかかっているのが見える。その腕はなおも倒れたウルとレディの首を締め上げている。
「くくく、そろそろ止めをさしてやるとしよう」
「このまま絞め殺すのか?」
「いや、それではつまらん。そう、もっと徹底的にウルトラレディをたたきつぶしてやるのだ。地球人どもが、二度と我らに反抗など考えもしないようにな」
「地球人といえば、さっきキングジョーに生意気に攻撃していた、あの幼稚な機械はどうした?」
「奴らならこのあたりを旋回しているぞ。自分たちの攻撃が無駄だということが、ようやく理解できたと見える」
「ふはは、奴らには我々の宇宙船を見ることすらできんのだからな……さて、キングジョーの攻撃モードを変更することにするか。ウルトラレディがさっさと死んでしまっては困るからな」
 ペダン星人の腕が制御装置の上で踊る。透明状態を保ったままの宇宙船から、悪魔の信号が地上のロボットに向かって発信されていった。
なんという説明セリフ回 (´・ω・`)

説明セリフはともかく、今回のシチュは首絞めです。本家ウルトラマンでも、首を締められるシチュが複数回あったように思います。

そして、誰もが思う疑問。
真空の宇宙空間を自在に移動できるウルトラマンにとって、首を締められることが何故ダメージになるのか?
そもそもウルトラマンには口、無いし。

まぁ、酸素呼吸する怪獣側から見れば、「相手の首を締めちゃえば、ダメージになるんじゃね?」と思考するのは自然であると言えます。従って、怪獣が首絞め攻撃を仕掛けてくる事自体は、おかしくないんですよね。問題はウルトラマンのリアクションなんですが……。

ひょっとするとノーリアクションだと怪獣がカワイそうだから、ダメージを受けてるフリでもしてあげてるんでしょうか?
「怪獣を倒すのは良いけど、心まで傷つけるのは良くない」というような倫理コードが存在するとか? なんだかヤナ感じですな。

うーん。この件は謎のままにしておいたほうが良いのかもしれません……
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

No title

酸素ではなくエネルギーの伝達経路が頸動脈みたいに首を通っていて、それを圧迫されて脳までエネルギーが届かなくなるから苦しくなるというのはどうですか?
もともと上手なチョークスリーパーというものは気管ではなく頸動脈を絞めるものだそうですし。

No title

ウルトラマンの格闘シーンといえば、やっぱり首絞めは外せませんね。
敵の腕やしっぽをふりほどこうとして抵抗する姿にはそそられます。
最後に組み敷かれて首を絞められるエリアスは、セブンの「ウルトラ警備隊西へ」前編のラストを思い起こさせますね。エリアスはかなり消耗しているようですが、何とか反撃にでてほしいです…。

前々回に書かせていただいた「キングジョーは仰向けに倒れると立てない」件ですが、「ウルトラ警備隊西へ」後編の冒頭でセブンに背後から足元にタックルされて転倒し、起き上がれなくなるシーンがあります。神戸港でのバトルでも、セブンに足元をつかまれて引き倒され、身動きできなくなったところで羽交い締めにされてからウルトラ警備隊にライトンR30爆弾を打ち込まれています。

首絞めの謎、法皇の緑さんの説が妥当そうですね。

ご感想有難う御座います

>法皇の緑 様

コメント有難うございます。

なるほど! それなら納得できそうです。
首を絞める=呼吸を絶つという考え方が、少々短絡過ぎました。

きっと体内の動力源(?)から体の各所に、エネルギーの伝達経路みたいなものが伸びているのでしょう。
ウルトラマンの不思議な生態(?)の一部が明らかになりました!……たぶん。

>M78様

ご感想有難う御座います。

なんと! キングジョーは本当に仰向けになると起き上がれないんですか! 直立二足歩行というただでさえ不安定なデザインなのに、起き上がる能力がないとは……ペダン星の開発者は何を考えているのやら。

ああ、そうか! 倒れたら分離して飛行モードになって、もう一度合体しなおせばいいわけだな!……て、それならそもそもロボットモードの必要性が殆ど無いですね。そもそも二足歩行というコンセプトに根本的な無理があるような気がします……やっぱり「偉い人にはそれが分からんのです」な。

No title

ウルトラマンはグリーンモンスの毒霧やケムラーの毒ガスにも苦しそうにしていたから「呼吸しない」説には賛同できませんな

仮に「呼吸しない」としても、首を(まぁ腹でも胸でもどこでもイイですが)物凄い力で掴まれたり噛まれたり殴打されたりすりゃ痛くて苦しいんじゃありませんか?神経が通っていて痛覚があるならば、ですけどね

>うひょひょ様

コメント有難うございます。

まぁ、毒ガスの中には皮膚から浸透するタイプもあるらしいので、あれは呼吸器にダメージを与えているのではないのかもしれません。ウルトラマンには鼻の穴も口もない(ように見える)わけですし……はて? しかし、毒ガスのシーンでは、ウルトラマンはよく口や喉のあたりを手でおさえていたような気が……コレは一体……

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

エリアスとうとう落とされちゃいましたね。
正義のヒロインだというのに、一方的に痛めつけられて苦しむ以外に何もしていない、というのがすごいです。一矢も報いず、最後は機械に「はなして」と哀願する始末。
「あんたなんかに負けるかぁっー」って気丈に最期まで抵抗したユリアと比べても、彼女はちょっと弱いのかなあ、と思ってしまいます。
それでも、最後のシーンで、Wの字に広がった腕の格好がとても美しく、いかにも正義の味方っぽいのがよかった。私的にはここが一番グッときました(もっと解像度を高くしてくれるとよかったのですが)。

ウルトラマンについては、皆さんのコメント以上に気づいたことはありませんが、そういうことを考えるうちにむしろウルトラレディの設定の方が心配になってきました。
問題は鼻の穴です。まさか、宇宙を飛行するときは鼻をつまんで行ったりするのですか!!?

>aosa様

ご感想有難う御座います

>正義のヒロインだというのに、一方的に痛めつけられて苦しむ以外に何もしていない、というのがすごいです。

えー、当ブログはヒロピンCGの作成を目的としておりますので、基本的にいつもこんな感じです(笑)。

鼻をつまんで宇宙を移動するウルトラレディ! これは笑ってしまいました。
まぁ、口と鼻の穴がある以上、そうするしかなさそうですね。しかし、確かウルトラマンの第一話に登場する「青い玉」(ハヤタ隊員のビートルと衝突したアレ)は、「ウルトラマンの宇宙船である」という解説がどこかにあったような気がします。ひょっとすると、ウルトラマンも宇宙空間の移動に乗り物を使うことがあるのかもしれません。

ウルトラレディは宇宙空間の移動に向いてなさそうな身体(笑)なので、宇宙空間の移動には類似のものを使うのかもしれません。

No title

脳にエネルギーを送る経路があって、首を絞めるとその経路が閉じられてしまうからでは?

毒ガスは神経を麻痺させたり、皮膚や神経を冒す苦痛を与えるから、苦しむのでは・

>CANDY様

ご感想有難う御座います。

首絞めに関するご考察では、法皇の緑様からもコメントで同様のご指摘を頂きました。どうもこれ以外に考えられそうな原因がありませんね。ドコだろうと力を込めて抑えられれば当然痛い、というご指摘も頂きましたが (^_^;)

毒ガスについてですが、どうなんでしょう?
呼吸の有無の他に疑問なのは、選択毒性の問題なのです。

ある毒物が他の生物に対しては殆ど無毒である、というのを選択毒性といって、こういう選択性は多々あるらしいのです(人間はネギを食べても平気だけど、猫や犬は少量でも死に至ることがある、とか)。

怪獣は様々な起源から発生したはずなので(宇宙怪獣とかいるし)、当然毒物の種類も多種に渡るはずなのに、ウルトラマンはこれらの毒にことごとく中毒します。選択性のない毒物というものがあって、起源の異なるはずの怪獣全てがこれを体内に持っているのか、それともウルトラマンがものすごい虚弱体質なのか……どっちもなんだか怖い結論なんですが……
検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

NANASI

Author:NANASI
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR