FC2ブログ

ウルトラ警備隊西へ



地球侵略を目論むペダン星人が送り込んできた巨大ロボット・キングジョー。防衛隊によって街の郊外へと誘導されたキングジョーに変身して戦いを挑むウルトラレディであったが、その装甲とパワーに圧倒されてしまう。

VsKingJoeNew(1).jpg

キングジョーは地面に倒れたウルトラレディを引き摺り上げると、金属製の両腕を彼女の体に回し強烈に締め上げた。ウルトラレディは苦しそうに呻くが、ロボットの圧倒的なパワーの前には為す術がなかった。どこからかペダン星人の勝ち誇った声が響く。
『ふはは! キングジョーよ、そのままウルトラレディを押し潰してしまえ!』

VsKingJoeNew(2).jpg

キングジョーは正に機械の精確さで力を加え続け、ウルトラレディを締め上げ続けた。キングジョーの鋼鉄の腕の中で、ウルトラレディの背中が折れそうなほど弓なりに反り返る。しかし、次の瞬間、キングジョーは腕を放すと背後へずるずると引き摺られていった。光の中から現れた二人目のウルトラレディがキングジョーの胴体に両腕を回し、背後へと引き摺っているのだった。

VsKingJoeNew(3).jpg

『二人目のウルトラレディだと!? 馬鹿め、お前もまとめて片づけてくれる! キングジョー、そいつを叩き潰すのだ!』
 再びどこからともなくペダン星人の声が響く。キングジョーは背後から組み付いているウルトラレディの腕を振り払うと、両腕を広げ二人目の巨人に地響きを立てながら近づいてゆく。彼女の前に破壊ロボットがのしかかるように迫る。

続きを読む

スポンサーサイト
[PR]

習作:HDRIライトの利用

1枚目:HDRIを使用


2枚目:いつもの設定
HDIR_Skin_Test(0).jpg

このところマンネリ状態が続いておりますので、これを克服するべくDazstudioの設定などを見直して新しい表現方法を模索しております……要するに、一番最初に勉強しておかなければならないところを、今になって勉強しているわけですが (・_・;)

今回は以前ちょっと挑戦してみたHDRIを利用したレンダリングに再挑戦中。以前挑戦した際は、背景の画像とフィギュアがうまく馴染まず失敗いたしました。そこで今回は背景を表示せずにレンダリングし、背景(今回の画像で言えば空の部分)を後からPhotoshopで合成するという方法を試してみました。

で、結果が一枚目の画像です。普段使用しているレンダリング用の設定ですと、肌の質感が綺麗に表現できず、周囲のビルのせいで影が多く生じてしまうのですが、HDRIを利用すると肌の質感がはっきりし、(これは理由が分かりませんが)ビルの影が生じません。お、これはうまい方法を発見したかもしれません……

続きを読む

初代ウルトラレディ



先日、初代ウルトラマンの外見を再現できるボディスーツ(男性キャラ用)のデータを購入したので、躊躇うことなく女性キャラに着せてみました (゚∀゚)。

このスーツ、初代ウルトラマンの体型をなかなか忠実に再現しており、個人的にはこれを着せることで背中の背鰭(?)を表現できる点に特に興味を感じております(上の画像では見えませんが)。背鰭(?)はテクスチャの操作などでは表現できないため斬新に感じられるのです、

ただし、Genesis8フィギュア用の衣装は男性用の物を女性に着せようとすると、ある程度補正をして装着してくれるのですが、体型の違いのためにあちこち破綻が生じることは避けられません。当然と言うべきか、胸と股間の辺りが少し破綻してしまっています。

……とは言え、知性を品性を重んじる当ブログをご覧の方々におかれては、「女性の胸や股間などどうでも良いわ (゚Д゚)y-~~ 」とお考えのことでしょう。となれば、フム、これは新しいウルトラレディとして使えるかもしれません。地球に初めてやってきた「初代ウルトラレディ」というわけですな。

続きを読む

シン・アントラー



最近はこれといったアイデアが思い浮かばずにおります。

その原因は何なのか? それを徹底的に突き詰めた所、それは適当な怪獣フィギュアが見つからないからで、私には全く何の責任もない、という極めて論理的な結論に至りました (; ゚皿゚)q

この問題を解決するべく、なんとか手持ちのアイテムを組み合わせて新しい怪獣フィギュアを創造出来ないかと試み、一体の怪獣フィギュアを作ってみました。名付けて「シン・アントラー」であります。なんという斬新なネーミング (・∀・)!

……まぁ、人型のフィギュアにアントラーさんの頭部を乗っけただけなのですが、意外にそれっぽい気が致します。それにほら、胴体が人間型をしておりますと、色々と便利だと思うのですよ。色々と (・∀・)ヒッヒッ

続きを読む

研究用メモ:HDRIの怪



NO1:公園的な場所にたたずむヒロイン的な人
 背景が少しぼけているような? なんだかフィギュアの質感と背景のぼけ具合がずれていて違和感がある。
 とは言え、これはHDRI画像の内容によるので、どうしようもないのかな?


男もすなるHDRIといふものを私もしてみむとてするなり。

と言うことで(?)、今回の記事の内容は、巨大ヒロイン関係ではなく私の個人的な記録用メモであります。DazstudioにはHDRIなる画像を利用して背景やライティングを処理する機能があり、とても便利そうなのですが……いざ、使ってみると訳の分からない問題が続出してしまいました (つД`)。

何とかこの機能を極めたいと思っておりますので、今回いじってみた感想や疑問点をメモとして残しておきます。いずれ問題点を克服して、なんと画を作ってみたいと思っているのですが……

続きを読む

新型ウルトラレディの実験



今回は新しいウルトラレディの模索中に試してみたものをアップロードしてみました。

続きを読む

格闘



人間標本を集めようと懲りずに姿を現したダダ。巨大化したダダを止めるべく、ウルトラレディは巨大化して立ち向かう……

続きを読む

敗北者の末路



 怪獣が出現したポイントへと向かう防衛隊のヘリコプター。眼下に巨大な怪獣の姿を捉え、隊員たちの驚きの声が上がった。怪獣はウルトラレディの巨体を両腕についた鋏で抑え付けていたが、ヘリコプターの音に気づいたのか、頭を持ち上げて威嚇するような声を上げている。

Cherek(10).jpg

「そ、そんな、ウルトラレディが……!」
「なんてこった……」
 近づくことではっきりと見えるようになった地上の光景に、隊員たちは揃ってうめき声を漏らす。怪獣の鋏に捕らわれたウルトラレディの銀色の体は白い泡に覆われ、怪獣に胴体を捕まれたまま、ぐったりとして動く気配がない。怪獣のもう一方の鋏がエリアスの右の乳房を挟み込み、きつく締め付けて捻っている。その様は屍肉を解体して食べようとする蟹のようだった。だが力尽きた銀の巨人は体を弄ばれるまま、怪獣が力を込める度に巨体がぐらぐらと動くばかりだ。防衛隊は遅すぎたのだった……

続きを読む

悪夢の眼球



 郊外で発見された巨大な眼。防衛隊のミサイル攻撃によって消滅したかに見えたその巨大な眼は、人間に似た体を得て再び姿を現した。町を破壊しながら進む怪獣の前に、ウルトラレディの巨体が立ちふさがる。銀色の戦士はパワーと素早い立ち回りで目玉怪獣を圧倒していった。

続きを読む

怪獣ゴキザウルス



『いやぁ~、触りたくないぃぃ』
 地球征服を目論む異星人がウルトラレディを倒すべく生み出した怪獣ゴキザウルス。手足が細い為、大したパワーは出せない。しかし、ゴキブリをベースに作られている為、ウルトラレディは触りたくもないのだった。

続きを読む

検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

NANASI

Author:NANASI
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR